« D-1 QL-17 「OniWa BanSyu」vs「Lower Reg1oNs」 | トップページ | 2009.6.12 更新情報 »

2009年6月12日 (金)

D-1 QL-18 「Next DimensioN」vs「Trash BOX」

AGC2009 DivisioN-1 予選リーグ第18試合     2009.6.6 (SAT)

         「Next DimensioN」vs「Trash BOX」

今試合を含め、残すところあと3試合となったAGC D-1予選リーグ。この最終局面で、
遂に勝負の時を迎えた今季の2大トップチーム。ここまで全ラウンド無敗を誇り、全勝
での予選1位通過という偉業をかけた試合に臨む、常勝クラン「Next DimensioN」!
そのNDの独走を阻むべく、最後にして最大の壁、連携の魔術師「Trash BOX」が
立ちはだかる!全勝をかけたNDに対し、TBがこの試合にかけるのはトーナメント
FINALへの進出権。翌週のOniWa BanSyuとの直接対決を前に、ここは1ptでも多く
獲得しておきたいところだ。FINALでこの両チームが相見える事があるとすれば、
それは2009DivisioN-1 1st STAGEの頂点をかけた舞台のみ。この試合が今後の
両チームへどのような影響を与えるのかも気になるが、それよりもまず、この日本
Haloプレイヤーを牽引し続けるトップチーム同士の対決を存分に楽しみたい!

ラウンド1 AGC2009 D-1TS JAGA MID NOTE  
開始と同時にBRの応酬となるMID NOTE。この試合も例外なく、スタートと同時に
両陣営からBRが飛びかう激しい幕開けとなった!まずリードを築いたのはND。連携も
然る事ながら、マップ各所で行われる1vs1の個人技においてわずかながらTBを
上回る。しかし勝負において、このわずかな差が決定的な戦力差となる事も確かで、
まるでそれを証明するかのようなNDメンバーの強さが印象的だ。この個人の強さに
対しTBは得意の連携で勝負を挑むが、個人での遊撃主体のNDの動きが常に連携の
一角を崩していく為に、なかなかメンバーの繋がりを保てない。この試合久々のスタメン
登場となったリーダーRascaLLL選手がマップを熟知した多彩な攻めを見せ、チームの
柱として奮闘するもNDの勢いは止まらず。日本トップチーム同士の一戦、その1st
ラウンドはNDが勝利!全勝まであと2つと迫った。MVPは今季初獲得となったNDの
HeaVen Scream選手。

WIN    「Next DimensioN」          50 (+15pt)
LOSE  「Trash BOX」          38 

20090606_nd_vs_tb_r1
MVP  HeaVen Scream  (Next DimensioN)(5pt)



ラウンド2 AGC2009 D-1TS  JAGA MIDNOTE

2ndラウンドはほぼ互角の立ち上がり。DivisioN-2チームInFeRNoから電撃移籍を
果たしたaka ACE 7選手が苦戦を強いられる一方で、2ndラウンドに入り1stラウンドの
不調から復活を果たしたのはTBのエースhirayamaX0選手。2ndラウンドからダブル
ハンド主体の火力と足を生かした攻めにシフトし、カウントを稼ぐ。中盤になっても
両チームのカウント差は2~3を保ったまま。まるで筋書きでもあるかのようなバランス
で試合は展開してゆく。終盤にはNDが一時6カウントのリードを奪うが、最後まで勝利
をあきらめないTBの猛攻に会い、カウントは49 vs 43から一気に49 vs 47へ!あわや
TBの逆転勝利かと思われたが、最後はhalomom選手がその流れを断ち切って
ラウンドオーバー。MVPプレイヤーは50カウント目を決めたhalomom選手。

WIN    「Next DimensioN」          50 (+15pt)
LOSE  「Trash BOX」          47
 
20090606_nd_vs_tb_r2
MVP  halomom (Next DimensioN) (5pt)



ラウンド3 AGC2009 D-1KING AGC THE PIT 5.1

いよいよ予選リーグ完全勝利まであと1勝と迫ったND!注目のオブジェクトルールは
THE PIT 5.1でのD-1 KINGで争われる事となった。セオリー通りであり、この両者が
争う舞台にふさわしいルール&マップの組み合わせといえよう。このラウンドも両チーム
の立ち上がりはほぼ互角となった。序盤の鍵となるカスタムP、とロケットランチャーを
それぞれのチームが獲得する珍しい展開だ。最初のエリア移動までのカウントは
ND 49 vs TB 38。しかし、続く第2エリアの攻防でほぼ完璧なディフェンスポジションに
付く事に成功したNDが、ここで一気にカウント差を広げ、ND 110 vs TB 51へ。更に
第3エリアでは一時エリア争奪で乱戦となるも、一度エリアを占拠したNDの守りは堅く、
相手を寄せ付けない。それに加え、エリア外の選手が遊撃隊として相手陣営まで
攻め入る事でエリアまで無事では辿りつかせないという非常に攻撃的なディフェンス
も展開。これによってTBはリスポーン後もすぐに強制的に戦闘状態へ持ち込まれる
形とされ、本来の強さを発揮できない。まさにTBのお株を奪うかのようなチームプレイ
を見せたND。その後も果敢に攻めるTBを寄せ付けず、第5エリア終了と同時に
ラウンドオーバー。カウント差ダブルスコアと最後の最後でNext DimensioNの力が
輝きを放った。MVPは巧みなフットワークで常にクリエイティブなプレイを魅せるNDの
天才型プレイヤーFomalhaut15選手!

WIN    「Next DimensioN」          250 (30pt)
LOSE  「Trash BOX」          125    

20090606_nd_vs_tb_r3
MVP  Fomalhaut15(Next DimensioN) (5pt)

AGC2009 D-1 予選リーグ第18試合最終結果 

「Next DimensioN」          150pt(175pt-25pt)
「Trash BOX」          85pt
 

※チームNext DimensioNが当日選手登録したプレイヤーを試合で起用しましたので、
    大会規定に則り、チームNext DimensioNの予選リーグ獲得ポイントを-25ptと
    します。

            
             Over lord Voice !!

Next DimensioN  aka ACE 7選手
「先週までD-2で戦っていましたが、今試合からD-1チームへの参加が決まり、
 強い選手、チームと戦えるのが嬉しいです。不安もありましたが、チームでの
 練習が事前に出来たのでそれが結果に繋がったと思います。まぁなんていうか
 びっくりするほどユートピアって事で!


Trash BOX 
JS ASUKA選手
「やられてしまいました。NDの強さは流石といった感じでしたね。でも自分達には
 あと一試合残っていますので、最後もチーム皆で勝ちに行きます!!」


AGC official eo555

「ND vs TB!今季のAGCに君臨する2大勢力同士の直接対決は舞台が
 MID NOTEという事もあり、その個人スキルを如何なく発揮する試合となった
 のではないかと思います。aka BarK選手不在というのが残念でしたが、それは
 同時にAGC初のDivisioNアップ選手を生み出す事に繋がり、AGCの歴史の
 上でまた一歩前に前に進む結果となりました。D-2から才能ある選手の移籍
 が行われたり、逆にD-1昇格を狙うD-2チームの切り札としてD-1選手を迎え
 入れるなどの活動が活発になるのは、運営的にはある程度の規定が必要と
 され、時にはチーム間に問題が発生する事もあるかもしれませんが、同時に
 他プロスポーツのような観る側の楽しみも増しますし、より洗練された環境を
 生み出す事に繋がると感じています。試合の方に話を戻すと、NDが予選全勝
 という快挙を成し遂げ、前評判通り、もしくはそれを上回る結果で自らの力が
 本物である事を証明して見せてくれました。彼等に更なるステージを与えて
 あげたい!そう思う方が増える事を願うばかりです。何故ならその実力は、
 韓国、米国等のプロプレイヤーの実力にも匹敵するものなのですから!」

以上の結果で終了しております。両チームの皆様お疲れ様でした。 

JAGL Round④ AGC official eo555 2009.6.10 AM 2:30         

|

« D-1 QL-17 「OniWa BanSyu」vs「Lower Reg1oNs」 | トップページ | 2009.6.12 更新情報 »