« 2009.8.1 更新情報 | トップページ | 2009.8.2 更新情報 »

2009年8月 2日 (日)

D-1 1st FINAL 「Next DimensioN」vs「Trash BOX」

AGC2009 DivisioN-1 1st FINAL 2009.7.12 (SUN)

        「Next DimensioN」vs「Trash BOX」

オフシーズン中から囁かれていたNext DimensioN最強説。もう数年前から誰もがその
強さを耳にしつつも無冠のままだったリーダーaKa BarK選手。欲しいものは噂では
無い。それぞれが本当に求めていたものは、自らの存在を証明し、その名を日本Halo
界のみならず、日本e-sports界に響かせる事。確かな足跡を王者の称号と共に刻む
べく、常勝チームNext DimensioNがそのプライドかけて最終決戦の場に降り立つ。
対するは今シーズン3強の一角と謳われながらも、掴みどころの無いスタイルで勝ち
負けを繰り返してきたTrash BOX。その不安定さ故に、S-FINALでは勢いに勝る
Reg1oNsに敗北するのでは?と予想する声も多かったが、終わってみればストレート
での圧勝という結果。その実力は間違い無く本物だが、Next DimensioNにとっては、
その捉えどころが無い強さこそが最も怖い部分ではないだろうか?予選リーグでは
勝利しているNext DimensioNだが、前日のS-FINALを見る限り両者の力はもはや
五分。どちらが勝利するのかは全くわからない。ただ一つだけ確かな事は、この試合
が間違いなく日本Haloチームの頂点を争うものになるという事だ。

ラウンド1 AGC2009 D-1TS AGC THE PIT 5.1  

遂に始まったDivisioN-1 FINAL。幕開けの舞台はAGC THE PITでのスレイヤーバトル。
序盤の圧巻はTrash BOXエースhirayamaX0選手!前日のS-FINALでの活躍を更に
上回るキレを見せ、チームに大量リードを築き上げる。開始2分のスコアはTB 14 対
ND 5と、約10カウントの差をつけた。中盤に入ってもこの点差は縮まらず、以前
リードを奪うTrash BOXだったが、単独での行動が多くなってきた隙を上手く突いた
Next DimensioNが、わずか1分の間に2カウント差まで詰め寄る。突破口を見出した
NDはその後も反撃を続け、僅差を争う接戦に持ち込んだがTBは最後まで逆転を
許さなかった。MVPはhirayamaX0選手!この日本トップを争う面子の中でも頭一つ
抜き出たスコアを見せた!

WIN    「Trash BOX」          50
LOSE  「Next DimensioN」          47 

20090713_d1_final_nd_vs_tb_r1_2
MVP  hirayamaX0 (Trash BOX)



ラウンド2 AGC2009 D-1CTF AGC PIT 5.1 CTF


Rd2はトーナメントFINALの固定オブジェクトとなるCTF。そしてこのラウンドこそが
今試合を象徴する一戦となる。開始と共にセオリー通りの散開を見せる両チーム。
そこからフラッグ獲得へのきっかけを築くべく相手のダウンを奪いあうが、TB、ND共に
なかなか決定的なチャンスには至らない。試合が動いたのは開始から4分。一瞬の
隙を突いたND MarK 7選手がフラッグを奪い、マップ中央に待機していたaKa BarK
選手に繋げると、一気に自陣まで持ち込む事に成功。しかし、チームメイトがマップ
逆方向に展開していた事と強引さが仇となり、あと一歩というところで逆にTBにフラッグ
を持ち帰られてしまう。開始6分過ぎに更にフラッグを獲得したTBは勝利まであと
1カウントにまで迫るが、追い込まれたNDはディフェンスを固めてTBに攻め入る隙を
与えない。ここからファイナリスト同士による日本トップレベルの攻防が続き、AGC史上
初となるDRAWでラウンドオーバー。最後まであきらめずカウント差をイーブンに
持ち込んだNDの勝利に対する執念が呼んだ同点劇!MVPはaKa BarK選手。

DRAW    「Trash BOX」          2
DRAW    「Next DimensioN」          2
 
20090713_d1_final_nd_vs_tb_r2_2
MVP  aKa BarK (Next DimensioN)



ラウンド3 AGC2009 D-1TS JAGA Narrows1.1


Rd3はJAGA Narrows1.1でのスレイヤー。中距離戦がメインとなるこのステージは、
BRテクニックを競い合うような両チームの接戦となった。3カウント前後を争う展開
ながらも中盤まで常にリードを奪っていたNDだったが、25カウントを過ぎたあたりから
失速。逆に勢いを増したのは、このラウンドからxLASTx選手に代わって出場となった
hirayamaX0選手の相棒popo2選手。終盤になり再度流れを取り戻したNDが1カウント
を争う接戦に持ち込んだが、TBの隠れエースNot Eku選手がMVPを獲得する仕事ぶり
を見せてチームを勝利に導いた!

WIN    「Trash BOX」          50
LOSE  「Next DimensioN」     45    

20090713_d1_final_nd_vs_tb_r3_2
MVP  Not Eku (Trash BOX)



ラウンド4 AGC2009 D-1CTF JAGA Narrows1.1  


Rd4は昨年度S-FINALでSpeedy StyleとFINAL BOUTの明暗を分けたNarrowsでの
CTF戦。かつて敵同士だったaKa Bark選手とhalomom選手が強力なチームメイトと
なって、今、このステージに再び降り立った。そんな思いが頭をよぎるのは、開始と
同時にNDが見せた、かつてのSpeedy Styleを彷彿とさせるカミカゼのような速攻の
せいではないだろうか。開始からわずか30秒でTBのフラッグに迫ったhalomom選手!
並みのチームであればここで既に1カウントを許してしまっていたはずだ。しかしこの日
のTBは連携も然ることながら個人技においてもNDに勝るとも劣らないプレイを魅せる。
Rd2では勝負がつかなかったCTF戦だが、このラウンドは互いに積極的に攻めあう
展開で、試合開始から10分が経過しようとする頃からカウントは激しく動きだした。
勢いに勝ったのはNext DimensioN。カウント3-1で勝利し、この日初のラウンド
カウントを奪った。試合開始からTBに傾きつつあった流れをここから取り戻せるか!?

WIN    「Next DimensioN」          3
LOSE  「Trash BOX」          1 

20090713_d1_final_nd_vs_tb_r4
MVP  aKa BarK  (Next DimensioN)



ラウンド5 AGC2009 D-1TS JAGA Cstruct1.1  


チームの組み合わせによって展開が全く異なるのがこのJAGA Cstruct。昨年度は
ダブルハンドを駆使した近距離戦がメインとなっていたが、今年から採用されたサブ
BRによってシーズン序盤は中距離でのバトルが多く見られるようになった。今では
SMG、BRを巧みに使い分けるスタイルがトップ選手の主流となっている。このRd5も
両チームともに遠、中、近距離によって瞬時にスタイルを変える選手達。一瞬の反応
や状況判断が勝利に直結する展開となった。両チームのスコアは中盤まで大接戦と
なっていたが、後半へ入るとTBのエースhirayamaX0選手が繰り返しダウンを
奪われる形となり失速。相手チームのエースを封じ込めたNDがその隙に一気に
リードを築き上げた。MVPはaKa BarK選手!これでラウンドカウントはリザーブ含め
ND 3 vs TB 2。いよいよNext DimensioNが反撃に出た!

WIN    「Next DimensioN」          50
LOSE  「Trash BOX」          39 

20090713_d1_final_nd_vs_tb_r5
MVP  aKa BarK  (Next DimensioN)



ラウンド6 AGC2009 D-1CTF JAGA Enclosure  

Rd6はS-FINALでは4ラウンドで決着が付いた為、これが初登場となるマップJAGA
Enclosure。AGC公式マップ職人LaLaLa RascaLLL氏制作によるHalo2のSanctuary
を彷彿とさせるステージだ。初の舞台にも関わらず、立ち上がりから全く戸惑いを
見せない両チームの動き。先行したのはTrash BOX!Next DimensioNから3ダウンを
奪ったところでTHE Nepenthes X選手がフラッグを奪取し、一人で自陣まで持ち帰る
事に成功した。これに対しNDは開始3分の時点で同点に追いつくが、更にその1分後
にTBがフラッグを持ち帰る事に成功。自陣にフラッグが無かったが、メンバーが奪還
するまでの間をNot Eku選手が上手く持ちこたえた。後がないNDは防戦に追われつつ
も何度かチャンスを作り出すが、あと一歩というところで自陣までは届かず。最後は
hirayamaX0選手がフラッグを獲得しラウンドオーバー。これでラウンドカウントは
ND 3 vs TB 3!両者全く譲らぬ好試合となった。

WIN    「Trash BOX」          3
LOSE  「Next DimensioN」          1      

20090713_d1_final_nd_vs_tb_r6
MVP  aKa BarK  (Next DimensioN)



ラウンド7 AGC2009 D-1TS AGC Guardian06  


Rd7はAGC Guardian06でのスレイヤー。この時点で既に試合開始から1時間半以上
が経過。両チームの選手にも疲れが見え始めるが集中力は未だ健在!積極的に
動き回る近距離戦を展開した。ここまで接戦を繰り広げてきた両チームだったが、
このラウンドはNDが一気に流れを引き寄せた。勝因となったのはマップオブジェクト
の使い方と立ち回り。多数vs1の状況をうまく作り出した事や、ワープを利用した
裏の取る立ち回りが上手く、TBの選手にとっては常に奇襲をかけられているように
感じたのではないだろうか?まさかのダブルスコアでNDが勝利し、ラウンドカウントは
ND 4 vs TB 3!遂にNDが初王座へあと1勝と迫った。MVPはNDのhalomom選手!

WIN    「Next DimensioN」          50
LOSE  「Trash BOX」          25 

20090713_d1_final_nd_vs_tb_r7
MVP  halomom  (Next DimensioN)



ラウンド8 AGC2009 D-1CTF JAGA MID NOTE  


ND王手で迎えた8ラウンド目!当初の予定では少なくともこのラウンドで決着が付く
はずだったが、Rd3の同点劇で試合は長期化の様相を呈し、遂に両者互角のまま
このラウンドを迎えた。ここで更にTrash BOXが勝利すれば、試合は史上初の延長戦
へともつれ込む事となる。ステージはFINALを象徴するJAGA MIDNOTEでのCTF。
どの選手もBR技術に優れる上、オープンスペースの多いこのステージでは、フラッグ
に迫るのは至難の業。タイミングとチーム力が勝敗の決め手となるが、ここでも両
チームは全く互角の戦いを繰り広げる。開始から4分を過ぎたところで両チームの
カウントは2vs2!そこから更に4分間もの膠着状態が続いたが、TBはNot Eku選手
がフラッグに迫ったところで上手く連携を決めてNDから3ダウンを奪い、チャンスを
作り出した。このフラッグをTHE Nepenthes X選手 → hiyaramaX0選手と確実に
繋いで勝負を決めたTrash BOXが見事勝利!最後の最後にまたしてもラウンド
カウントをイーブンに引き戻した!勝負は史上初の延長9ラウンド目へ突入。
2009 1st STAGED-1 FINALはこれ以上無い熱戦となった!MVPは終盤にきて調子
を上げてきたhalomom選手。これで2ラウンド連続!勝利を呼び込む鍵となるか!?

WIN    「Trash BOX」          3
LOSE  「Next DimensioN」          2 

20090713_d1_final_nd_vs_tb_r8
MVP  halomom  (Next DimensioN)



EXラウンド9 AGC2009 D-1TS AGC THE PIT 5.1  

Next DimensioNとTrash BOX。両チームの実力が日本の頂点を形成している事を
認める者は多い。が、ここまで両者の実力が伯仲している事を、そしてこのFINALが
9ラウンドもの大接戦になる事を誰が予想しただろうか?両チームの最終決着の場
として用意されたのはAGC THE PIT 5.1を舞台としたスレイヤー。全マップの中でも
選手たちが最も知り尽くすステージであるTHE PIT。Rd1と同様の設定であり、互いの
実力を出しきる決戦の場にはふさわしいといえよう。TBにとってはRd1の再現を、
そしてNDにとってはRd1でのリベンジを達成する事が互いの優勝へと繋がる。

開始直後こそパワーウェポン獲得の為に激しい動きが見られたが、それが一段落を
迎える頃には既に膠着状態へと入った両チーム。THE PITというマップ、そしてここ
までの長い戦いに決着が付くという背景から、両チームに独特の緊張感が見られる。
互いに1カウントの重みを感じた動きともいえよう。立ち上がりのスコアはND 8カウント
に対してTB 5カウント。わずかなカウント差ながら攻めなければならない立場となった
TBはエースhirayamaX0選手を起点に攻め入ると、見事カウントをイーブンに引き戻す
事に成功。これがきっかけとなり、ここからはこれまでのラウンドの集大成であるかの
ような1カウントを争う接戦が繰り広げられた。激しくリードを奪い合う両チーム。既に
試合開始から2時間が過ぎようとしているにも関わらず、選手達の集中力は衰えを
見せるどころかより研ぎ澄まされた印象を受ける。これがDivisioN-1、そして自分達
こそが日本トッププレイヤーだと、そう主張しているかのようなハイレベルでの立ち回り
が続けられた。このままの接戦が最後まで続くかと思われたが、30カウントを過ぎる
あたりからパワーウェポンの獲得に次々と成功したNDが、その性能をフルに生かして
一気に10カウント近くリードを広げる事に成功。そしてこの勝負どころを逃すような
選手はNext DimensioNに存在しない。畳み掛けるように攻勢に入るND勢を相手に、
リスポーンを繰り返し、散り散りにされながらも個々の技術で最後まで応戦したTB
だったが、この勢いを止める事は出来なかった。それぞれのスキル、チームとしての
強さ、勝負所を掴み取るセンス、その全てを出し切ったNext DimensioNが、延長
9ラウンドにも及んだ大接戦を制して見事AGC初タイトルを獲得!これで名実ともに
王者となった!!そして敗れたとはいえTrash BOXの力がこれだけNext DimensioN
と肉薄していた事を一体誰が知っていただろう?もし予選リーグの順位が逆であれば、
8ラウンド目が終了していた時点でTrash BOXが王者となっていたのだから。3強と
称えられたその力は紛れも無い本物だった。Trash BOX、堂々の総合2位に決定!
そしてここまでの素晴らしい試合を見せてくれた両チームメンバー全員に拍手。
この試合が会場で、そして多くの観客の前で行われていたら、一体どれだけの人達
がその行く末に興奮していたのだろう?そう考えずにはいられない一戦となった!

WIN    「Next DimensioN」          50
LOSE  「Trash BOX」          38 

20090713_d1_final_nd_vs_tb_r9
 
MVP  halomom  (Next DimensioN)



AGC2009 D-1 1st FINAL 最終結果 

2009 1st WINNER 「Next DimensioN」          5
        2nd            「Trash BOX」                 4
 


            
             Over lord Voice !!

Next DimensioN  aKa BarK選手
「やっとタイトルを獲得する事ができました。本当に良かった!FINAL BOUTと
 して参戦した昨年は、緊張から散々な結果になってしまったトーナメントFINAL
 ですが・・やっぱり今年も緊張してしまいましたね(笑)自分はその辺の強さを
 もっと磨いて大舞台慣れしていきたいです。あと、いつも自分と一緒に練習を
 積んできたFomal haut15選手が本体の故障により不出場となるアクシデント
 があったのですが、彼の為にもこの試合は絶対に勝たなければいけないと
 思っていました。この勝利は今日のスターティングメンバーだけでなく、チーム
 Next DimensioN全員で勝ち取ったものだという事を忘れずに、国内だけで
 なく、
世界への挑戦を続けていきます!

Next DimensioN  halomom選手
「ありがとうございました。昨年から振り返ると、自分の所属していたSpeedy
  StyleとBarK選手率いるFINAL BOUTが合併した時点で、勝つ事が当たり前
 のような見方をされていましたし、自分としても負ける事が許されない状況を
 感じていたので、今はとりあえずホッとしているのが正直なところです。NDは
 WCG出場、そして優勝を目指して立ち上げられたチームなので、国内大会で
 あるAGCでは絶対に負けられないというプレッシャーがありましたから。優勝
 できたのはチーム全員のお陰であり、大きな目標に対するお互いの高い
 モチベーションがあったからこそだと思っています。」

Next DimensioN  HeaVen Scream選手
「あぁ・・・・疲れましたね。

Next DimensioN  ND MarK 7選手
「お疲れ様です。まぁ、なんていうかチームの役にたってるかわからなかったです
 けど、勝てた事はホントに嬉しいです。D-2とはやはりレベルが違うな!
という
 感じでした。これからBarKさんが鍛えてくれるらしいので・・頑張ります!!

Trash BOX hirayamaX0選手
「Trash BOXの頭文字TBにはもうひとつ、Taose BarK(倒せBarK)という
 意味があるので(笑)ここでBarK選手率いるNDを倒すのが目標でした。
 その目標達成まであと一歩のところだったのですが・・・・。最初の3ラウンド
 が良かっただけに悔しいですね。別に途中から入ってきたpopoさんのせい
 じゃないです。xLASTxさんだったら勝てたかもなんて思ってないです。」


Trash BOX Not Eku選手
「そうですね、自分がhirayamaさんの足引っ張ってしまいましたが、NDを相手に
 ここまでやれた事に自信が持てました。たぶんpopoさんがいなければ勝ってた
 かもしれない(笑)」

Trash BOX THE Nepenthes X選手
「お疲れ様でした。全然試合とか練習も出来なかったですが、チームとして決勝
 まで来れたという事が良かったです。ありがとうございました。」

Trash BOX popo2選手
「途中から入ってきたので何がなんだかわからない感じでしたが・・いや、
 言い訳じゃなく!ホントに!!」

AGC official eo555
「オフシーズンの間から敵無しと言われ続けたNext DimensioN。終わってみれば
その噂通りの結果となった訳ですが、彼等は決して才能だけで勝利を勝ち得た
訳ではなく、賞賛される言葉の数々を背負う代償として、メンバーそれぞれが
自らのプライベートの多くを練習に費やしてきたという背景があります。その積み
重ねを継続出来ているからこその勝利であると。才能という面でいえば、2位と
なったTrash BOXをはじめ、全てのDivisioN-1チーム、更にはDivisioN-2の選手
の多くが一般のプレイヤーを遥かに上回る力を持っていると自分は思います。
そんな才能ある選手達が腕を磨き、チームとして協力し合い、プライドをかけて
勝負に挑んだ。今季のAGCは本当にレベルの高い大会となったと感じていると
共に、AGCの枠を飛び越えた彼等の更なる舞台での活躍を願わんばかりです。
2ndについては当初の予定から大きな変更を加える事となった為、まだ詳細は
お伝えできる段階まできておりませんが、なるべく早い時期での発表ができる
よう運営陣一同活動していますので、よろしくお願い致します!DivisioN-1に
参加された7チームの皆さん、長期のリーグ戦本当にお疲れ様でした。そして
ありがとうございました。」

以上の結果で終了しております。両チームの皆様お疲れ様でした。 

JAGL Round④ AGC official eo555 2009.7.24 PM 20:21                     

|

« 2009.8.1 更新情報 | トップページ | 2009.8.2 更新情報 »