2008年7月28日 (月)

3-4 「ONIBAN」vs「Cute Is Justice」

AGC開幕戦 予選リーグ第3戦 第4試合     2008.07.26 (SAT)

          「ONIBANvs「Cute Is Justice」

大会第3戦第4試合は、予選リーグのトップ争いを繰り広げるONIBANと、チームの
ムードでトップを爆走するCIJの一戦。ONIBANとしてはこの試合で暫定トップの座を
FINAL BOUTから奪い返したいところ。

ラウンド1 AGCチームスレイヤー  AGC H.GROUND 06
スタートはONIBANがベース側、CIJが海側となった。速攻で強武器を押さえ、
一気に押し込むONIBANに対し、チームワークで対抗するCIJ。が、徐々にリードを
奪われ始めるとその流れは止まらず。ロケットランチャー等の復活時間も手中にする
余裕も見せたONIBANがRd1を快勝。Pym選手が通算2度目のMVPも獲得し、
ポイントを稼いだ。

WIN    「ONIBAN」                  50    (15pt + 20pt) 
LOSE  「Cute Is Justice」         30   (0pt)

726oniban_vs_cijr1

MVP Pym   (ONIBAN)     (5pt)



ラウンド2 AGCチームスレイヤー  AGC H.GROUND 06

ラウンド2はベース側をCIJ、海側をONIBANと、自陣を入れ替えてのスタート。
強武器確保に成功したCIJに対し、ONIBANメンバーは冷静に対処。一時的に
リードを奪われはしたもの被害を最小限に留めた。その後一進一退の好勝負が
続いたが、中盤戦に入りCIJが失速。一旦崩れ始めたパワーバランスを修正する
事は、HALO2でその名を馳せたCIJメンバーにとっても容易では無かったか!?
Rd1に続きRd2もONIBANが危なげない勝利。海側スタートの逆境をものともしない勝負
強さを見せた。MVPはONIBANのリーダーTAKAFUMI BIGINS選手が獲得。
Pym選手に続いてTAKAFUMI BIGINS選手も通算2度目!

WIN    「ONIBAN」                  50    (15pt+12pt)
LOSE  「Cute Is Justice」        37    (0pt)

726oniban_vs_cijr2

MVP TAKAFUMI BIGINS  (ONIBAN)  (5pt)



ラウンド3 AGCチームキング  AGC THE PIT 05

ラウンド2までのポイントが ONIBAN 72pt CIJ 0ptの為、オブジェクティブルール
選択権をONIBAN
、マップ選択権をCIJが取得。その結果、3ラウンド目は、これで
3試合連続となるAGC THE PIT 06でのチームキングとなった。試合はK/D差プラス
20カウントを叩き出したMr X desu選手の活躍もあり、ONIBANが95秒の大差を
つける見事な勝利。MVPはAGC初出場となったReal Snake選手が獲得。
3ラウンド連続の勝利プラスMVP獲得で予選リーグ暫定トップの座をFINAL BOUT
から奪い返す事に成功した!


WIN     「ONIBAN」             250sec     (25pt)
LOSE 「Cute Is Justice」         155sec      (0pt)
MVP    Real Snake       (ONIBAN)            (5pt)

726oniban_vs_cijr3
AGC予選リーグ第3戦 第3試合 最終獲得ポイント

  「ONIBAN」 102pt     「Cute Is Justice」 0pt


                   Over Lord Voice !!


ONIBAN 
リーダー TAKAFUMI BIGINS選手
「両チーム共に力の限りを出し尽くして頑張れた試合だったと思います。」

Cute Is Justice  リーダー sabrina選手

「ウチのチームは酔っ払いが一番強いという事がわかりました。。。。」


以上の結果で終了しております。両チームの皆様お疲れ様でした。


                                                     JAGL AGC official  2008.07.28

|

2008年7月27日 (日)

3-3 「INn4TE AV1L1TY」 vs 「Speedy Style」

AGC開幕戦 予選リーグ第3戦 第3試合     2008.07.25 (FRI)

      「INn4TE AV1L1TYvs「Speedy Style」

大会第3戦第3試合は、初戦を快勝し勢いに乗る「Speedy Style」と、この予選
リーグで思わぬ苦戦を強いられている強豪「INn4TE AV1L1TY」の一戦。
直接的にはランキング5位と6位の両チームですが、実力は日本でもトップクラスの
チーム&プレイヤー同士の対決という事で目が離せない一戦となりました。
両チームともスターティングメンバーを大きく入れ替えて臨んでいます。

ラウンド1 AGCチームスレイヤー  H.GROUND 06
スタートはSSがベース側、IAが海側となった。開始と共にMAP中央で始まった
戦闘は強武器の確保に成功したSS側有利となり、そのままペースを掴む事に成功。
海岸側にIAを押し込む事が出来たかに見えたが、IAの力を封じるまでには至らず。
一時は最大8ポイントのリードを築いたSSだったが、後半になるとIAが猛追を
見せ、その差2ポイント差にまで迫る活躍を見せた。このまま逆転もあるかに
思われたが反撃もここまで。まずはSSが僅差で1勝目。
MVPはIAのpopo2選手が獲得し、ポイント差を最小限に留めた。

WIN    「Speedy Style」           50    (15pt + 2pt) 
LOSE  「INn4TE AV1L1TY」       48   (0pt)

725ss_vs_ia_r1_3

MVP  popo2 (INn4TE AV1L1TY)  (5pt)



ラウンド2 AGCチームスレイヤー  AGC H.GROUND 06

ラウンド2も両チームの自陣はラウンド1と同様にSSがベース側、IAが海側からの
スタート。地の利を生かしたスタートダッシュを決めたSSがリードを奪うと、チームと
しての連携を上手く機能させてゲームをコントロール。対するIAは個人のスキルを
生かしつつこれに真っ向から勝負を挑むが、形勢を覆す事は難しく、リードを許した
まま決着。MVPはSSのfomalhaut15選手が獲得し、ポイント差を広げる事に成功。

WIN    「Speedy Style」             50    (15pt+9pt)
LOSE  「INn4TE AV1L1TY」       41    (0pt)

725ss_vs_ia_r3_2
MVP fomalhaut15  (Speedy Style)  (5pt)



ラウンド3 AGCチームキング  AGC THE PIT 05

ラウンド2までのポイントが Speedy Style 46pt INn4TE AV1L1TY 5ptの為、
オブジェクティブルール選択権をSS
、マップ選択権をIAが取得。
その結果、3ラウンド目は第2試合と同様にAGC THE PIT 06での、チームキングに
決定した。両チーム譲らぬ激しい争いとなった試合は13分に及ぶ
激闘の末に14秒という僅差でIAが見事に勝利!
MVPにもこれが初試合となった
IAのDASHZ選手が輝き、ラウンド1、2で開いたポイント差を一気に詰める事に
成功。IAにとっては今後の行方を占う上でも大きな1勝となった。


WIN     「INn4TE AV1L1TY」   250sec     (25pt)
LOSE 「Speedy Style」         236sec      (0pt)
MVP    DASHZ  (INn4TE AV1L1TY)        (5pt)

725ss_vs_ia_r3_2
AGC予選リーグ第3戦 第3試合 最終獲得ポイント

  「Speedy Style」 46pt     「INn4TE AV1L1TY」 35pt


                   Over Lord Voice !!


Speedy Style 
リーダー halomom選手
「連携がまだまだ完成していないのを実感しました。Rd1と2の
 H.GROUNDは下準備がしっかりしてあったのですが、Rd3でPITが来るとは
 想定外の展開だったので厳しかったですね。」


INn4TE AV1L1TY  リーダー K 2the AgrrA選手

「メンバーを入れ替えて臨んだので、AGC初出場選手もいてチームスレイヤー
 では苦戦してしまいましたが、Rd3では上手くチームとして機能しはじめて、
 連携もうまく決まってくれたので勝つ事ができたのだと思います。」


以上の結果で終了しております。両チームの皆様お疲れ様でした。


                                                     JAGL AGC official  2008.07.26

|

2008年7月21日 (月)

3-2 「FINAL BOUT」vs「VIVID」

AGC開幕戦 予選リーグ第3戦 第2試合     2008.07.19 (SAT)

            「FINAL BOUTvs「VIVID」

大会第3戦第2試合は、FINAL BOUT vs VIVID。ランキング2位と3位の両チーム。
この試合に勝利した方が予選リーグの暫定トップに立つという事で、負けられない
一戦。両チームともスターティングメンバーを2戦目から変更しています。

ラウンド1 AGCチームスレイヤー  H.GROUND 06
スタートはFBがベース側、VIVIDが海側となった。開始とともにマップ中央のロケット
確保に急いだ両チームの争いはFBに軍配。そのまま雪崩落ちるように海側まで
VIVIDを押し込むと、一気に形勢を築いた。FBのエース x BaRkuN選手が通算
2度目のMVP獲得。

WIN    「FINAL BOUT」           50    (15pt + 27pt) 
LOSE  「VIVID」                       23  (0pt)

79_final_bout_vs_vivid_r1
MVP  x BaRkuN (FINAL BOUT)  (5pt)



ラウンド2 AGCチームスレイヤー  AGC H.GROUND 06

ラウンド2も両チームの自陣はラウンド1と同様。FBがベース側、VIVIDが海側からの
スタートとなった。海側へ攻め込むFBを相手に防戦する形となったVIVIDは、
エースYoshizumitan選手が奮闘するも、流れを引き寄せるには至らず。
海側有利との大方の予想を跳ね返し、FBが快勝!この試合からFBに移籍した
P TyaN66選手が初のMVP獲得。

WIN    「FINAL BOUT」             50    (15pt+17pt)
LOSE  「VIVID」               33     (0pt)

79_final_bout_vs_vivid_r2
MVP P TyaN66  (FINAL BOUT)  (5pt)



ラウンド3 AGCチームキング  AGC THE PIT 05

ラウンド2までのポイントが FINAL BOUT 84ptVIVID 0ptの為、オブジェクティブ
ルール選択権をFINAL BOUT、マップ選択権をVIVIDが取得。
その結果、3ラウンド目はAGC THE PIT 06での、チームキングに決定。
チームトータルのK/D差+42、エリア確保時間差155秒という圧倒的な力を
見せ付け、FBが1、2ラウンドに続きオブジェクティブルールを圧勝!
予選リーグの暫定トップに立った。MVPはこれでYoshizumitan選手に並ぶ通算
3度目の獲得となった FBのx BaRkuN選手。

WIN   「FINAL BOUT」     250sec         (25pt)
LOSE  「VIVID」                95sec
       (0pt)
MVP    x BaRkuN  (FINAL BOUT)     (5pt)

79_final_bout_vs_vivid_r3
AGC予選リーグ第3戦 第2試合 最終獲得ポイント

    「FINAL BOUT」 114pt     「VIVID」 0pt


                   Over Lord Voice !!


FINAL BOUT
NicoLLLLLLLLLLL選手

「H.GROUNDでの試合は初という事でチームがちゃんと機能するか不安は
 ありましたが、うまくまとまってくれたと思います。」


VIVID リーダー daccha選手
「いやぁ・・・・もう、言う事ないです。とりあえずすいませんでした。。。。」

以上の結果で終了しております。両チームの皆様お疲れ様でした。


JAGL AGC official  2008.07.19

|

2008年7月20日 (日)

3-1 「JHK」vs「Round④」

AGC開幕戦 予選リーグ第3戦 第1試合     2008.07.18 (FRI)

    「Japan HALO Kyokaivs「Round④」

大会第3戦第1試合は、JHKvsRound④の互いに初勝利をかけた一戦。
レギュレーションの改正により、試合中にofficialが介在しない事になって初の
試合です。R4のスタメンには新登録選手g0ru5 13選手が登場!

ラウンド1 AGCチームスレイヤー  H.GROUND 06
全MAPの中でも特殊な地形となるH.GROUNDでの戦い。スタートはJHKがベース、
R4が海側から。見晴らしも良く開けた場所が多い為、両チームとも第2戦とは
BR主体。中距離戦でペースを掴んだRound④がリードを奪い逃げ切りに成功。
MVPもR4のm0827y選手が獲得し嬉しい初勝利、初ポイント、初MVPとなった。

WIN    「Round④」              50    (15pt + 14pt) 
LOSE  「JHK」                       36   (0pt)

7agc_r4vsjhk_r1_3
MVP  m0827y (Round④)  (5pt)



ラウンド2 AGCチームスレイヤー  AGC H.GROUND 06

続くラウンド2は自陣を入れ替えてのスタートとなった。BRでの援護力に勝るR4に
対し、どちらかというと個人スキルで勝負を挑むスタイルとなったJHK。苦戦を
強いられ、強武器の確保がなかなかできず流れを奪い返せない。第2戦で活躍を
見せたPMUB選手の不振も影響か!?結果は1ラウンドに続きR4に軍配。
スナイパーでの活躍を見せたR4のsuper ryooooooo選手がMVP初獲得!

WIN    「Round④」               50    (15pt+22pt)
LOSE  「JHK」              28     (0pt)

7agc_r4vsjhk_r2
MVP super ryooooooo  (Round④)  (5pt)



ラウンド3 AGCチームボール  AGC GUARDIAN 06

ラウンド2までのポイントが Round④ 76ptJHK 0ptの為、オブジェクティブ
ルール選択権をRound④、マップ選択権をJHKが取得。
その結果、3ラウンド目はAGC GUARDIAN 06での、チームボールに決定となった。
序盤、激しいボール争いが繰り広げられるが、各選手のスキルを考慮したポジション
を取る事に成功したR4が、大量リードを奪うとそのまま一気に逃げ切った。

MVPはボールキープに徹したR4リーダーVINCE RENO選手!一方敗れたJHK、
初勝利はおあずけとなってしまったが、AGCエントリーの中でも今一番の成長株
チーム。次戦に期待したい。

WIN   「Round④」     200sec          (25pt)
LOSE  「JHK」            52sec
         (0pt)
MVP    VINCE RENO  (Round④)   
(5pt)

7agcr4vs_jhk_r3
AGC予選リーグ第3戦 第1試合 最終獲得ポイント

    「Round④」 106pt     「JHK」 0pt


                   Over Lord Voice !!


Round④
リーダー VINCE RENO選手

「皆で勝ち取った初勝利!特にsuper ryoooooooさんがMVPを
 獲得できた事が 嬉しいです。ありがとうございました!」


Japan HALO Kyokai リーダー tawashoo選手
「相手チームの連携にやられました。チームとしての調子も良くなかったですね。
 次戦もがんばります。」


以上の結果で終了しております。両チームの皆様お疲れ様でした。


JAGL AGC official  2008.07.19

|