« 2009.8.7 更新情報 | トップページ | 2009.8.9 更新情報 »

2009年8月 9日 (日)

D-2 1st FINAL 「Lost Bullet」vs「Fatal Lips」

AGC2009 DivisioN-2 1st FINAL 2009.7.17 (FRI)

              「Lost Bullet」vs「Fatal Lips」

ここまで約3ヶ月間に渡り名のある強豪を打ち破り幾多の試練を乗り越え、遂に
DivisioN-2 1st STAGE最終にして最高の舞台となるトーナメントFINALで2チームが
王者の座を巡り激戦を繰り広げます。注目の対戦カードは見事予選リーグトップでの
通過を成し遂げたx Hiki x選手率いる「Lost Bullet」!対するは、同戦績となるものの
不運にも不戦勝等により実力を出し切れず、予選2位通過となった「Fatal Lips」!
予選リーグ第8回戦における両チームの対戦データを見ると、130 vs 108という僅差
での好バトルを繰り広げ、スレイヤーラウンドを続けて制したFatal Lipsが最後まで
リードを守りきり勝利となっています。ただ、ボールで争われたオブジェクトラウンドは
大差でLost Bulletが勝利している事から、この流れがFINALで再現されればリザーブ
ポイントを持つLost Bulletが優位に立つことが予想されます。逆に、オブジェクトの
CTFラウンドを制する事ができれば、スレイヤー能力で上回るFatal Lipsが最後まで
反撃を許さないままに勝利を奪う可能性もあるでしょう。連携の「Lost Bullet」か?
個人スキルの「Fatal Lips」か!?D-1 FINALのような大接戦が期待されます!

ラウンド1 AGC2009 D-2TS THE PIT  

遂に最終決戦開始!スタートと同時にパワーウェポン獲得へ分散する両チーム。
まずスナイパー獲得に成功したFLのSKELT 8 BAMBINO選手が相手スナイパーを
倒し、援護体制を確保!一方、ランチャー争奪戦は、激しいニードラーとグレネードの
応酬を潜り抜けて見事獲得に成功したのはFLのOo TERVUREN oO選手。完全に
パワーウェポンを抑えたFLが一気にリードを奪う形となった序盤戦。対するLBは得意
の連携戦へ持っていきたいところだが、相手スナイパーにことごとくポジショニングを
崩され、完全にFLが流れを支配してラウンドオーバー。カウントは50 vs 35。MVPを
獲得したのは、大会至上初となる19Kill、0Deathsで見事Perfection!を獲得した、FLのSKELT 8 BAMBINO選手!!

WIN    「Fatal Lips」          50
LOSE  「Lost Bullet」          35 

D2lbfl_r1
MVP  SKELT 8 BAMBINO (Fatal Lips)



ラウンド2 AGC2009 D-2CTF THE PIT


続くRd2はLBが得意とする連携戦のCTF。開始早々Rd1と同じ戦術でスタートとなった
両チーム。まずスナイパー戦を制したのはLBのP chan46選手。レッドオーブに身を
包み、サイドから徐々に相手陣地へ攻め込むスタイルをとったLB側に対し、完全に
パワーウェポンを抑えられRd1と対照的となったFL側は、序盤の流れをLBに奪われ、
開始2分でフラッグの獲得を許す形となった。しかしその2分後、徐々に流れに乗り
かけたLBの隙を付いてフラッグを持ち出す事に成功したFLのOo TERVUREN oO選手
からSKELT 8 BAMBINO選手の速攻が決まり、スコアをイーブンへ。両チームのBR
合戦が続く中、再度FL陣地の包囲に成功したLBサイドは2DOWNを見計らい、
x Hiki x選手が一気にフラッグを奪取。FLのSKELT 8 BAMBINO選手のスナイパーに
阻まれフラッグを手放すものの、駆けつけたFL P chan46選手のダブルキルでALL
ダウンに成功。そのまま一気にフラッグ獲得に成功し、スコアは2-1となった。
一方FL側は開始8分、ショットガンを手にサイドから攻め入ったXx Borzoi xX選手が
手薄になった相手陣地からフラッグを奪う事に成功。LBのP chan46選手にダウンを
奪われるが、フラッグ付近で援護に回っていたFLのoO TERVUREN oO選手が駆け
つけ、2DOWNを奪う事に成功、一瞬の隙から出来たチャンスを確実に成果に繋げてスコアはまたもやイーブンとなる2-2となった。ラストフラッグ獲得へ最初に動いたのはLB。
Nt Blue選手とX2D Axisyyy(kiwiband)選手の援護からできた隙を突き、P chan46選手
とx Hiki x選手がツーマンセルで相手陣地のフラッグキープに成功!が、ルート上に
待ち構えていたのはソードを持ったoO TERVUREN oO選手。ダブルキルを奪われ、
形勢は一気に逆転となる。手薄となったLB陣地へいち早く駆けつけたのはFLの
PLasma angeL Z選手。中盤までフラッグを運び出すも、LBサイドの総攻撃に阻まれ
奪還寸前!そこへFLのSKELT 8 BAMBINO選手がこの試合の決め手となるダブル
キルを納め、一気にフラッグを持ち帰る事に成功。スコアは3-2でFLの勝利となった。
ラストフラッグを決め、チームを勝利へ導いたFLのSKELT 8 BAMBINO選手が、Rd1
に続き連続でのMVP獲得となりました。

WIN    「Fatal Lips」          3
LOSE    「Lost Bullet」          2
 
D2lbfl_r2
MVP  SKELT 8 BAMBINO (Fatal Lips)



ラウンド3 AGC2009 D-2TS FOUNDRY


ここまでのラウンドカウントはリザーブポイントを含め、2-1。FLが一歩リードで迎えた
3rd Round。スタートと同時にパワーウェポンへ向かう両チーム。まずランチャー獲得
に成功したのはFLのoO TERVUREN oO選手。相手チームに囲まれながらも、冷静に
ダブルキルを奪うことに成功する。しかしチームは状況は徐々に苦戦する事となる。
LBのX2D Axisyyy(kiwiband)選手とNt Blue選手の連携が決まり始め、開始2分の
時点でスコアは17vs11。LBが6Kill差をつけ奮闘を見せる。対するFL側は、再度
ランチャーを手にしたoO TERVUREN oO選手のトリプルキルを起点に、支配権を奪い
返すと、スコアも逆転へ!しかし、このラウンドで勢いのあるLBサイドはFLの反撃を
許すはずもなく、確実な連携で1Kill、また1Killと徐々に差を詰め寄ると、またしても
逆転に成功。1Killの重圧をグレネードに託し所狭しと投げ込む両チーム。激しく入れ
替わるリード!48:48 → 49:48 → 49:49 と、一瞬の判断が勝負を決める展開。
張り詰めた緊張感を解き放ったのはLBのX2D Axisyyy(kiwiband)選手。シールドを
剥がされながらも冷静に相手の着地地点に配置したプラズマグレネードが終焉の
花火となり激しい接戦に終止符を打った。MVPはパワーウェポンの獲得と安定した
エイムで20Killを叩き出したFatal LipsのoO TERVUREN oO選手。しかしチームは痛い
1敗となってしまった!

WIN    「Lost Bullet」          50
LOSE  「Fatal Lips」     49    

D2lbfl_r3
MVP  Oo TERVUREN oO (Fatal Lips)



ラウンド4 AGC2009 D-2CTF FOUNDRY  


Rd3をFLが勝利した事により、リザーブポイントを含め2-2のイーブンで迎えたRd4。
スタートと共にグレネードの応酬から始まった。まるで前Rdを彷彿とさせるような
激しい攻防戦が続き、フラッグに触れぬまま一体何分が経過しただろうか?試合が
動いたのは開始から4分が経過した頃。ALLダウンを奪ったLBが一斉に相手陣地に
雪崩れ込み、遂にフラッグの奪取に成功!そのまま一気に自軍へ持ち帰り、リードを
奪った。対するFLはSKELT 8 BAMBINO選手の連続スナイパーKillを皮切りに3ダウン
を奪うと、手薄になった相手陣地からフラッグを持ち出す事に成功。ランチャーで
リスKillを決めたSKELT 8 BAMBINO選手が自らフラッグを運び、そのまま無傷で獲得。
スコアは1-1のイーブンとなった。徐々に加速を見せるフラッグ争奪戦、続いて獲得した
のはFLの一瞬の隙を付いたLBのNt Blue選手。自軍付近までフラッグを持ち出す事に
成功し、最後はLBのX2D Axisyyy(kiwiband)選手がきっちりと決めた。これでスコアは
2-1。LBがリードを奪う。1分後、先に3ダウンを奪ったLBがフラッグを持ち出す事に
成功すると、リレー方式でx Hiki x選手へフラッグを託し自軍へ一直線。そのまま獲得
成功となり3-1でラウンドオーバー。スレイヤーと見間違える程の激しい攻防戦を制した
のはLB!MVPはDivisioN-1プレイヤーの如き凄まじいスナイプでダブルキルを5回も
獲得したFLのSKELT 8 BAMBINO選手!

WIN    「Lost Bullet」          3
LOSE  「Fatal Lips」          1 

D2lbfl_r4
MVP  SKELT 8 BAMBINO  (Fatal Lips)



ラウンド5 AGC2009 D-2TS JAGA MIDNOTE  


ここまでのラウンドカウントはリザーブポイントを含め3-2。LBリーチとなった運命の
Rd5は、DivisioN-1公式試合で採用されているオジリナルマップ「JAGA MIDNOTE」での
チームスレイヤー。開始とともに両陣営の激しいBR合戦が展開されたが、その中で
好スタートを切ったのはFL。この日絶好調なSKELT 8 BAMBINO選手の活躍により、
開始1分で13 vs 5とリードを奪った。対するLBは、Nt Blue選手が奮闘するもリスポーン
が重なり、いつもの連携が機能できない状況。一方FLはこのラウンドを制し、最終
ラウンドへ持ち込みたい気持ちがチーム一丸となり、完璧とも言える連携でLBの
エースx Hiki x選手を完全に封じ込め、30 vs 16にまでその差を広げる事に成功。
Xx Borzoi xX選手の活躍で波に乗り切ったFLは、そのまま差を縮める事を許さず、
50 vs 32となる圧勝でラウンドオーバーを迎えた。このラウンドで最も活躍したのは、
20Kill、K/D差プラス12を収めたSKELT 8 BAMBINO選手。これでFINAL3度目の
MVP獲得!

WIN    「Fatal Lips」          50
LOSE  「Lost Bullet」          32 

D2lbfl_r5
MVP  SKELT 8 BAMBINO  (Fatal Lips)



ラウンド6 AGC2009 D-1CTF JAGA Enclosure  

ここまで両チーム互角の戦いを見せ、王手を賭けて迎えた最終決戦。このラウンドを
制した者こそがDivisioN-2 1st STAGEの王者となる。開始早々BRへ持ち替え、
両陣営一斉射撃。牽制と呼ぶにはあまりにも激しい銃撃戦の中、フラッグへの道を
模索する両チーム。リレー方式で徐々に自軍へキャリングするFLに対し、一気に
フラッグを持ち出すLB。対照的となった戦術は、まるでチームの特徴を垣間見ている
かのようだ。ほぼ同タイミングで互いにフラッグを獲得し、好勝負を見せる決勝戦。
フラッグを獲得したFLは、その10秒後にまたもフラッグを持ち出す事に成功。
x Hiki x選手 → P chan46選手とFLの得意とする連携で確実に繋ぎ、スコアを2-1と
した。残り1本となったLBがこのままFINALを制するのか!?またはFLが獲得し、
スコアをイーブンとするのか!?その命運を握ったのはLBのP chan46選手。3ダウン
からのフラッグ獲得というセオリーを無視しての強行突破を試みる。意表を突かれ、
対処が一瞬遅れたFLは必死に防戦に回るも、LBの総攻撃に阻まる形に!これは
P chan46選手の判断勝ち!遂にLBが優勝を決めるウイニングフラッグ獲得!
チームLost Bulletが、AGC初のDivisioN-2王者へと輝いた!MVPはフラッグを2本
獲得したLBのNt Blue選手!

WIN    「Lost Bullet」          3
LOSE  「Fatal Lips」          1      

D2lbfl_r6
MVP  Nt Blue  (Lost Bullet)




AGC2009 D-2 1st FINAL 最終結果 

2009D-2 1st WINNER 「Lost Bullet」          5
             2nd             「Fatal Lips」          4



            
             Over lord Voice !!

Lost Bullet
x Hiki x選手
「ここまでこれたのは、チームみんなのおかげなので、みんなに感謝したいと
  思います
。」

InFeRNo Oo TERVUREN oO選手
「ここまでみんなで頑張ってこれたんですけど、最後にリーダーがいれなかった
  のが残念ですね!」

AGC official yuura76usc
「Lost Bulletの選手の皆様、1st STAGE DivisioN-2クラス優勝おめでとう
  ございます。そして惜しくも準優勝となったFatal Lipsの選手の皆様、お疲れ様
  でした。明日よりOVER DivisioNを迎える訳ですが、今日までの両者の強さを
  見る限りDivisioN超えを果たす実力を十分に備えていると感じました。1st
  STAGE最高の盛り上がりを見せるOVER DivisioNで、DivisioN-2トップの強さ
  を存分に見せ付けて欲しいと思います。
今季初の試みでDivisioN制度を導入
  しましたが、予想以上の実力者勢が揃い本当にハイレベルな試合を繰り広げて
  くれました。両チームこのFINALまで様々な試練に立ち向かい、勝ち上がる事
  が出来たのは紛れも無く本気で試合に挑んだ結果だったと思います。我々
  運営陣もそれに応えるべく、2nd STAGEで更に盛り上がる大会へグレードUP
  していきたいと思っておりますので是非期待していて下さい。

以上の結果で終了しております。両チームの皆様お疲れ様でした。 

JAGL Round④ AGC official yuura76usc 2009.8.09 PM 21:24 

|

« 2009.8.7 更新情報 | トップページ | 2009.8.9 更新情報 »