« 2009.11.22 更新情報 | トップページ | 2009.11.29 更新情報 »

2009年11月29日 (日)

AGC2009 2ndSTAGE FINAL 「Next DimensioN」vs「Lower Reg1oNs」

AGC2009 2nd STAGE FINAL 2009.11.14 (SAT)

      「Next DimensioN」vs「Lower Reg1oNs」

開催2年目となった2009年度の締めくくりとなる1戦。ここでLower Reg1oNsが1st
の王者Next DimensioNを見事打ち破る事が出来れば、09年度総合王座の行方は
最終決戦グランドファイナルへ持ち越される事となる。また、Next DimensioNが1st
に続いて連覇を成し遂げれば、2nd王者になると同時にグランドファイナルを待たず
して09年度AGC総合王座を手にする。いずれにせよこの両チームの戦いは、日本
Haloチーム、そしてプレイヤーの頂点を決める激しいものとなるだろう。ただ、王者
NDはこの日、前試合でも好調を示していた天才肌のエースVit Alfy(1stでは
Fomalhaut15)選手がスタメンから外れ、リーダーaKa BarK選手もボイスチャットに
よるコミュニケーションが出来ないという状況。これはこの試合を占う上で大きな要素
となり得る事だが、そこに付け入る隙があるとするならば、Reg1oNsは迷わずにその
死角に刃ならぬ銃弾の雨を浴びせるべきだろう。日本の頂点をかけた試合に臨む
両チームの決戦、09年度AGC最終章の幕が遂に上がる!

ラウンド1 AGC09 2nd TS : AGC Pit 092  

2nd STAGE FINAL。その命運を占う上で重要なファーストラウンドが幕を開けた!
まず先制点を挙げたのはNDのZephyrltSelf選手。一方でSRの確保に向かっていた
halomom選手だったが、目的を同じく向かっていたLRのJaX4tioN選手とエース
super ryooooooo選手によってダウンを奪われた。カスタムオーブの争奪となった
のはNDのYolshy選手とLRのVeX4tioN選手。オーブに向かって一直線なVeX4tioN
選手に対し、Yolshy選手はグレネードで牽制。まるでVeX4tioN選手の位置が分かって
いるのではないかと思うくらい正確な位置に落ちるが、わずかに爆風を逃れた
VeX4tioN選手がオーブを取りYolshy選手からダウンを奪った。だがノーマークだった
aKa BarK選手がロケットランチャーを、復活したhalomom選手がビームライフルを
確保する事に成功し、LR勢を一掃して形勢は更に逆転。ここから終盤にかけてLRが
NDを追う形になった。同点~4点差の間を争う接戦はどちらが勝ってもおかしくない
試合となったが、開始から7分18秒 47-47で同点に持ち込んだReg1oNsは、この
タイミングでVeX4tioN選手がロケットランチャーを手に打ち合いを続けるNDの側面
を突き奇襲!これが決定打となり、7分22秒ラウンドオーバー。MVPは1st STAGE
での雪辱を果たしたLR GG ryuta選手。
(Rep : jyon13)

WIN    「Lower Reg1oNs」          50
LOSE  「Next DimensioN」          47 

2009_2nd_final_nd_vs_lr_r1_2
MVP  GG ryuta (Lower Reg1oNs)



ラウンド2 AGC09 2nd CTF : AGC Pit 092


前ラウンドでは一瞬の隙を突き逆転勝利をおさめたReg1oNs。そのままの勢いで
このラウンドも勝利し、リードを保ちたい所。対するNDはエースaKa BarK選手の
調子が上がってこない様子。ボイスチャットが出来ない事が影響しているのだろうか?
なんとしてもこのラウンドは勝利し、イーブンに持ち込みたい所だろう。互いにフラッグ
を手にするも堅い守りに阻まれて得点まではなかなか結びつかず、試合は長期戦の
様相を呈する。試合開始から約4分といいう所でフラッグを手にしたのは、Reg1oNs
のGG ryuta選手。ダウンを奪われるもののこれをVeX4tioN選手が上手く繋いで
Rwg1oNsが先制!更にReg1oNsはGG ryuta選手が畳み掛けるように再度フラッグ
を争奪。NDも負けじとほぼ同時にaKa BarK選手がフラッグを奪い、両チーム揃って
戦闘になるが、ここもReg1oNs勢が押し切って自陣に持ち帰る事に成功。リーチを
かけた。が、ここで勝負強さを見せたのは王者ND。難しい局面を迎えつつも反撃の
糸口を掴み、ここから同スコアに持ち込む事に成功すると、更にaKa BarK選手が
Reg1oNsの一瞬の隙を突いてフラッグを奪取!ここでいつものチーム力を発揮した
NDが、確実にこれを援護してそのまま自陣へ一直線。18分58秒に3ポイント目を
入れてNDが見事な逆転勝利を飾った。MVPは逆境に怯む事無く冷静に行動、2本の
フラッグを入れたND ZephyrltSelf選手!
(Rep : jyon13)

WIN    「Next DimensioN」          3
LOSE  「Lower Reg1oNs」          2

 
2009_2nd_final_nd_vs_lr_r2
MVP  ZephyrItSelf (Next DimensioN)



ラウンド3 AGC09 2nd Ball AGC Gua 092


ラウンドカウントはこれでイーブン!試合はここから更なる激戦へ突入する。まず
最初にボールを手にしたのはReg1oNs。味方の援護射撃を受けつつ、接近戦を得意
とするsuper ryooooooo選手が突っ込んでカスタムオーブを取ると、そのままボールを
持ってブルーエリアへ入りJaX4tioN選手と陣形を整える。が、この流れを読んだNDの
エースaKa BarK選手がワープからの強襲によってダブルキルし、ボールはNDの手へ
渡る。ここから両者互角の大接戦が展開!開始から9分の時点で両チームのスコア
はNDが186!対するLRは190!わずかなリードを守ってこのままLRが逃げ切るか
と思われたが、aKa BarK選手がボールを持っていたVeX4tioN選手に襲いかかる。
これに対して危機を悟ったVeX4tioN選手はボールごと落下して時間を稼いだが、
初期位置に戻ったボールを手にしたのはなんとND!すぐに奪還に向かうReg1oNs勢
だったが、im J1GsAw選手の投げたプラズマグレネードは先行していたチームメイト
JaX4tioN選手がナイスキャッチ・・・。最終的なスコア差を考えると、このミス一つ
が無ければ勝利していたのはReg1oNsだったかもしれない。自らのコンディションを
考慮し、このラウンドでは珍しくオブジェクターに徹したaKa BarK選手がMVPを獲得。
(Rep : jyon13)

WIN    「Next DimensioN」          200
LOSE  「Lower Reg1oNs」     195    

2009_2nd_final_nd_vs_lr_r3
MVP  aKa Bark (Next DimensioN)



ラウンド4 AGC09 2nd TS : AGC Nar 092  


ラウンドカウント3-2。Reg1oNsリードで迎えたRd.4は、両チームとも決勝第1試合で
圧勝を飾っているAGC Nar 092でのスレイヤー戦。ND、LR共にBRでの中距離戦は
得意とするところだが、わずかにレンジの長いNext DimensioNが優位に進めていく
のではないかと思われた。しかし、いざ試合が始まると先にプレッシャーをかけたのは
Reg1oNsサイド。ポイントとなるマップ中央から相手陣を狙う体制を築くと、そこから
常勝パターンに持ち込むべく一気に攻勢をかける。対するNDはhalomom選手を
中心に体制の立て直しを図るが、Reg1oNsはここでも冷静に対処。深く攻め入る事
はせず、あくまでも中央でのチームプレイに徹するクレバーさを見せて王者NDの
お株を奪う連携プレイで見事な勝利!これが初MVP獲得となったReg1oNs、
JaX4tioN選手のリプレイからも徹底したチームプレイが垣間見える。唯一残念
なのは、リプレイからはReg1oNsのボイスコミュニケーションを聞く事が出来ないと
いう事だ。
(Rep : eo555)

WIN    「Lower Reg1oNs」          50
LOSE  「Next DimensioN」          40 

2009_2nd_final_nd_vs_lr_r4
MVP  JaX4tioN  (Lower Reg1oNs)



ラウンド5 AGC09 2nd CTF : AGC Nar 092  


ラウンドカウントは2-2!これでまたカウントはイーブンとなったが、勢いはまだ
Reg1oNsサイドにあるように見える。しかもRd.5はRd.4と同マップを使用したCTF戦の
為、前ラウンドの勝ちイメージをそのまま引き継ぐReg1oNsが心理的にも優位か?
1st FINALではこのシチュエーションで初勝利して、そこから流れを作っていった
Next DimensioN。その再現をするかのようにhalomom選手がReg1oNsの不意を
突く形でフラッグを手にすると、上層での激しい戦闘を他所に下層をひた走り先制点
を挙げ、反撃の狼煙を上げる。これに対してReg1oNsは、スレイヤー戦に続いて
あくまでもチームで攻め入る形で対抗。チーム全員がラインを上げて行くReg1oNsと、
その隙を突く奇襲でカウンターを狙うNext DimensioNの戦いは、まるでサッカー等の
他スポーツを思わせる試合展開だ。両者の争いはここでも互角となったが、3ダウン
を奪う事に成功したReg1oNsはim J1GsAw選手がこのチャンスを見逃さずにフラッグ
を獲得。自陣に進入していたaKa BarK選手をメンバーがきっちりと排除してこれを
迎え入れた。これでラウンドカウントは3-2!王座奪取まで遂にあと1ラウンドと
迫ったReg1oNsに対し、国内大会初黒星の危機を迎えたNext DimensioN。しかし、
この状況で勝利を確信していたのはReg1oNsだけでは無かったようだ。試合で勝利
したReg1oNsだったが、MVPを獲得したのはNDのhalomom選手。これは何を意味
するのか?

WIN    「Lower Reg1oNs」          3
LOSE  「Next DimensioN」          2 

2009_2nd_final_nd_vs_lr_r5
MVP  halomom  (Next DimensioN)



ラウンド6 AGC09 2nd TS : AGC Mid 092  

Rd.6は、FINALの定番マップとなっているAGC Mid note 092でのスレイヤー戦。NDに
とってはここが正念場だ。この日スレイヤー戦でまだ勝利が無い上に、心理的にも
追い込まれている状況。そして、ここでの敗北は国内最強を背負う彼等にとって、
とても大きなものを失う事を意味する。その重圧は彼等にしかわからないはずだ。
しかし、この難しい局面において何より信じあえる仲間との強い絆が彼等にはある。
そしてそれこそが彼等の本当の強さだといえるだろう。序盤から中盤まではわずかに
Reg1oNsペースだったが、折り返し点である25Kを過ぎた辺りからNext DimensioN
の連携に厚みが出始め、流れを逆転させた。リスポーンを繰り返す事となった
Reg1oNsは態勢の建て直しを計るものの、NDの常勝パターンである多数vs1の構図
から逃れる事が出来ない。更に終盤に入ると、これまで不調だったNDのエース
aKa BarK選手のコンディションに復活の兆しが見え始め、それに呼応するかのように
NDの勢いが加速。終盤まで一気にカウントを稼いだ。これでラウンドカウントは三たび
振出しへ!1st STAGEに続き、2nd STAGE FINALも勝負の行方はファイナルラウンド
へ持ち越される事となった!MVPはNDのaKa BarK選手が獲得。ここに来て本来の
力を取り戻したNext DimensioNを相手に、Lower Reg1oNsが最後の戦いを挑む!

WIN    「Next DimensioN」          50
LOSE  「Lower Reg1oNs」          38      

2009_2nd_final_nd_vs_lr_r6
MVP  aKa BarK  (Next DimensioN)



ラウンド7 AGC09 2nd TS : AGC Con 092  


遂に試合はファイナルラウンド!最早カウントに意味は無い。このラウンドの勝者こそ
が2nd STAGE勝者であり、今現在の日本最強のHaloチーム、プレイヤーとなる。
決戦の舞台はAGC Con 092。有効レンジがショートからロングまでプレイヤー毎に
異なるこのステージでは、チームの連携も然る事ながら個人の技量が一瞬一瞬の
明暗を分ける。そしてここでその実力を遺憾無く発揮したのが王者Next DimensioN。
チーム力を見せたRd.6とは対照的に、1vs1の局地戦でその一人一人のレベルの高さ
を魅せた。水を得た魚という表現を体言するかの如くマップ内で遊撃を続けるND勢
に対してReg1oNsも個人技で応戦を試みるが、ここまでチームを支えてきたGG ryuta
選手、高い個人スキルを持つim J1GsAw選手までもが次々とダウンを奪われる。
NDに、そしてaKa BarK選手に憧れを抱き、今同じステージで勝負を挑む若きエース
super ryooooooo選手にとって、この試合は貴重な体験となるだろう。最終スコアは
50 vs 30。この日初の圧勝を飾ったNext DimensioNが、劣勢の中、自らが課した
重圧を跳ね返してAGC 2nd STAGE王者となった。そしてこの勝利により、1st、2nd
連覇となったNext DimensioNが、同時にAGC2009総合王座に上り詰めた。

WIN    「Next DimensioN」          50
LOSE 「Lower Reg1oNs」 30

2009_2nd_final_nd_vs_lr_r7
MVP aKa BarK (Next DimensioN)





AGC2009 2nd STGAE FINAL 最終結果 

2009 2nd WINNER 「Next DimensioN」          4
               Second 「Lower Reg1oNs」          3



            
             Over lord Voice !!

Next DimensioN  aKa BarK選手
「・・・・

(※この日、会話が出来ないトラブル?に見舞われたBarK選手。その為試合後
 のコメントもいただく事ができませんでした。残念!)


Next DimensioN  halomom選手
「今回のFINALは本当に接戦で、久しぶりにHaloをプレイする事の楽しさや
 チームで戦う事の楽しさ、勝利する事の喜びを実感しました。Reg1oNsの皆さん
 はホントに強くて序盤は圧されていましたが、久々に興奮する良い試合が
 出来た事に感謝しています。ありがとうございました!」

Next DimensioN  ZephyrltSelf選手
「正直これ程の接戦になるとは思っていなかったので疲れましたが、楽しかった
 です。先に王手をかけたのはReg1oNsでしたし、前試合のように3本先取制
 だったら負けていた事になるので、本当に危なかった・・。後半に入ってウチの
 エースがようやく調子を取り戻してくれたので助かりました。2ndはエントリー数
 が少なかったですが、最後まで試合ができて良かったです!

Next DimensioN  Yoslhy選手
「えー・・・・(10秒沈黙)・・・・勝てて良かったです。(笑)

Lower Reg1oNs VeX4tioNmmwmmm選手
「今季はメンバーを固定して臨んで、それがとても良い形となっていたのですが、
 最後の最後にチームの足を引っ張る形となってしまい申し訳無く思ったのと
 同時に、これまで一緒に戦ってくれたメンバーに感謝しています。本当はこの
 試合を最後に引退を考えていたのですが、今回の試合と結果で思う所も
 あるので、来季があるのであればまた参戦する事を決めました!」


Lower Reg1oNs im J1GsAw選手
「負けたのは悔しいですが、良い勝負、良い試合が出来たと思います。」

Lower Reg1oNs GG ryuta選手
「お疲れさまでした。とても楽しかったです!」

Lower Reg1oNs JaX4tioN選手
「○○□□×■●ポゥポポーゥ!●○△△※×」

Lower Reg1oNs super ryooooooo選手
「楽しかったです。NDの皆さんと試合が出来た事を光栄に思います。」

AGC official eo555
「1シーズン2ステージ制とDivisioN制を導入した今季のAGC。この試合は、
 150名以上のジャパンHaloトッププレイヤー達が繰り広げた激闘の締めくくり
 であり、その頂点を争うに相応しい試合だったと言えるでしょう。1st王者にして
 自他共に認める日本最強チームNext DimensioN。そのNext DimensioN
 打倒を最初から掲げ、VeX4tioN選手によって立ち上げられたジャパンエリート
 チームLower Reg1oNs。この2チームによる最終対決は、なるべくしてなった、
 いわば運命のようなものだったのかもしれません。日本プレイヤー、特に家庭
 用ゲーム機と呼ばれる括りの中で活躍する日本のアスリートプレイヤーを取り
 巻く環境は未だ厳しい状況ですが、世界を相手に出来る程の力を秘めた彼等
 の存在を、少しでも多くの関係者の方々やゲームを愛するたくさんの仲間達に
 知ってもらいたいと願うと同時に、今試合を含むAGCに刻まれた試合の記録
 がTVゲームというものに関わる多くの方々の目に留まる事を祈りつつ、今季
 の幕を下ろしたいと思います。選手として参加されたプレイヤーの皆さん、
 本当にお疲れさまでした。AGCを通して皆さんとお会いできた事を本当に
 嬉しく思っています。そしてご協力下さった関係者の皆様、今季も本当に
 ありがとうございました。私達スタッフだけでは、このような大会には到底
 出来ませんでしたし、皆様のお陰で選手の活躍をより多くの方々に見て
 いただく事が出来ました。最後にスタッフとして活動してくれたRound④の
 面々。本当にお疲れ様でした。限られた私生活での時間を一人一人がかき
 集めてくれたお陰で、今季も無事に最後まで成し遂げる事が出来ました。
 本当にありがとう。来季の活動については現状ではまだ未定ですが、今は
 選手、運営共に、それぞれの時間をゆっくりと過ごしていただきたいと思い
 ます。
。」

以上の結果で終了しております。両チームの皆様お疲れ様でした。 

JAGL Round④ AGC official eo555 2009.11.29 PM 19:55                            

|

« 2009.11.22 更新情報 | トップページ | 2009.11.29 更新情報 »