« D-2 1st S-FINAL B 「Fatal Lips」vs「InFeRNo」 | トップページ | 2009.7.27 更新情報 »

2009年7月26日 (日)

D-1 1st S-FINAL 「Lower Reg1oNs」vs「Trash Box」

AGC2009 DivisioN-1 1st S-FINAL 2009.7.11 (SAT)

        「Lower Reg1oNs」vs「Trash BOX」

AGC2009 DivisioN-1 S-FINAL。開幕から高いモチベーションを維持し続け、多くの
練習の積み重ねで急速且つ確実に力をつけ、予選リーグを2位で通過したチーム
Lower Reg1oNs。 対するは豊富な経験と実績を誇る選手等が名を列ね3強とも
称され予選リーグを3位で通過したTrash BOX。Reg1oNsにとってはリベンジマッチ
とも言えるこの試合、5.9予選リーグ第10試合の借りを返す事はできるのか? さあ、
FINALへの切符を勝ち取るのはどちらのチームだ!?この試合のレポートはjyon13
がお伝えします。

ラウンド1 AGC2009 D-1TS AGC THE PIT 5.1  

開始と同時に両チームともセオリー通りにスナイパー・ロケットランチャー・オーブ
の奪取に向かう。まずはタッチの差でオーブの奪取に成功したのはTrash BOXの
Not Eku選手。惜しくもオーブを逃してしまったReg1oNs VeX4tioN選手は、敵チーム
の集中砲火を浴びてしまい撃沈するも足止めに成功。そのおかげでReg1oNsは
ロケットランチャーを難なく獲得する。一方、スナイパーエリアではTrash BOXエース
hirayama XO選手と、Reg1oNs tMjAck Im PrAtc選手が一対一の攻防が繰り広げ
られ、僅かBRの弾丸一発分のシールドの差でhirayama XO選手に軍配が上がった。
序盤はこのような形で同点~2Pの差を争う拮抗した展開になったが、開始より2分を
過ぎた辺りからTrash BOXが徐々にリードを広げていき、終盤にかけてその勢いは
止まるどころかさらに増してそのままラウンドオーバー。50-35 15pもの差をつけて
Trash BOXがFINALへのチケットの欠片を手にした。MVPはキル・アシスト共に
すばらしい活躍を見せたTrash BOXのエースhirayama X0選手!

WIN    「Trash BOX」          50
LOSE  「Lower Reg1oNs」          35 

20090712_d1_sfinal_lr_vs_tb_r1
MVP  hirayamaX0  (Trash BOX)



ラウンド2 AGC2009 D-1CTF AGC PIT 5.1 CTF


続いて第2ラウンド。このままの勢いで勝ち続けたいTrash BOX、対するReg1oNsは
ここで勝利し悪い流れを変えたい所だったが・・・開始早々ビームライフル以外の
パワーウェポンをTrash BOXに押さえられてしまう。オーブを取ったTrash BOXの
オブジェクターNot Eku選手は、敵を排除しつつ一気に敵陣へ侵攻しフラッグの奪取
に成功、自陣へ向かう。Reg1oNsも追撃に向かうが敵の絶妙な援護の前に返り討ち
にあってしまい、開始僅か44秒でTrash BOXが先制点を収得する。その後しばらくは
膠着状態が続いたが、試合開始2分32秒でReg1oNsが敵フラッグの奪取に成功するも
獲得には至らず。それをきっかけに守りが手薄になったReg1oNsの隙をTrash BOX
は見逃さず、フラッグを奪取する事に成功。無事自陣までたどり着き、2分58秒に
2本目を奪った。この勢いに乗って一気にTrash BOXが畳み掛けるかと思われたが、
ここでReg1oNsが意地を見せ、約9分もの間激しい戦闘が繰り広げられる。が、CTF
での劣勢を覆す事は難しい。奮闘空しく12分8秒にTrash BOXの3本目が入りラウンド
オーバー。MVPはオブジェクターとしての役割を的確に全うしチームに大きく貢献した
Trash BOXのNot Eku選手。

WIN    「Trash BOX」          3
LOSE  「Lower Reg1oNs」          0
 
20090712_d1_sfinal_lr_vs_tb_r2
MVP  Not Eku (Trash BOX)



ラウンド3 AGC2009 D-1TS JAGA Narrows1.1


続く第3ラウンドのマップはNarrows。ここまでのラウンドカウントはTrash BOX 2に
対して、Reg1oNsは予選リーグで上位通過チームに与えられるリザーブポイントの1。Reg1oNsがここで勝利する事ができればTrash BOXの決勝ポイントへのリーチを阻止
できるとともにイーブンにできるため、ここでなんとしても踏み止まりたい所だろう。
試合開始直後、まずはお互いグレネードで牽制しつつ中央エリアへ移動、激しい
銃撃戦が展開する。Reg1oNsは序盤こそ2ポイントのリードを奪うもののすぐさま反撃に
遭い、逆転をゆるしてしまう。その後はReg1oNsがTrash BOXを追う形になり、追いつい
ては離される展開になったが1分38秒あたりから差が開き始め、中盤にかけても戦況
は変わらず4分44秒には同点に追いついたReg1oNsだったが、逆転には至らずにまた
離されてしまう。終盤においても戦況は変わることなく6分36秒 惜しくも50-47という
僅差でラウンドオーバー。MVPは1stラウンドに続きTrash BOX hirayama XO選手が
獲得。ここ数戦のhirayamaX0選手のキレがスゴイ!!

WIN    「Trash BOX」          50
LOSE  「Lower Reg1oNs」     47    

20090712_d1_sfinal_lr_vs_tb_r3
MVP  hirayamaX0 (Trash BOX)



ラウンド4 AGC2009 D-1CTF JAGA MID NOTE  


続く第4ラウンド。Trash BOXが勝てばストレート勝利でFINAL進出が決定。Reg1oNs
にとっては絶対に負けられない正念場のラウンドとなる。 開幕と同時にBRでの激しい
銃撃戦で幕を開けたこの試合。Trash BOXは試合開始48秒でReg1oNs勢を一掃!
するとその隙にxLastx選手がフラッグを奪取、自陣へ向かう。Reg1oNsの選手も次々
復活し、フラッグを奪還しようとはするも間に合わず1分6秒にTrash BOXが最初の
リードを奪った。その23秒後、またしてもTrash BOXがフラッグを奪取。自陣に向かう
が今度はうまく行かず奪還されてしまう。が、フラッグが戻って間もない2分7秒に
Trash BOXが三度の速攻。Reg1oNsの抵抗によりオブジェクターxLastx選手が撃破
されるもののNot Eku選手が上手く代走し、後一歩の所までフラッグを運び出す。
そこへ復活したxLastx選手が応援にかけつけフラッグを押し込む事に成功。Trash
BOXに2ポイント目が入りFINAL進出にリーチをかけた。しかし、このままでは終われ
ないReg1oNsがここで意地を見せる。2分57秒tMjAck Im PrAtc選手がフラッグの
奪取に成功!味方の援護を受けつつ一気に自陣へ向かい3分10秒、Reg1oNsに
待望のスコアをもたらした。その後勢いにのったReg1oNsは3分59秒Trash BOXに
フラッグを奪取されるものの、ほぼ同時くらいにtMjAck Im PrAtc選手がTrash BOX
側のフラッグの位置をずらしていたため得点になるのを阻止できた。そして4分19秒Reg1oNsリーダーVeX4tioN選手がフラッグを奪取。ダウンを喫するものの、チームの
エースJ1Gsawwwwww選手が引き継ぎ次ぐ形で4分39秒2点目を獲得。同点に並ぶ。
その後しばらくは膠着状態が続いたが、Reg1oNsの一瞬の隙をついたTrash BOX
xLastx選手がフラッグを奪取。すぐさま奪還に向けて動くReg1oNs勢だったが、ここに
きてTrash BOXはチーム力を象徴するかのような見事な連携を見せる。xLASTx選手
がダウンを奪われるもののすぐさまフラッグはNot Eku選手の手へ!そのNot Eku
選手の手を離れたフラッグが、今度はTHE Nepenthes X選手に渡り、アンカーは
hirayama XO選手!まるで筋書きでもあったかのような見事なリレーでフラッグを
押し込んだTrash BOXが、最後は全員で勝利を勝ち取った!MVPはオブジェクターと
して2ポイントを決めチームに貢献したxLastx選手。この試合、リーダー不在となった
Trash BOXで中心的存在となり、見事な連携を披露した!

WIN    「Trash BOX」          3
LOSE  「Lower Reg1oNs」          2 

20090712_d1_sfinal_lr_vs_tb_r4
MVP  xLASTx (Trash BOX)



AGC2009 D-1 1st S-FINAL 最終結果 


D-1 S-FINAL WINNER 「Trash BOX」          4
                               「Lower Reg1oNs」          1



            
             Over lord Voice !!

Trash BOX hirayamaX0選手
「勝てて良かったです。リーダーが本体の不調で合流できない事が多かったの
 ですが、チームでの練習を重ねてきた事が今日の結果に繋がったと思います。
 予選リーグのNext DimensioN戦ではBarK選手が不在だったので、決勝では
 ぜひ彼を倒して優勝を決めたいですね。


Lower Reg1oNs
VeX4tioN選手
「悔しいですね。ノーコメント・・といきたいところですが・・。開幕から今日まで
 できる事は全てやってきたつもりですが、メンバーの入れ替え等チームを維持
 するという面で難しいところがあり、開幕当初のメンバーで試合に臨む事が
 出来なかった。あとはやはり、この舞台で試合をするという事に緊張して
 しまっていました。もうブルブルでしたね。。。。3位という結果は悔しいですが、
 2nd STAGEでのリベンジに備えてしっかりと体制を築き上げたいです!」


AGC official jyon13

「予選リーグ中盤から確実に実力を増していたReg1oNs。技術、モチベーション
ともにDivisioN-1にふさわしいチームだったと思います。そしてその新進気鋭
のReg1oNsのリベンジを更に打ち砕いたTrash BOXにただただ驚きました!
一体彼等の実力の上限は一体どこにあるのか?FINALではそのTBの本気が
見られるのではないかと期待しています。Reg1oNsはこれで全試合が終了と
なりましたね。新規メンバー揃いの新チームでD-1総合3位は素晴らしい結果
ですし、まだまだ更にその実力を増していく事と思うので、2ndでの更なる活躍
に期待しています。Lower Reg1oNsの皆さん、本当にお疲れ様でした!」

以上の結果で終了しております。両チームの皆様お疲れ様でした。 

JAGL Round④ AGC official jyon13 2009.6.10 AM 5:21               

|

« D-2 1st S-FINAL B 「Fatal Lips」vs「InFeRNo」 | トップページ | 2009.7.27 更新情報 »