« D-1 QL-1 「infected ZOA」vs「OniWa BanSyu」 | トップページ | 2009.4.16 更新情報 »

2009年4月16日 (木)

D-1 QL-2 「Next DimensioN」vs「Round④D-1」

AGC2009 DivisioN-1 予選リーグ第2試合 2009.4.11 (SAT)

       「Next DimensioNvs「Round④D-1」

AGC2009、1stSTAGE第2試合。Next DimensioN vs Round④。昨シーズン、それぞれ
が前チームで結果を残しながらも、更なる高みを目指す為、新たなメンバーで望む
今シーズン。シーズン終了までの数ヶ月、この期間中にどれだけ実力を身に
付けられるか。どれだけ仲間を信じられるか。全てはFINALに進む為に。全ては最強
の称号を手にする為に。レポートは、今シーズンからD-1レポートを担当させて
いただきますBeckthです。宜しくお願いします。

ラウンド1 AGC2009 D-1TS  AGC THE PIT 5.1  

いよいよ始まった開幕戦第2試合。昨年の覇者IAのリーダー、K 2the AgrrA選手
とDIKZ AthenaAres選手が移籍し、さらに実力を増したRound④。対するはFB、SSの
両チームが統合されて出来上がったNext DimensioN。否が応でも周りからの注目が
集まる両チームの今期初戦。お互い初戦ということもあるのか序盤は攻めつつも
けん制しあうと言った比較的静かな始まりであった。しかし、国内トップクラスと
いわれるチームはやはり違っていた。試合開始から2分が経ち徐々に差を広がり
始め、MVP aKa BarK選手が2回目のDownから復活した2分43秒を皮切りにNDの勢い
が増してきた。この時14対7とわずか7KILL差であったが1分25秒経った4分8秒まで
の間に倍の28になったND。それに対しR④は7から8とわずか1KILLしか奪えず、
チームKILL差が20に広がってしまった。勢いは止まらず最終的にNDが50対16で
勝利。実力者が集まるこのD-1では時に勢いも大事となってくる。この試合はチーム
ワークと個人技術がほぼ完璧に重なったNDに軍配が上がった。

WIN    「Next DimensioN」          50 (+15pt)   
LOSE  「Round④D-1」          16 

2009411_nd_vs_r4_r1_5
MVP  aka BarK  (Next DimensioN)(5pt)



ラウンド2 AGC2009 D-1TS  AGC THE PIT 5.1

開幕戦第2試合 2ラウンド。試合時間8:101ラウンド目同様、勢いに乗り2連勝と
行きたいND。片やこのままでは終われない新生R④。このラウンドの印象はチーム
プレイ。いろいろな局面でそれが垣間見られる。ラウンド目の勢いが衰えないNDが
序盤からリードを奪う。常に2対1又は3対1の局面をつくり自チームが不利に
ならないような展開を作っている。自己を犠牲にしてでも必ずその時々の仲間が
相手を倒してくれる。よって自ずと差が広がる。このような連鎖が続き開始1分から
中盤まで常にダブルスコアですすめたND。アシスト数を見てもらえればよく分かる。
対しR④、個人の実力では左程開きが無いもののうまく連携がとれず、1ラウンド目
より良くはなったが、チームの練習不足が露呈されてしまった。試合開始5分あたり
中盤過ぎに、一時30対20とスコア10まで縮めたR④ではあったが最終的に50対34と16KILL差を付けられて敗北。どのチームスポーツでもそうだが、どれだけ練習を
してきたか、その差がいかに試合に響いてきてしまうという事が改めて感じてしまう
ラウンドとなった。

WIN    「Next DimensioN」          50 (+15pt)
LOSE  「Round④D-1」          34 

2009411_nd_vs_r4_r2_5
MVP  aka BarK  (NexT DimensioN)(5pt)



ラウンド3 AGC2009 D-1BALL AGC Guardian06

開幕戦第2試合 3ラウンド。よりチームの連携力が要求されるオブジェクティブ
ラウンドは両チームの選択権によりAGC Guardian06でのチームキングに決定。
開始からいきなり30秒の差をつけたのはND。これに対し、このラウンドから
オブジェクターとしてnina選手を投入して奮闘を続けるR④だったが、エリアの移動
による不運も重なりなかなかカウント差を縮める事が出来ず、逆に差を広げられる
展開。開始4分の時点で1分差を付けられてしまう。さらにエリア移動。NDはこの
移動を巧みに利用し、選手を中心にゲームを展開する。1人ずつ攻めるR④に
対して敵がエリア進入前に複数人で叩くという基本を忠実に行った。チーム内での
役割分担が見られるとやはり個人に頼ってしまった感が否めないR④はNDとの差を
縮める事ができず、最終的に200対139と60カウント以上の差が付いてしまった。
次戦までに少しでも修復を図り、昨シーズンのIAのような躍進を見せてほしい
R④メンバーにはさらに期待してしまう。このままでは、終われないプライドが
あるはずだ。そして見事なまでの白星スタートとなったNDには慢心することなく、
更なる高みを目指して次戦に臨んでほしいと思う。最強の称号を手にするには
ここから先、まだ長い道が続いている。

WIN    「Next DimensioN」          250 (30pt)
LOSE  「Round④D-1」          69

2009411_nd_vs_r4_r3_4
MVP  aka BarK  (Next DimensioN)(5pt)

AGC2009 D-1 予選リーグ 第2試合 最終結果

「Next DimensioN」     175pt 
「Round④D-1」     50pt


            
             Over rord Voice !!

Next DimensioN aka BarK選手
「今年は昨年よりも練習が積める環境なので、この開幕戦はとても高い
 モチベーションで望む事ができました。この開幕戦でフルラウンド勝利を
 収める事ができたのも、オフシーズンの間の積み重ねがあったからこそ
 だと思います。予選リーグは全勝で1位通過したいですね。


Round④D-1  K 2the AgrrA選手
「AGC初参戦のメンバーもいたので正直不安もありました。Rd1はその不安
 通りの展開となってしまいましたが、続くRd2、Rd3と重ねるに連れてイメージ
 も少しずつ近づいていた感じだったので、勝負には負けてしまいましたが
 今後に向けた手応えを感じる事ができたのは収穫だったと思います。まだ
 まだこれからです!」


AGC official eo555

「遂にNext DimensioNが試合に登場。実戦の中で明らかとなったその実力は
 前評判を大きく上回るものでした。勝負を挑んだRound④D-1も、昨年から
 大きくメンバーを入れ替えた事で戦力を増強していたので、チームの熟練度
 では下回っていても場面場面では良い勝負ができるものと思っていましたが
 ・・・・
正直Rd1のスコアを聞いた時は驚きを隠せませんでしたね。ですが、
 aka BarK選手自信の言葉からもわかる通り、今季NDがAGCに向けた思い
 とモチベーション、練習に費やした時間を考えれば当然の結果といわざるを
 得ません。それだけ今季のD-1の
レベルは高い所にある。今試合はその証の
 ような一戦となりました。更にAGC史上二人目、aka Bark選手のトリプル
 クラウン獲得は、NDのデビュー戦にこれ以上無い華を添える形となりました。
 お見事!

以上の結果で終了しております。両チームの皆様お疲れ様でした。 


JAGL Round④ AGC official beckth & eo555 2009.4.14 PM 22:30

|

« D-1 QL-1 「infected ZOA」vs「OniWa BanSyu」 | トップページ | 2009.4.16 更新情報 »