2008年8月13日 (水)

4-4 「ONIBAN」vs「Speedy Style」

AGC開幕戦 予選リーグ第4戦 第4試合     2008.08.09 (SAT)

                「ONIBANvs「Speedy Style」

予選リーグ第4戦の最終試合は、現在予選リーグでトップ争いを繰り広げる強豪
ONIBANと、1戦遅れの進行にも関わらず現在暫定ランキング5位につけている
Speedy Styleの一戦。どちらも日本のHALO3を牽引してきたトップチームだけあり、
目が離せない好バトルが展開されました。

ラウンド1 AGCチームスレイヤー   JAGA Narrows  
スタート直後から激しい争い。序盤から中盤にかけて3ポイントのリードを奪ったSSが
これを守りきる形で試合は展開。一瞬のスキが命取りになるような緊張したバトルが
続いたが、試合後半にSSのaimitux選手がキルフレンジーを取る大活躍を見せ、
チームの勝利に大きく貢献した。MVPはもちろんaimitux選手が獲得!

WIN    「Speedy Style」      50    (15pt+18pt) 
LOSE  「ONIBAN」            32   (0pt)

89_oniban_vs_ss_r1

MVP aimitux   (Speedy Style)     (5pt)



ラウンド2 AGCチームスレイヤー   JAGA Narrows 

続いて始まったRd2でも両チームの争いは激しさを増し、互いに譲らぬ
好バトルを展開。そして、ここでリードを奪ったのはチームONIBAN!「Rd1でSMGが
弱くなっているのを確認したのでRd2ではスタイルを変えました。」とのPym選手の
コメント通り、接近戦から中~遠距離戦のBRスタイルに変えてきたONIBANを相手に
今度はSSが苦戦を強いられる形に。後半までにONIBANが築き上げたリードは
21pt!このまま行けばRd1で奪われたポイントを逆転できる計算。が、そこはSS!
最後まで反撃の手を緩めず、終盤に怒涛の追い上げを見せてその差を10ptまで
詰め寄る猛攻。逆転には至らなかったがリーグポイント差でのリードは守りきった。
MVPはここまで毎試合MVPを獲得しているONIBANのエースPym選手。

WIN    「ONIBAN」              50    (15pt+11pt)
LOSE  「Speedy Style」       39    (0pt)

89_oniban_vs_ss_r2

MVP Pym    (ONIBAN)  (5pt)



ラウンド3 AGCチームキング AGC THE PIT 5.1

ここまでの接戦の末、両チームの獲得ポイントは Speedy Style 38ptONIBAN 31pt
その差わずか7pt!予選リーグ屈指の激戦となったこの試合の決着は、
AGC THE PIT 5.1でのチームキングで争われる事に決定。最終スコア250 : 229!
両チームの総キルカウント数196!試合時間にして約12分にも及んだ激しい争いは、
僅差でリードを守りきったSpeedy Styleが制し、見事25ptのリーグポイントを獲得。
惜しくも敗れたONIBANだったが、Foolhardy Snake選手がMVPを獲得した事で
こちらも5ptのリーグポイントを追加。予選リーグポイントの上でも最後の最後まで
互いに譲らぬ名勝負となった。

WIN    「Speedy Style」     250       (25pt)
LOSE  「ONIBAN」                229
          (0pt)
MVP    Foolhardy Snake (ONIBAN)     (5pt)

89_oniban_vs_ss_r3
AGC予選リーグ第4戦 第4試合 最終獲得ポイント

  「Speedy Style」 63pt   「ONIBAN」 36pt


                   Over Lord Voice !!


ONIBAN 
Pym選手
「両チーム全力を尽くせた楽しい試合でした。俺無敵☆

Speedy Style aimitux選手

「試合中に食べていたハバネロが辛かったです。。。。」

AGC official  eo555
「接戦になるとは思っていましたが、ここまでの高レベル&好バトルになるとは
 正直予想していませんでした。自分がofficialである事を忘れて、いちHALO
 ファンになってしまう程に試合の行方に興奮してしまいましたし、間違いなく
 今年度のAGCのベストバウト候補となる試合だったと思います。
 一般的な目から見たら、試合とはいっても1時間程度TVゲームをしただけの

 事、と言われるかもしれませんが、自分が試合後の選手達から感じられた
 疲労感や充足感は、集中して本気でプレイするFPSがどれだけスポーツ性の
 高いものかを証明していたと思います。
 改めて、彼ら選手達の技術や才能を、このままの環境で終わらせたくないと、
 そう強く感じさせてくれる試合内容でした。両チームの選手の皆さん、本当に
 お疲れ様でした!ありがとうございました。


以上の結果で終了しております。両チームの皆様お疲れ様でした。


                                                     JAGL AGC official  2008.08.13

|

2008年8月 9日 (土)

4-3 「JHK」vs「Cute Is Justice」

AGC開幕戦 予選リーグ第4戦 第3試合     2008.08.08 (FRI)

    「Japan Halo Kyokaivs「Cute Is Justice」

大会第4戦第3試合は、現在予選リーグで暫定7位のCIJと8位のJHKが浮上を
かけて直接対決に臨みました。予選もちょうど折り返しとなるこの試合は、予選リーグ
勝ち残りを目指す上でも両チームにとって絶対に落とせない一戦。CIJはメンバーの
都合により新規登録選手を2名加え、前戦からスターティングメンバーを大きく
入れ替えての参戦となっています。CIJの皆さんの配慮に感謝致します。

ラウンド1 AGCチームスレイヤー   JAGA Narrows  
スタート直後は接戦となったが、Taisa5116選手が近距離メインで相手の懐へと
飛び込み、残りの3人が中距離から援護というスタイルが上手く機能したCIJが
序々にスコアを広げる事に成功し、まずは1勝!これがデビュー戦となったCIJの
hronyasi選手がトップスコアの活躍。同スコアを稼いだTaisa5116選手がMVPを
初獲得となった。

WIN    「Cute Is Justice」          50    (15pt+18pt) 
LOSE  「Japan Halo Kyokai」       32   (0pt)

Jhk_vs_cij_r1

MVP Taisa5116   (Cute Is Justice)     (5pt)



ラウンド2 AGCチームスレイヤー   JAGA Narrows 

Rd1の勝利で勢いづいたCIJがスタートからJHKを序々に押し込む展開となった。
MAP中央よりやや敵陣寄りの位置から相手の動きを封じていくCIJに対し、
防戦する形となったJHKは苦戦を強いられる。PMUB選手が奮戦を続けたが、
最後までこれを押し返す事は出来ず、そのまま決着。CIJのリーダーsabrina選手が
通算2度目のMVP獲得となった。

WIN    「Cute Is Justice」           50    (15pt+22pt)
LOSE  「Japan Halo Kyokai」       28    (0pt)

Jhk_vs_cij_r2

MVP sabrina  (Cute Is Justice)  (5pt)



ラウンド3 AGCチームキング  AGC Guardian 06

ラウンド2までのポイントが CIJ 80pt JHK 0ptの為、オブジェクティブルール
選択権を得たCIJルール決定権を、
マップ選択権をJHKが取得。
その結果Rd3は、初の組み合わせとなるAGC Guardianでのチームキングで争われる
事となった。試合はCIJが主導権を握るかに思えたが、JHKのtawashoo選手がCIJ勢
と互角以上に渡り合う活躍を見せ、一方的な展開を許さない。長期戦の様相を
呈した試合展開だったが、総合力で勝ったCIJが見事にJHKを下してRd3も勝利で
飾った。MVPはRd2に続いてCIJのsabrina選手が獲得。チームポイントの上でも
大きく貢献した。


WIN     「Cute Is Justice」      250sec     (25pt)
LOSE 「Japan Halo Kyokai」      172sec     (0pt)
MVP     sabrina     (Cute Is Justice)         (5pt)

Jhk_vs_cij_r3
AGC予選リーグ第4戦 第3試合 最終獲得ポイント

「Cute Is Justice」 110pt  「Japan Halo Kyokai」 0pt


                   Over Lord Voice !!


Cute Is Justice 
Taisa5116選手
「今日はとりあえずRd1、Rd2ともに苦戦したので勝てて本当に良かったです。
 対戦相手の皆さんとは同じHALOプレイヤーとして、試合だけでなくマッチや
 カスタム等も楽しめたらいいなと思います。」


Japan Halo Kyokai  tawashoo選手

「いや、なんというか、さすがだなぁ、と。」

AGC official  eo555
「夏休み時期という事もあって、今試合もメンバーの都合がなかなかつかない
 状況にあったようですが、両チーム、特にCIJの皆さんは新規登録枠を使い、
 新選手を登録する事で試合が流れないように努力してくれていました。
 試合の勝敗も大事ですが、今一番大事なのはその試合自体が無くなって
 しまわない事。その事を選手の方々自身が理解してくれて、その上で努力も
 してくれているというのが本当に嬉しかったですし頭が下がる思いです。
 JAGAを牽引している方々の努力が少しずつ表れているのかもしれません。
 試合の方は暫定7位だったCIJが110ptを獲得した事でRound④を抜いて
 暫定ランキング6位へと浮上しています。JHKの方々も開幕時とは比べもの
 にならないくらいレベルを上げてきていて、試合内容でも互角の戦いをする
 場面もありました。予選突破は厳しいかもしれませんが、応援してくれる
 方々は増えているので頑張って欲しいです。


以上の結果で終了しております。両チームの皆様お疲れ様でした。


                                                     JAGL AGC official  2008.07.28

|

2008年8月 7日 (木)

4-2「INn4TE AV1L1TY」vs「VIVID」

AGC開幕戦 予選リーグ第4戦 第2試合     2008.08.02 (SAT)

       「INn4TE AV1L1TYvs「VIVID」

大会第4戦第2試合は、第3戦目よりスターティングメンバーを大きく入れ替えて予選
突破を狙うIAと、暫定3位、新メンバーを加えてこの日の試合に臨んだVIVIDの一戦。
両チームとも前戦で苦戦を強いられただけに、この試合で何とか勢いをつけたい所。

ラウンド1 AGCチームスレイヤー  JAGA NARROWS
試合開始とともにまずリードを奪ったのはVIVID。Yoshizumitan選手の先制攻撃により
主導権を握るかに見えたが、IAも真っ向から応戦。序盤は1killを争う白熱した展開
となり、一進一退の攻防を繰り広げるものの、IAサイドの勢いは徐々に加速を増し、
50vs42で決着。MVPは好調なスタートを見せたxAstarot選手。

WIN     「INn4TE AV1L1TY」        50    (15pt+8pt)
LOSE   「VIVID」                          42   
(0pt)

Ia_vs_vivid_r1


MVP xAstarot (INn4TE AV1L1TY)
  (5pt)


ラウンド2 AGCチームスレイヤー  JAGA NARROWS
Rd1の勝利から勢いに乗るIAを相手に、スタートでudon mania選手の華麗なスナイプ
でリードを奪うVIVID。これに対しIAは個人スキル・連係スキルを活かし徐々に点差を
広げ始める。VIVIDはYoshizumitan選手、GoingYoUrS1dE選手が奮闘するも形勢を
覆す事は難しく、リードを許したまま決着。MVPはRd1に引き続きxAstarot選手が
獲得。Rd1に続く好調ぶりをアピールし、チームポイントに貢献!


WIN     「INn4TE AV1L1TY」        50   
(15pt+15pt)
LOSE   「VIVID」                          35    (0pt)

Ia_vs_vivid_r2


MVP xAstarot (INn4TE AV1L1TY) 
(5pt)



ラウンド3 AGCチームボール  AGC THE PIT 5.1

ラウンド2までのポイントが INn4TE AV1L1TY 53pt、VIVID 0ptの為、
オブジェクティブルール選択権をINn4TE AV1L1TY
、マップ選択権をVIVIDが取得。
Rd3の定番となりつつあるAGC THE PITを舞台にチームボールで争われる事に。
今までの不振がウソのような活躍を見せたIAが、126秒の大差、トータルK/D差
26という結果でVIVIDを下し快勝!MVPは1、2ラウンドに続いて、またもIAの
xAstarot選手が獲得。大会初のトリプルクラウンを達成した!


WIN     「INn4TE AV1L1TY」      200sec    
(25pt)
LOSE  「VIVID」                        74sec      (0pt)
MVP    xAstarot    (INn4TE AV1L1TY)    
(5pt)

Ia_vs_vivid_r3

AGC予選リーグ第4戦 第2試合 最終獲得ポイント

  「INn4TE AV1L1TY」 93pt  「VIVID」 0pt


                   Over Lord Voice !!


INn4TE AV1L1TY 
xAstarot選手
「今回のNarrowsは初めてのMAPだったのですが、違和感もなく完成度が
 高くてプレイしていて楽しかったですね。チームとしても全員が上手く自分の
 仕事に徹する事ができたと思います。


VIVID Yoshizumitan選手

「歯・・・・歯が痛くて痛くて厳しかったです。。。。

AGC official  eo555

「まずは無事に試合が行われた事でホッとしています。両チームが試合を
 無くさない為に頑張ってくれているのがJAGLとしては本当に嬉しかった!
 この日の両チームのスターティングメンバーにJAGL一同感謝です。
 試合に関しては今まで不調が噂されていたIAがここにきて本領発揮といった
 感じで、見所が多い一戦でした。特にxAstarot選手は今大会初となるトリプル
 クラウンを達成する大活躍。この面子を相手に・・・・スゴイですね。
 また、初戦に続いて今回の両チームにもJAGAがアレンジしてくれたNarrows
 は好評だったようです。予選リーグ第5戦の舞台にCONSTRUCTを
 投入するかは未定ですが、そちらの方も安心して採用できそうです。
 両チームの皆さんお疲れ様でした!Yoshizumitan選手、体調不良の中
 頑張ってくれて本当にお疲れ様でした。早く元気になって下さいね!


以上の結果で終了しております。両チームの皆様お疲れ様でした。


                                                     JAGL AGC official  2008.08.07

|

2008年8月 3日 (日)

4-1 「FINAL BOUT」vs「Round④」

AGC開幕戦 予選リーグ第4戦 第1試合     2008.08.02 (FRI)

          「FINAL BOUTvs「Round④」

大会第4戦第1試合は、予選リーグトップを狙うFINAL BOUTと、予選リーグ突破を
目指したいRound④。FINAL BOUTはここでONIBANとの差を引き離し暫定トップの
座を確実にしたいところ。

ラウンド1 AGCチームスレイヤー  JAGA NARROWS
試合開始から援護射撃を背にパワーウェポン確保へ向かう両チーム。           m0827y選手の激しいスナイプをかい潜りFINAL BOUTのスーパーエース
xBaRKuN選手が敵陣へ強行突破を試みる!!                                        意表を付かれたRound④はダブルエースのsuper ryooooooo選手、m0827y選手が
応戦するが、スピード、パワー、テクニック全てで上回ったFBがAGC大会記録となる
50対15という成績で完勝。FBが圧倒的な強さを見せた結果となった。MVPはFBのZEPHER 750選手が獲得。

WIN    「FINAL BOUT」               50    (15pt+35pt)
LOSE  「Round④」                     15   
(0pt)

Fb_vs_r4_r1_2

MVP ZEPHER 750  (FINAL BOUT)  (5pt)



ラウンド2 AGCチームスレイヤー  JAGA NARROWS

Rd1で遅れをとったR④だったがRd2に入ると、今大会初参加となったshinyadx選手
とレギュラーメンバーの連携が決まり始め、トップクランFBを相手に好勝負を
繰り広げる。が、しかし、FBの個人スキルがここでも冴え渡る。序々にリードを奪われ
始めたR④はその流れを最後まで止められずFBが圧勝。
MVPはこれで通算4度目の獲得となったFINAL BOUTのxBaRKuN選手!!                                                      

WIN    「FINAL BOUT」               50    (15pt+26pt)
LOSE  「Round④」                     24    (0pt)

Fb_vs_r4_r2

MVP x BaRkuN  (FINAL BOUT)
  (5pt)



ラウンド3 AGCチームキング  AGC THE PIT 5.1

ラウンド2までのポイントが FINAL BOUT 101pt、Round④ 0ptの為、
オブジェクティブルール選択権をFINAL BOUT
、マップ選択権をRound④が取得。                           
その結果、JAGAの意見により小変更を受けたAGC THE PIT 5.1でのチームキング
で争われる事となった。 試合はRd1、2に続き終始FINAL BOUTがペースを握り、
チームトータルのK/D差+42、エリア確保時間差188秒の大差をつける見事な勝利。
EkK LaX4tioN vx選手が初のMVPを獲得した事で、FBがこの日のMVPを独占する
事に成功。結果、AGC歴代2位となる計131ptを獲得し、
予選リーグ暫定トップの
座を見事奪い返した。

             
WIN     「FINAL BOUT」           250sec     (25pt)
LOSE 「Round④」                     62sec      (0pt)
MVP    EkK LaX4tioN vx   (FINAL BOUT)  (5pt)


Fb_vs_r4_r3
AGC予選リーグ第4戦 第1試合 最終獲得ポイント

  「FINAL BOUT」 131pt  「Round
④」 0pt


                   Over Lord Voice !!


FINAL BOUT 
リーダー x BaRkuN選手
「BR中心のMAPなので楽しかったです
。ここから厳しい試合が続きますが、
 全勝目指してがんばります!」


Round④ super ryooooooo選手

「FBの人達と試合ができたなんて夢のようでした。また試合をしてもらえる
 ように練習して強くなります。お疲れ様でした!


AGC official  eo555
「レギュレーション改正によってスタイルが変わった印象を受けました。
 MAPがNarrowsという事もありますが、これからの試合はBRの技術が更に
 反映してくるのかもしれません。試合自体はFBの貫録勝ちといったところ
 でしょうか。さすがですね!当日はR④のメンバーがバタバタとしてしまった
 事をクラン代表としてお詫びします。そして、今回からJAGAの皆さんがAGC
 レギュレーションに合わせてアレンジしたMAPを公式に採用していますが、
 今日試合を行った2チームの評価も良く、さすがと言った感じです。
 
あとはそうですね。。。。
 super ryooooooo君の純粋さに涙が止まりません。皆さん誘ってあげて
 くださいね。両チームお疲れ様でした!」


以上の結果で終了しております。両チームの皆様お疲れ様でした。


                                                     JAGL AGC official  2008.07.26

|