« 2009.4.27 全チームへお知らせ | トップページ | D-1 QL-6 「OniWa BanSyu」vs「Self SECOM Sabrina」 »

2009年4月28日 (火)

D-1 QL-5 「Round④D-1」vs「infected ZOA」

AGC2009 DivisioN-1 予選リーグ第5試合     2009.4.24 (FRI)

        「Round④D-1vs「infected ZOA」

AGC2009 DivisioN-1予選リーグ第5試合。全チームが今季の初戦を終え、ここから
は2戦目を迎える。各チームとも本当の勝負はこれから!といったところか。この日
の対戦カードは、初戦で強豪OniWa BanSyuから見事な勝利を奪い、デビュー戦で
その実力の高さを示したinfected ZOAと、NDを相手に迎えた初戦で大苦戦を
強いられたRound④D-1という組み合わせ。両チームの前戦データから見ると、この
試合はZOAの圧勝というのが大方の予想ではなかっただろうか?そんな予想を覆す
べく強豪ZOAに挑む新生Round④D-1。今、その歯車が少しずつ噛み合い始める。

ラウンド1 AGC2009 D-1TS  JAGA CStruct 1.1  
まずは立ち上がり、ファーストコンタクトを終えた時点でのスコアは3vs2と、両チーム
ほぼ互角といったところ。昨年の予選ではSMGでの接近戦が多く見られたこのJAGA
CStruct1.1だが、今季はサブウェポンに追加されたBRの影響で、両チームとも
中距離戦をメインとする展開。そんな中、場面場面でリードを奪うのはなんとR④D1!
最大6カウントの差をつけるが、リードを奪われて黙っているZOAでは無い。返す刀で
すぐさま同スコアに持ち込んでゆく展開が続く。大接戦となったこのラウンドの勝敗を
分けたキーマンはZOA、P Tyan66選手。中盤過ぎに出現したビームを手にR④D1
から連続でダウンを奪うと、これが試合を決めるリードとなった。ラウンドオーバー時
のスコアは50 vs 47。わずか3カウント差の接戦を制したinfected ZOAがまずは
1勝。MVPは決勝リードを築き、勝利に大きく貢献したP TyaN66選手。まさにMVP!

WIN    「infected ZOA」          50 (+15pt)   
LOSE  「Round④D-1」          47 

2009425_zoa_va_r4_r1
MVP  P TyaN66  (infected ZOA)(5pt)
※MVP動画はDa KinG thumb選手です



ラウンド2 AGC2009 D-1TS  JAGA Cstruct1.1

ラウンド2に入ると、今度はZOAが若干のリードを築きR④D1がそれを追うという
ラウンド1とは逆の展開となるが、両チームの互角の争いは変わらず。だが、
双方のスコアが30を超えたのを境に試合は一気に動き出した。MAP下層での
リスポーンが多くなったR④D1が、ワープを用いて積極的に上層への侵入を試みる
形となった事で、各所でSMGを用いた近距離戦が多発。これに一日の長を見せた
のがZOA。あくまでもBRメインで仕掛けるR④に対してこの切り替えが功を奏し、
あっという間にリードを広げると試合の流れをそのままの勢いで持っていった。R④も
最後に意地を見せ、その差を若干詰める事に成功するがZOAが逃げ切りの勝利。
MVPは近距離から中、遠距離まで安定した強さと卓越した判断力を見せたZOAの
xLeXuSs選手!

WIN    「infected ZOA」          50 (+15pt)
LOSE  「Round④D-1」          44
 
2009425_zoa_va_r4_r2
MVP  xLeXuSs  (infcted ZOA) (5pt)



ラウンド3 AGC2009 D-1Ball AGC Isoration03

接戦の末迎えた最終ラウンド。なんとしてもここで勝利を納め、ポイントでイーブンに
持ち込みたいR④D1は、オブジェクティブルールにballを選択したZOAに対し、マップ
にIsorationを指定。前例の無い組み合わせで互いの経験値の差を埋め、乱戦に
持ち込む策に出る。しかし、この選択に見事な対応を見せたのは意表を突かれた
側であるinfected ZOA。ボールキープに成功したZOAは、見晴らしの良い高所に
陣形を構え、序盤のうちに完全な迎撃態勢を整えた。D-1クラスで戦うトップチーム
が一度整えた陣形を崩すのは、同じD-1チームといえども至難の業。度重なる
リスポーンにもモチベーションを崩さないR④だったが、オブジェクター担当の
nina選手の奮闘も及ばず、試合はZOAの圧勝。予想外の大接戦で始まり、白熱
した試合の幕切れは、またしても予想を裏切る呆気ない幕切れを迎えた。
Da KinG thumb選手がMVPの獲得に成功したZOAは、この試合もフルポイント勝利
を達成し、再びトップを走るNDと同ポイント首位に!

WIN    「infected ZOA」          200 (30pt)
LOSE  「Round④D-1」          18

2009425_zoa_va_r4_r3
MVP  Da KinG thumb  (infected ZOA)(5pt)

AGC2009 D-1予選リーグ 第5試合 最終結果 

「infected ZOA」    175pt
「Round④D-1」    91pt    



            
             Over rord Voice !!

infected ZOA P TyaN66選手
「お疲れ様でした!色んな意味を込めてこれしかいう事が無いです!


Round④D-1  vNeon選手
「緊張してましたけど初戦程ではなかったので、今回は楽しく試合をする事が
 できました。結果的には負けてしまいましたが、色々と得るものが多い試合
 だったと思います。ZOAの皆さんもお疲れ様でした。」


AGC official eo555

「初戦でOniBanを相手に圧勝し、鮮烈なデビューを飾ったZOAを相手に迎えた
 Round④。メンバーの構成から練習時間がほとんど取れない中での試合当日
 という事で、officialとしては平静を装いながらも、チームオーナーとしては
 正直
大丈夫なんだろうか!?と心配していましたが、予想を上回る大接戦
 を楽しませてもらいました。オブジェクティブに関しても色々と想定外の結末
 となりましたが、昨年度のAGCの流れを汲んだバリエーションある展開と
 なったと思っています。ただ、今のD-1で行われている試合のレベルは相当
 高いものである為、今後は選手会を通してより洗練されたオブジェクティブ
 ラウンドのみが採用となる可能性は高いでしょう。その流れの中で行われた
 貴重な組み合わせ。後々この試合を振り返った時に、AGCの歴史の1ページ
 として紹介できる日が来るといいですね。個人的にはこういう楽しみ方もAGC
 なんだと思っていますが、選手達の目線はもっと遥か先を見据えて参加されて
 いるのだと実感しています。何はともあれ、両チームお疲れ様でした!

以上の結果で終了しております。両チームの皆様お疲れ様でした。


JAGL Round④ AGC official eo555 2009.4.22 AM 23:09

|

« 2009.4.27 全チームへお知らせ | トップページ | D-1 QL-6 「OniWa BanSyu」vs「Self SECOM Sabrina」 »