« 2009.4.12 更新情報 | トップページ | D-1 QL-2 「Next DimensioN」vs「Round④D-1」 »

2009年4月15日 (水)

D-1 QL-1 「infected ZOA」vs「OniWa BanSyu」

AGC2009 DivisioN-1 予選リーグ第1試合     2009.4.10 (FRI)

         「infected ZOAvs「OniWa BanSyu」

遂に今年もHALOチーム日本最強の称号をかけたAGC2009が開幕!昨年度大会
で激闘を繰り広げたAGCプレイヤーの中から、更に上位レベルのプレイヤーが一堂
に集ったDivisioN-1クラス。その記念すべき第一試合は、今シーズンの幕開けを飾る
に相応しいカードとなった。新勢力ながら5starキラーとして既にAGCトッププレイヤー
からも一目置かれる存在となった「infected ZOA」!対するは不動のエースから
チームのリーダーへ成長を遂げたPym選手率いる「OniWa BanSyu」。どのチーム
も大きく選手を入れ替えた為に昨年のデータが全く当てにならない状況の中、
確かなものは試合後に刻まれる結果のみ!D-1クラス全チーム注目の第1試合が
遂に幕を開けた!

ラウンド1 AGC2009 D-1TS  AGC THE PIT 5.1  
開始と同時に両チーム全員が各自のポジションへ散開!D-1クラスはもはや何の策
も無く勝利を重ねられるレベルでは無い事を知っている彼等にとってはシナリオ通り
のスタートといったところか?ファーストコンタクトはスナイパーライフルの獲得に
向かったZOAのDa KinG thumb選手とOniBanのX haibuu X選手。グレネードの牽制
から隙をついてスナイプ奪取に成功したDa KinG thumb選手にX haibuu X選手が
ダブルハンドで勝負を挑もうとしたその時、鮮烈な一撃がX haibuuX選手を貫いた!
今季、D-1全選手を待ち受けるであろうハイレベルな戦いを象徴するかのような
Da KinG thumb選手の近接ノースコープヘッドがAGC2009ファーストキルとなった!
試合は序盤の争いでパワーウェポンの奪取に成功したZOAが着実にスコアを重ね、
差を広げてゆく展開。中盤に入りペースを掴みはじめたOniBanがKtoDの勝負を
繰り広げるが、序盤に築かれた10kill差が最後まで壁となりラウンドオーバー。
鳥肌モノのファーストキルを魅せたDa KinG thumb選手が今季初MVPを獲得!

WIN    「infected ZOA」          50 (+15pt)   
LOSE  「OniWa BanSyu」          41 

2009410_zoa_vs_oniban_r1
MVP  Da KinG thumb  (infected ZOA)(5pt)



ラウンド2 AGC2009 D-1TS  AGC THE PIT 5.1

Rd1終盤にかけてペースを取り戻したOniBan。インターバル後に行われたRd2は、
スタートから互角の戦いを繰り広げ、中盤まで1~3kill差を争う好バトルを展開。
が、19vs19とスコアが並んだ途端にペースは一気にZOAへと傾く。OniBanは
エースPym選手がまさかの4連続ダウンを奪われた事を皮切りに、まるで勝利の
女神に見放されたかの如く各々が1vs1の局地戦で敗北。ここで緊張の糸が
切れてしまったか、MAP中央のラインを踏み越えZOAサイドへ果敢に攻め込む
OniBanに対して今度はZOAの連携が決まり始め、気がつけばその差は15にも
広がっていた。試合終盤、ロケット、ビーム等のパワーウェポンの奪取に成功した
OniBanだったが時既に遅し。個人スキルから連携まで、まるでチームのお披露目の
ようなゲーム展開を見せたZOAが見事な勝利。MVPはZOAのGelVoCy選手!

WIN    「infected ZOA」          50 (+15pt)
LOSE  「OniWa BanSyu」          32
 
2009410_zoa_vs_oniban_r2_2
MVP  GelVoCy  (infected ZOA) (5pt)



ラウンド3 AGC2009 D-1BALL AGC Guardian06

今季初のオブジェクティブは両チームの選択権によりAGC Guardian06での
Team Ball戦となった。まずボールを獲得したのは2ダウンを奪ったZOA。そして
ここでもZOAは習熟したプレイを見せる。チャンスで確実にカウントを重ねつつも、
ダウン時にはボールごと落下死する等のオブジェクターセオリーを守り、OniBanの
手にボールが渡るのを徹底して阻止。この積み重ねが次第に結果として現われ、
その差は一時115カウントにまで広がるが、対するOniBanも決して反撃の手を
緩めない。この姿勢が功を奏したか、終盤に入り猛追を見せたOniBanが49カウント
にまでその差を縮めてきた。「終盤各自の配置が崩れてしまい、無理矢理押し切る
ような形での勝利だった」というDa KinG thumb選手の言葉通り、最後はリードを
利用した強行策で勝利を掴んだinfected ZOAだったが、結果的にはAGC
デビュー戦にしてフルポイントでの完全勝利。MVPはRd2に続いてZOAのGelVoCy選手が獲得した。

WIN    「infected ZOA」          200 (30pt)
LOSE  「OniWa BanSyu」          139

2009410_zoa_vs_oniban_r3
MVP  GelVoCy  (infected ZOA)(5pt)

AGC2009 D-1予選リーグ 第1試合 最終結果 

「infected ZOA」    175pt
「OniWa BanSyu」    73pt    



            
             Over lordVoice !!

infected ZOA Da KinG thumb選手
「スレイヤーに関しては想定通りに試合を進める事ができましたが、オブジェクト
 に関しては上手くいかない事が多かったです。予定ではボールをキープしたら
 固まって防戦するはずだったのですが、思っていたようになならなくて・・・・
 最後はリードを利用してゴリ押しとなってしまったのが反省点ですね。


OniWa BanSyu  Pym選手
「今回の試合は決勝トーナメントの前哨戦のようなものなので、この借りは
 決勝で返します!」


AGC official eo555

「遂に開幕となりました!皆さん最後までよろしくお願いします。今シーズンは
 オフの間にほとんどのチームで入れ替えや統合が発生した為、勝敗はおろか
 各チームの戦力についても全く予想がつかない状況。特に昨年の活躍で
 話題となったinfected ZOAのデビュー戦という事で、以降試合を控える
 各チームにとってもこの第1試合は注目の一戦だったと思います。昨年以上
 のハイレベルな激戦が予想されるD-1クラス。それを象徴するかのような
 Da KinG thumb選手のファーストキルは、思わず「おぉ!
」と声が出て
 しまいました。試合は終始ZOAがペースを掴んでおり、その力は昨年度大会
 であれほどの活躍を見せたOniBanのエースPym選手すら押さえ込んで
 しまう程。このチームはまだまだ底が見えないですね。要チェックです!
 OniWa BanSyuも黒星スタートとなってしまいましたが、そのコメントからも
 わかる通り、決勝進出、そしてZOAへのリベンジ宣言とまだまだこれからと
 いった感じ。宣言通りFINALでの再戦となるのか?今後の両チームの
 活躍にも期待しています。まずは初戦、お疲れ様でした!」

以上の結果で終了しております。両チームの皆様お疲れ様でした。


JAGL Round④ AGC official eo555 2009.4.13 AM 03:05

|

« 2009.4.12 更新情報 | トップページ | D-1 QL-2 「Next DimensioN」vs「Round④D-1」 »