2005.09.19

裏総集編

昨日は夜9時に気を失うように眠ってしまったeo555です。
なので更新できませんでした~・・・・すみませんね。

今日は「Round④青函サミットストライク」の総集編です。
まだ何枚か未公開の写真が残っていたのですが、
更新忘れでタイミングを逸した感がありますので、ここらで一気に公表して
しまわなければ、たぶんもう日の目を見る事はないのではないかと・・・。
では、公開してなかったサミット2日目の様子をまとめてご紹介っ!

                  「Mr.レインマン」
DSC00144え~とコレはyuura君ですね。
ちょっと見づらいですが、バックは雨の青森です。
実はyuura君は自他共に認めすぎる程の雨男。
mr.レインなのです。イベントというイベント時に
ほぼ100%の確立で雨を降らせるyuura君。
サミットも例外ではありませんでした。
全員、心の中で「あ~やっぱり・・」
もはや疑う余地なんてございません。
全日本雨男選手権ならまず間違いなくチャンピオン!
世界も夢では無いほどの持って生まれた才能です。
水不足でお悩みの農家のおじいさんから運動会に出たくないちびっこまで、
皆様からのご依頼お受けいたします。

                  「リアルチーフphazon」
DSC00145やっと出ましたこの写真!!
これがリアルphazonさんの両手持ちです!
いやいや決まってますね~(^ ^)
横にいるジャミラっぽい生き物はクランメンバーの
ryo君です。phazonさんの華麗なプレイを
何故か心配そうに見ておりますが・・・・
どしたんでしょうね?
たぶん、次々とやられていく敵の姿に
自分を重ねているのでしょう。南無ジャミラ・・・・

                  「ゲームオーバー」
DSC00146コレはもうホントに最後。
帰りのフェリーに乗船する間際に撮った1枚です。
phazonさん、まだ一緒にいてくれてますね。
本当に最後の最後まで付き合ってくれましたね!
今度phazonさんが函館に来た時は、
函館勢がとことんご案内しますからね!
ここでサミットの2日目も終了です。


                  「力尽きるまで・・・・」
DSC00147帰りのフェリーは行きと違ってゆったりのんびり。
自由にゴロゴロできるほどの陣地を確保しました。
すっかり皆さんオツカレのご様子。
でも、函館に着く1時間前まではみんなで
サミットでの出来事を思い出しつつ、
笑い転げてました。BaGGさんからいただいた
お菓子を食べつつゴロゴロゴロ・・・・
帰ったらまた仕事に学校ですね。

                  「guebaraさんから」
DSC00153これはguebaraさんからお土産にいただいた
ねぶたグッズの一部です。
コレ確か金魚ねぶたって言うんですよね?
(ってそのまんま?)
このほかにも色々といただいちゃいました!
guebaraさんありがとう!!
今度はねぶた祭りに合わせて青森行きたいです。
金魚かわえぇなぁ (*^o^*)


以上!
一気にご紹介!なんて言った割には・・・・
5枚しかありませんでしたとさ。
でも、今思い返してもサミットはホント楽しかったですね~。
もっといっぱい写してきたかったんですけど、出発前にあたふたして
ケータイのメモリを忘れて行っちゃったeoなのです。
だから常に押し出される形で削除されていった写真もあったりしたわけですが、
よく考えたらメモリ一杯の写真なんて・・・・
ブログに載せていったら、それこそ「いつ終わるの!?」って事になってたかも。
なので、コレでよかったって事にしておきましょ。

ryo君が海浜公園でアクロバティック&エンターテイメントに転んだ様子を
記録に残せなかったのが唯一の心残りですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.08.30

「青函サミット あとがき」

さてと!
今日も一日皆さんお疲れ様でした!
eoはお休みだったので旧友とご近所観光地へ遊びに行ってきたのですが、
立ち寄った釣り堀で20cm位の鯉を釣りましたー!
あ~なんか釣りが最近楽しくなってきたかも・・・・



         「青函サミットストライク2005サマー編 あとがき」

思えば・・・・遠くへきたものだなぁ。


いつかのサミット編の更新記事の中でこんな一文があったと思います。
本当に色んな事があったRound④サミット。
楽しい事に嬉しい事、驚きや感動!
思い出やエピソードを語りだしたらホントに限りない一日でしたけど、
その感想を一言で表すのならば、eoの答えは冒頭の一文となります。


2004年8月
そう、去年の今頃といえば確か・・・・

昨年3月末に初Live接続したeoが、どうしても4人でボイスチャットPSOをしたいが為に
周囲を勧誘し始めてからちょうど5ヶ月が過ぎた頃。
yuura君、DATSUN君、akira君の3人をようやく引きずり込む事に成功したeoは、
そのパーティーで毎夜夢中になってPSOをプレイしていました。
ボイスチャットのラグなんて全然関係無し。とにかく楽しくて楽しくて!

そんな4人がたまにリアルに集まった時に決まって対戦プレイしていたソフトが
前作のHALOでした。
乗り物を乗り回したり、スナイパーで狙撃したり、派手に撃ち合ったり!
異様に盛り上がるこのソフトに続編が出るというウワサは当時から聞いてましたが、
その頃はまだクランシステム等の詳細は知る由も無く。
雑誌の画像写真を何度も見ては、ただひたすらその発売を楽しみにしていました。


クランの存在を知ったのは発売の1ヶ月くらい前の事。
yuura君が「クランってのがあるらしいっす!」と鼻息も荒く教えてくれました。

    eo  「クラン??何?」
 yuura  「なんかオンライン上で組めるチームのコトらしいっすよ!!」


気に入ったソフトがあると、発売前からネット等で徹底的に調べる気質の
yuura君だったので、新情報が入る度にeoに少し自慢気に教えてくれる日々が続き、
eoもちょっと興奮気味になっていきました。

HALO2発売の3日前。
そろそろ本気でクランの名前考えなきゃ!って事になり、二人は今で言う所の
「Round④会議室」(びっくりドンキー函館東山店)で顔を突き合わせながら
これから4人で楽しむであろうクランとかいうチームの名称を熟考。
何個も候補は上がったのですが、どれもパッとしたものは浮かばずに
だらだらと討論を繰り返す事5時間。

「オレ達4人が繋がったのは職場だから、なんか職場に関係した言葉がいい」

「あんまり長い名前はイヤだ」

「英名の場合、訳す事で意味のある言葉(例えばグレートなんだか!とか
 ホーリーなんとか!)はカッコ悪いからやめよう」


最後にこの3つがコンセプトとなって、「ラウンド」という言葉がようやく決定。
あとはこの4人で楽しむ事しか考えてなかったので4をくっつけてラウンド4。
                    ラウンド4!
この当時TFLOの一件で話題となったLEVEL5みたいな名前だなぁ・・・ちょっとなぁ・・
とか思いつつも、ラウンド4と発音した時の響きの良さに両者ピンときたらしく
二人の意見はようやく合意。ココに誕生です。

           俺達のクラン名はラウンド4だ!

「増えるワケないと思うけどさ・・・もし増えて10人とかになったらどうする!?」
「全国にフレンドが出来たりしてさ!毎晩一緒に戦ったりとかできたりして!?」
「ラウンド4?聞いた事あるよ! とか言われたら嬉しいなぁ!って・・あるワケないか」
命名から発売までの期間をそんな会話を繰り返しながら心待ちにしていました。


あれから・・・・
あと10日もすれば10ヶ月の月日が経とうとしています。
当初の4人で立ち上げたラウンド4というクランは、様々な出会いと別れを繰り返し、
偶然と必然の中で出会う事が出来た仲間達と時間の共有を重ねながら、
今日、今現在存在するジャパンクラン「Round④」へと成長してきました。

1年にも満たない、人生の中ではほんのわずかな時間の中にも関わらず、
クランを通して得る事が出来たもの、経験出来た事、与えてくれた思い出、
その大きさに改めて驚かされると共に、その時々に力一杯込めてきた自分達の想い。

サミットの場へ入ろうという時に、それらが胸一杯に広がりました。
そんなeoの想いが全て詰まった言葉。それこそが

            思えば・・・・遠くへきたものだなぁ。

だったのでした。
今では当初の創設メンバーで現役なのはeoとyuura君の二人だけなので
本当は「Round」なのかもしれませんが・・・・(- - ;)

いいんです!
だって今ではRound④のフォーは4人だからのフォーではなく
「for you」のフォーって事に決めてますから!
え?そんなの後付けだ・・?
すいません、でもいいんです。そうって事にしたんです!

まぁ、サミットだけでも文にするとあんなに長くなっちゃうeoなんで、
Round④の今までの思い出なんて書き出したら、少なくとも来年の更新までは
その話になっちゃうのでここら辺でやめときます。

でも最後にもう一言だけ言わせてくださいよ!
Round④の皆さんって、ホント最高です!
これからも色んな事があると思いますが、その都度eo&yuura君は
全力を尽くしていきますので、この先もずっとずっとよろしくです!
たぶんeoはおじいちゃんになっても

「わし・・・・らうんどほーっちゅうもんじゃがの・・」

とか言ってますよきっと (^^)


あ~・・
やっぱ一言で終わらなかったかぁ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.28

「青函サミット 激闘編 ~そして伝説へ~」

はぁ~・・最近気持ちがたるんでてダメです!
生活が不規則な上に寝る時間が増えてきて、以前だったら絶対しなかった
二度寝が当たり前のようになってます。
イカンイカンイカン!そんなんじゃ~ダメだー!!!
ちょっとeoもMAGUSさん見習ってランニングでもしてみます。


                                          そろそろ終わる  8月13日(PM11:10) です

okkさん行き付けのバーで人生初のダーツ対決を経験したリアルRound④。
昼間っから常にハイテンションを維持してきたお陰で体力的に限界が近い一行は、
最後の対決ステージとなるカラオケ屋へと移動した。


各自様々な酔っ払いっぷりを鼓舞しながら辿り着いた先は、ピンクのネオンの
屋根付き駐車場にくっついたカラオケ屋。この照明にこの構造・・・
okkさん、ココって以前はカラオケ屋じゃないんじゃ・・(- -;;)
まぁそんな事は大事の前の小事です。一行、雪崩のように受付へ突入!
案内されたルームは以外に広く、何故か壁は全方位鏡張り。
okkさん・・・・コレ・・・・ちょっと・・やっぱり。。。。(o_ _)o=3

まあまぁ、いいじゃありませんか。
そんな事より!
長かった戦い(戦い?)もいよいよココがラストラウンド!
全員、気力も体力も底を尽き初めてきましたが、燃え尽きるのも又ヨシ!
最終ラウンドカラオケ青函歌合戦だー!!

「おー・・」

あ、あれ??
ホントはここで「うぉおおぅ!!」くらい聞きたかったんですけどね。
皆ホントにKO寸前、かくいうeoも疲れと風邪悪化で「寝たら死んでしまうぞ」状態。
でもカラオケはサミット出発前からokkさんと約束していた決戦の場。
時はきたれり。いざ背水の陣!
背水の陣の使い方が間違っているような気もしますが、eoの人生自体が
既に背水の陣なのでいいって事にしといてください。

コラそこ寝るなー!始めるぞー!
たぶん皆の本音は「帰って寝させてくれ」なのでしょうが許しません。
お忘れですか!?ラウンド4の「ラ」は我が子を思うが故に千尋の谷へと突き落とす
ライオンハートの「ラ」なのです。
って事でラストバトル無理矢理開始。

IMG_0252函館TOPバッターはカラオケ得意中の得意!
バンドボーカルの経験もあるGolgo君。
似つかわしくない程の高音も(失礼・・!)
地声でクリアー!ボーカル経験者だけあり、
声量とノリでまずは場をリードしていく!
さすがー!ノせてくれますね~。


IMG_0253続いて登場したのは当然このヒト!
もはや青森勢の特攻隊長と行った感じの
キャプテンokk!なんとokkさんもボーカル経験ありで
今現在もクラブでDJやったり歌ったりしてるそう。
スゲー!eoはラップがウルトラ下手ッぴなので
okkさんスゲーカッコイイyo!
すんません・・ちょっとムリしました。

ここらで本気リタイアしたのがBlack Hoguさん。酔拳の使い過ぎでKO確定です。
ふと横を見ると「もう満足」の笑みを浮かべて寝観音となっているchichi君の姿も。
もう順番なんてどーでもいいや!!ラストだ!フィナーレだ!!
歌いたいヤツはドンドン行けーぃ!!
IMG_0254そこで登場したのは裏オーバーロードのyuura君。
普段遊ぶ機会は多いeo&yuura君なのですが、
カラオケ来たのはコレで3度目。
いっつもyuura君「カラオケイヤ!」って言うのですが、
さすがにこの日ばかりは違います。
しかも上手いじゃないですか!?ヨーメーン!!


IMG_0255そしてココで今にして思えば超貴重な場面に遭遇。
津軽の名コンビ、guebaraさん&BaGGさんが
電気グルーヴでナイスデュエットを魅せた!
「誰だー!誰なんですかー!!」はこの日の
決め台詞となり、一同爆笑させていただきました。
こんな愉快なお二人の姿はココでしか見られません!


IMG_0256出たー!見てくださいこのヒト。
Round④に「ジャミラブーム」を巻き起こしたryo君です。
若干17歳ながらこの達観した歌いっぷり。
しかも曲は「思い出がいっぱい」です。
もう・・・・
なんなんですかね、この若者は (  ´Д`)


IMG_0257やっぱ若者はこうでしょう!
HALO強い!釣りも強かった!そして
ダーツでもセンスを見せてくれたphazonさんの
歌いっぷりは・・・・
やっぱ最高でしたよぅ♪
なんで彼女いないんですかねぇー??
こんなイイ男ほっとくなんて見る目ないですよ!?

残る力を最大限に搾り出し、熱唱を続けたリアルRound④!
ファイナルバトルも残り時間わずか。次はいつ会えるのかわからない。
全員が会えるとは限らない。
今この時間を悔いの無いよう、最大限楽しもうとするメンバーの姿に
eoも全力で応えます。もう一曲!あと一曲!
IMG_0260魂の限り叫ぶ一同に終わりを告げるコールが鳴った。
最後の一曲。これが本当に最後の一曲。
このラストソングを遥か南のqpさんGRAYさんへと捧ぐ!
とばかりに全員でファイナルシンギング島唄。
聞こえましたかqpさん!僕達みんな元気ですっ!!
バンザーイ!qpさんバンザーイ!!


時間一杯、ゲームオーバー!ラストバトルここに終了
全力を出し切った気持ち良さに包まれながら部屋を後にし、
いざ会計しようとする一同に向かってオーナーと思われるオジサンが
「なんか・・高くついちゃったから半額でいいよ・・。」と告げた。
え??
1時間400円だから2時間で800円×12人で全額¥9,600。
カラオケ屋としてはコレでも十分安いと思えるのだが「高くなりすぎた」と言い放ち
一気に¥4,800のウルトラバリュープライスにオジサン価格変更。
い、いいんですか!?と思わず聞き返しそうになったが、
計算機で9600という数字を叩き出した瞬間のオジサンの顔の方が
よっぽど「イイんですか!?」と問いかけていた。
計算は何一つ間違ってないのに戸惑いを隠せない表情。
失礼を承知で言わせてもらえば、恐らくこの店の会計的に9600という数字は
ココ最近お目にかかった事がない数字であり、それに加えてオジサンが
気が少し弱い+超イイヒトだったが故の半額だったのであろう。
いいんですよ!!商売なんだからそこはしっかり取ってイイトコですよ!!
と心の中で訴えつつもそこはありがたくお言葉に甘えた一行。これもまた思い出。
青森って・・イイトコだなぁ~ (T^T)

帰り道。

一行の足取りが重いのは、何も疲れて酔っ払って気持ち悪いからだけじゃなく、
この心地よい時間の共有が終わりを告げようとしている事実から
ほんの少しだけ目を逸らしたかったからなのかもしれない。
それぞれに去来する思いは何か?


今この道を歩くメンバーはHALO2という1本のゲームソフトから始まった
家庭用ゲームというお遊びの中で偶然に繋がりを持つ事ができた人達。

年齢、職業、生活は異なりながらも、コントローラーを持った時間だけは
誰よりも頼りになる仲間として存在してきた人達。

Round④創設以来の様々な思い出や出来事が浮かんでは消えていく・・・
普段感じる事の出来ない普通じゃない感覚。

長いようで短かった、と言ったらありきたりの表現になるけど・・
本当に充実した時間が今終わろうとしている。

最後に記念撮影。

「また明日、HALOで逢いましょう!」

スグ会える。コントローラーを握ってマイクを繋げばいつものように皆がいる。
わかっているけど・・・・込み上げてくる想いがあるのは、
たぶん、この時間がかけがえのない時間だったと感じているから。
ありがとう皆に会えてホントに良かった!
今日、この場に集まってくれたみんなに!
今ココにはいないRound④の大切な仲間全員に!
ありがとう!ありがとう!

2005年 8月14日 AM 1:30
今ここに「Round④青函サミットストライク2005サマー」は幕を閉じたのでした。IMG_0261
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.27

「青函サミット 激闘編④」

皆さんいつもご覧になってくださってありがとうございます!
気がつけば昨日の更新で150回目を迎えておりました。
自分でも「あぁ・・よくこれだけ続いてるなぁ」って。
一人だったら絶対ムリ!皆がいてくれるからこそのeoブログですから!
なのでこれからもよろしくお願いしますね d(^0^)b


               8月13日(PM 9:00)終わりません・・

居酒屋での交流戦を終え、すっかり気分がよくなっちゃったリアルRound④一行は
更なる戦いを求めてステージを移動するのだった・・


青森市街を舞台に毎夜戦いを繰り広げている(らしい・・)キャプテンokkさんに
導かれるままに、辿り着いた先はかなり小さく雰囲気のあるバー(バーなのか?)。
入るなり慣れた口調でマスターと交渉してくれた。

「飲み放題~!¥2,000なり~!!!」
お酒は苦手なので普段は全く飲みに出歩かないeoにとっては高いんだか安いんだか
わからなかったが、皆が「お~!」とか盛り上がってるとこ見ると安いのであろう。
さすがホーム!eoも行き着けのお店とかがあったらなぁ・・なんてちょっと憧れる。

狭い店内の真ん中には「コレやんなきゃ何しに来たのよ!?」ってくらい
ドドーンとダーツが設置してあった。
このシチュエーション、もはや言わずもがな・・・・。
青森vs函館、本日三度目となるバトルの幕開けだ。

「ヨシ!今回の先鋒はなんちゃってスナイパーのGolgo君だ!」(おぉ~!)
「そう来るなら青森勢の一番手はオレ様キャプテンokkだ!!えぇえ~!?)

またしても青森勢は初戦からキャプテンを投入!もう100%勝つ気だ!
なんたってこの中でダーツ勝負の経験どころか、
ルールをちゃんと知っているのはokkさんだけというレベルなのだから。
そのokkさんの説明によると・・
双方に301ptずつが与えられて、射抜いたptの分だけそこから差し引いていき、
最後の残りptと同じ数字へショットを決めて、
相手より先に自分の残りptをゼロにすると勝ちなのだそうだ。
そしてオリジナルルールとして、今回の敗者はグラス一杯のテキーラを
イッキ飲み
しなければならないという追加がなされた。
そのルールの名は「負けたらテキーラだから負けテキ」 (by okk)
負けテキ・・・・okkさん、そのまんまっス。

1vs1、いわばHead to Headの勝負に両陣営のテンションはヒートUP!
傍目にも慣れた手つきで矢を投げるokkさんに対し、初挑戦ながらも応用力で
対応するGolgo君だったが、なにせ相手が悪い。
もはやこの勝負、誰の目にもGolgo君が「かませ犬」と映った事であろう・・。
ウデの違いをまざまざと見せつつ、着々とpt差を広げていくキャプテンokk!
だがしかし!!
IMG_0248普段はほとんど当たった試しが無いスナイパーGolgoの
奇跡とも言えるリアルヘッドショットがココで炸裂!
しかも2発連続!!
ダブルkillよろしく一気にその差を詰めたのだ!
盛り上がる函館勢の声援を受けるGolgo君。
こうなると彼は強い。

乗せるとホントにどこまでもノっちゃう性格が幸いし、見事このチャンスをモノにして
津軽のダーツマスターokkさんを大逆転撃破!!
「スゲー!!スゲー!!やっちゃったよー (o^ O^)シ」
誰もが予想だにしなかったGolgo君の勝利。
コレには函館勢に加えて、青森勢からも賞賛の声が上がった。
予想外の敗北を喫したokkさん。
ルールにのっとってテキーラを一気に飲み干すと、Golgo君の勝利を称えた。
その姿、潔さ、う~ん男らしい!!グッゲーム!!

コレで完全に波に乗ったか函館勢。
一投のミスが命取りになる紙一重のバトルを繰り返しながらも勝利を重ねていく!

IMG_02322戦目、phazonさん vs ryo君は函館勢が
phazonさんを応援するという逆境の中を
ryo君がたくましく勝利。函館サイドからは
ブーイングが聞こえたり聞こえなかったり・・・・
phazonさん負けテキ一気!
そんなphazonさんを函館勢また応援!


IMG_0236この戦況を変えるべく、青森勢は3戦目にして総司令
guebaraさんを投入!対する函館勢はAYAO君。
何度もポイントが入れ替わる激戦の中、
最後にピンポイントでショットを決める事に成功した
AYAO君が勝利し、函館勢3連勝!!
guebaraさん、AYAO君、ベストバトル賞です!


IMG_02494戦目、スーパースナイパーBlackHoguさんに
勝負を挑んだのは控えめなナイスガイchichi君。
地味ながら渋いショットでポイントを稼ぐchichi君と
派手なスローでワイルドショットを決めるHoguさん。
技と力の対決は技のchichi君に軍配が上がった。
だって・・Hoguさん酔拳使うんだもん。
函館勢コレで破竹の4連勝!!

IMG_0240が!ココで流れが変わりだす!
5戦目のyuura君 vs toronbeさんの勝負は
ヒートしまくりテンションアガりまくりのyuura君が
カラ回りを続ける中、toronbeさんがクールに
ショットを決めて青森勢に初勝利をもたらした。
うわぉ!ヒーローみたいだぞtoronbeさん!


IMG_0242 函館勢初の敗戦・・
ココまできたら全勝だ!と言った矢先の出来事に
yuura君、戦犯者扱いを受ける。
待ち受けるテキーラ。きっついぞ~!
・・と思ったら一気飲みもテンションでカルくクリアー!
ってか、yuura君だいじょぶですか・・(- - ;)


そしてついに最終戦。残るはBaGGさん vs eo555のバトル。
実はさっきのバトルを見ながら「yuura君、頼む!負けてくれ~!」と祈ってたeo。
何故かって?だって、これで5連勝しててeoだけ負けたら・・・・ねぇ?
想像しただけでプレッシャーです。たぶん耐えられません。
気持ちが耐えても、たぶんおなかが耐えられません。イタくなります。
案の定・・・・
何の見せ場もなくサクッと負けたeo。スマイルと共に繰り出された
BaGGさんの速攻をキレイに全弾食らって、歴代1位の短期決戦終結。
実際「ん・・アレ?もう負けたんすか!?」ってAYAO&Golgo君に言われましたから。
BaGGさん、結局一番強くなかったですか?
eoももうちょっと楽しみたかったですよ・・(T T)

と、ココまできてあからさまに体調不良が表れだしたeo。
やっぱりさっきの喉痛は気のせいじゃなかったようで、もはや関節がビシビシします。
うぅ~・・それって熱がガンガンにアガってるって事じゃないですか。
しかも負けたって事はテキーラです。
普段コップ1杯の発泡酒で具合悪くなるeoが体調悪い時にグラス1杯のテキーラ。
あの~・・たぶん、たぶんですけどね・・たぶんeo死にます。リアル救急車です。
オーバーロード青森で戦死。
(ぐぁ~死ぬんか!オレここで死ぬんか!?)

とか心配してたのですが、そこはやっぱRound④です。
皆eoが飲めないの知ってるので、「飲まねーんスか!?え!飲まねーんスか!?」
なんてしつこくツっこんで来る輩もいなく、eo危機回避。
ありがとう、見て見ぬフリしてくれてありがとう。あなたのお陰で生きてます。

っていうか、ただ興味ないから忘れられてただけだったり・・・・ (- -;;)

結果、函館勢4勝:青森勢2勝で函館勢勝利~!!
普段HALOで勝てないから・・ココで勝たせてもらいました。
いやいや、ダーツってこう楽しむものなのですね。
タダ真ん中に当てて「やったー!」とか言うものじゃないって初めて知りました。

初のダーツ対決を終えたリアルRound④。時刻はPM 11:00。
心地よい疲れに包まれながらも最終目的地であるカラオケ屋へと徒歩移動を開始。
肩を組んで歩く者。街路樹に自慢の酔拳を繰り出す者。
フラフラすぎてバイオのゾンビとそう変わらない者もいれば、
何故か街角で骸骨振りまわしちゃってる者もいたりして、
傍から見たらタダの酔っ払い集団と化していた一行でしたが・・・・
でもね、もうね、
楽しくって仕方ないんスよコレが (T▽T)!!

eoも飲んでないのにフラフラしてましたが、具合悪いとか言って過ごすなんて
もったいなすぎる夜じゃないですか!最後の最後まで全力です。
しかも次はカラオケだ!うぉ~がんばって仮面ライダー歌わなきゃっ!
サミットもいよいよ最後の時が近づいて来ました・・・・

                       つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.26

「青函サミット 激闘編③」

最近一日のアクセス件数が100件を超えるオーバーロードハートですが
一体誰が見てくれてるんでしょうねぇ・・??
Round④以外の方が見てもあまりお楽しみいただけないかと思うのですが (- - ;)
でも嬉しいか?と聞かれたらやっぱり嬉しいので、これからもがんばります!


               やっと 8月13日(PM 6:00) なんですね?

まだまだ記念すべき会合は始まったばかり!
激闘のRound①を終えた一行は最大のバトルが待ち受けているであろう
ステージ「居酒屋」へと移動していた。


海からの帰り道、okkさんが道路沿いにひっそりと残る廃墟とその先の
廃トンネルを見ながら「アソコ・・出るんですよ。」と教えてくれた。
その会話を聞いてか否か。灰色の雲が空を覆い、すぐにシトシトと雨が降り出した。
心霊系にはからっきし弱いeo&yuura君はというと・・・・
その映画のようなレインタイミングに完全にビビっているのだった

雨があがりはじめ、空が明るさを取り戻した頃に一行はちょうど目的地へ到着。
今回の旅の最大の目的であり、メインイベントである「Round④青函サミット」
ついに!ついにこの場所を舞台に開催されるのです。
            思えば・・・・遠くへきたものだなぁ。
Round④創設以来の様々な思いを胸に秘めつつ会場へ入ったeoでした。

仕事で到着していないguebara総司令の席が1つ開いたままですが、
みんな席に着いて飲み物も揃ったことですし、流れとしてはココで当然
「カンパーイ!」と行きたいところだったのですが・・・・
ち、ちょい待ち!!アノ、だ、だ、誰が音頭をとるのですか?
「人見知り」「飲み会苦手」「小心者」のスキルが発動中のeoだったので
一応とぼけて回りを見回してはみたものの・・・・(-_- ;))((; -_-)

そ、そうですよね?ここで仕切らなかったら何の為のオーバーロードだって話です。
ココはもう覚悟決めてバシッと決めなきゃ!という事でeoがんばります。

eo 「え~と、あの、まぁguebaraさんがまだいないので・・
   とりあえずの乾杯という事で・・ハイ・・かんぱーい・・(かちゃーん!)」


うわぁあぁ、やっちゃった!なんだ今の!?やっぱダメだぁオレやっぱダメだぁ(T T)

自分の情けなさに逃げ出しそうになりながらも笑顔をキープしてみるが、
回りを見渡すと案の定、数人が「あぁ・・やっちまったよ」の目でコチラを見ている。
み、見るな!いや、いいんだって!今のはとりあえずの乾杯だからね?
guebaraさんが来て全員揃った時にこそビシーッと決めればいいの!そうそう!
自分に言い訳するのはキライですが、そうでもしないと今スグ泣きながら
函館に帰ってたかもしれません。許しておくれ・・

そんな中、okkさんとryo君は早くも盛り上がっております!
ココでいきなりですがブログをご覧のメンバーの方に質問あり!
ryo君の写真を見て皆さんは何を思いましたか?イメージ通りのビジュアルでした?
盛り上がったのはその話題。なんでもokkさんがryo君を初めて見た時の印象は
jamyraP
「アイツ・・ジャミラみてぇだな・・」
だったそうです。        
     ジャミラ→
コレに一同納得の大爆笑。
ryo君は軽くショックを受けたようで、その反応にまた爆笑!
ryo君、今日のキミは光ってるぞ!羨ましいっ!!!
ちなみにジャミラは元は人間だったという悲しい過去を持つ怪獣。

どこが似てるかと言うと「首が埋まってるところ」だそうです。・・ぷ・・
いやいやいや、笑ってない!オーバーロードは笑ってませんょぅ・・くっ・・

笑いがやがて全体に広がりつつあった頃、時間よりもだいぶ早くguebaraさん登場!
ウォー!来た来たぁ!イキナリの総司令の登場に会場はヒートアップ!
ついに全員が揃いました!サミットココに成立。Round④バンザイ!!

ここで忘れかけていた心のつかえを思い出したeo。(そうだ・・乾杯するんだった)
青森勢、函館勢、予定していた全員がココに総集結できたコト。
ここからが本当の「青函サミット」である事を告げる乾杯の音頭である。
今度こそさっきのような失態は許されない!が、がんばる!

eo 「え~と、あの、ついにコレで全員が揃ったと言う事で・・サミットは
   無事に成功です・・えと・・すいません、かんぱーい・・(かちゃーん!)」


あぁあ。。
ダメだ!ダメだけどもういい!
いや、むしろダメなところがオレらしい!\( ̄- ̄)/
完全に開き直っちゃうところがダメオーバーロードのダメたる所以です。
ごめんよごめんよごめんなさい。こんな人間でごめんなさい m( _ _ )m

そして全員揃ったところで函館勢から記念品贈呈タイムへ!
時間ギリギリで製作し、フェリーの中でラッピングしたオリジナルTシャツ。
焦って製作した為にデザインや仕上げ具合に不安があったものの、
それぞれ気に入っていただけた様子で函館勢みんなホッとしました。
みんなその場で着てくれたのがホント嬉しかった!みんなやっぱいい人です♪
お返しにBaGGさんから菓子折りを、そしてguebaraさんからは
青森感全開のねぶたセットをいただきました!
そしてそして・・・・!?!?
この8月に誕生日を迎えたeoにバースデイプレゼントを用意してくれると言っていた
phazonさん。タダで戴くのも申し訳ないのでeoもプレゼントを用意する事で
どっちがスペシャルなプレゼントか対決をしようと約束していました。

IMG_0228そこでeoが用意してきたのがコチラっ!
「リアルオッドボール(4号球)」!!!
どーですかコレ?以前のブログで紹介した
金森倉庫郡へ買いに行ったプレゼントは
コレでしたぁ。へへへ・・・・
気に入ってもらえましたか?モノがモノだけに
買うときちょっと恥ずかしかったです (^ー^*)

oddballで、オッドボールなので当然流れ的にこうなります。
なんつったってアノphazonさんの殴りです。
ryo君・・キミじゃ敵いません。
ココはおとなしくkillされて下さい。
骨は拾って津軽湾へ・・・・



seikurabeokkさんはどれだけ大きいのかという話になり、
小さい人代表でguebaraさんとeoが並んでみました。
真ん中が癒しの総司令guebaraさんその人です!
しかし!ココで注目するのはokkさんのTシャツ・・
製作したのはryo君。な~んか変じゃないですか?
よ~く見るとロゴがRound・・ア、アレ??


その他、HALOネタではHoguさんのスナイパーテクニックに一同驚愕!
その強さの秘密を探ろうと色々聞いてみたのですが・・
聞いたところでeoはじめ函館勢にマネ出来るコトではありませんでした。
とほほ・・そんなもんですよね?

オンとリアルを何度も行ったり来たりする話題。
いつも声のみで会話する仲間の姿がそこにある。このちょっと不思議な体験に
未だ少しの戸惑いは残るものの、出合った当初に感じられた心の壁は
交わす言葉と笑顔の数に応じて確実に消えつつあるのを感じられたひと時でした。

会話とお酒と食事にひととおりの区切りがついたのはサミット開始から
2時間が過ぎた頃。すっかりゴキゲンになり始めた一行はキャプテンokkさんの
指揮のもと、更なる次のステージへと移動を開始。
時間はPM 8:30。
まだまだ夜はこれからと行った感じで一行は居酒屋を後にしたのでした。

(ん?なんだかノドが痛いぞ?騒いだからかなぁ・・)
そんな気がしたのもこの頃からだったのです。

                つづく

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.08.25

「青函サミット 激闘編②」

今日生まれて初めてスクラッチ宝くじなるものを購入してみました。
5枚購入してひたすらケズったその結果は・・・・
1000円当たりが2枚と100円当たりが1枚!なんと5枚のうち3枚当たりましたー!
どうやら不運はホントに脱したのかも?いやもう脱した事に決定! (@⌒▽⌒@)


            まだまだ 8月13日 (PM4:00) なのです

急なコーナーが連続する峠道を越え続けること役1時間半。
いよいよ激闘の舞台となる釣り堀ステージへと到着したリアルRound④一行だった。


ココは一体なんなのだろう?
海沿いの道に突如出現した釣り堀屋だらけの町。いや、集落??
キャプテンokkさんに先導されながら中へ入っていくと・・・・
いるわあるわの釣り堀ワールド!目に入る店は全部釣り堀(マジで)!
こんな場所があるのですね・・日本は広いです。

とりあえず一行は戦場とする釣り堀ショップを検索開始。
「おぉ!ホタテだ!」「うぉ!こっちにはタイが!?」「あ、あれイカじゃん!」
次々と出現する色とりどりの獲物達に否が応にもテンションがアガっていく一同。
一通りリサーチを終え、顔を見合わせる函館勢&青森勢。
お互い湧き上がる闘争心がピークに達しているのをひしひしと感じる。
どうやら開戦の時が来たようだ・・・・

okk「では・・(函館勢が惨敗する地を)ココに決めますか・・!」
eo 「ふふ・・(青森勢が眠りにつく場所は)ココでいいのですね・・?」

通りの一番奥に構えた釣り堀屋を舞台に、ついに戦いの火蓋は切って落とされた!

「函館勢の先鋒はもちろんコイツだ!出でよryo ikeda!!」(おぉー!)
「それなら青森勢の一番手はオレ様キャプテンokkだ!!」(なにぃ!?)
初戦からキャプテンを投入してくるとは・・・・青森勢、出来る!

狙いを定めて釣り糸を垂らす両者。
しばし固唾を飲んで見守る両陣営・・・・と、突然!

IMG_0218 「キターっ!!!」雄たけびと共に
先手を取ったのは何と函館勢のryo ikeda!
HALOは弱く、テストは赤点続出のアノryo君だ!
見事フィッシュオンでファーストアタックを決めてくれた。
「おぉ~たまにはやるでないの!」と一同・・・・
ryo君、微妙な笑顔を浮かべる。


その様子にいても立ってもいられなくなったのがテンションツッコミ系の函館勢。
もはや先鋒だ次鋒だなんて悠長な事言ってる場合じゃないとばかりにアタック開始!
うゎ出た!これだもんなぁ・・・・(- - ;) 
函館勢がチースレすると死にまくるのもうなずけますね。

IMG_0217てなワケでもう問答無用のバトルロイヤル開始です!
ryo君に引き続いて函館勢Golgo君が1ゲットー!!
小さいです!やたらと小さいのゲットです!
老若男女だけでなく、
稚魚にも容赦無しのGolgo君です。



IMG_0219オーバーロードたるものココでも負けてられません。
実は人生でコレが初の釣果となったeoです。
記念すべき人生初フィッシュは鯛!
うぉう!めで鯛!これはメデタイ!!
ついでにRound④も安鯛だ!!
メデタイとか言う所がオヤジっぽいですか?

すいません、一応31歳なもんで・・・・
okkさんに針を取ってもらってる所が情けないですね (T T)

IMG_0221完全に勢いに乗った函館勢はこの後も次々とスコアを
稼ぎ、とどめにAYAO君が大物をゲット!
普段HALOでは勝てない分ココらへんで
名誉挽回しとかないと・・・・
諸々の個人的理由も含んでいる函館勢は必死です。
なんだかわかんないけどやたら焦ります!

この後、一投目は不発に終わったphazonさんが再度挑戦で大爆発!
ついでにホタテも釣り上げるというテクニカルな一面も見せつつポイントを荒稼ぎ。
HALO強くて釣りも上手いなんて・・・そんなのズルイぞphazonさん!
コレに「チートだ!糸が切れないチートだ!」と函館勢が抗議。
釣り堀屋のお姉さんに「不正をしていた」のフィードバックを送りつけた。

IMG_0222激闘の末、3杯のバケツが魚(ホタテあり)で一杯に!
もうどれが誰のポイントなものかわからなくなったので
勝敗は「たぶん」と「だいたい」の印象で決定。
たぶん函館勢の方が多かった(か?)
という判定結果をもとに、一応の勝利を掴んだ函館
ryo君、勝利のガッツポーズ!笑顔がやっぱり微妙!

勝敗がテキトー?いいんです!楽しければいいんです!
「Round④魂ココにあり!」ですよ!


IMG_0226 最後は釣り上げた魚を皆で海へと帰しました。
生き物に優しいRound④(?)何故か海の底へと
沈むだけだった魚が3匹ほどいた事は内緒です。
あれは不慮の事故であり正当防衛です。
イヤ!正当防衛は意味違います!


かくして激闘のファーストラウンドを終えた青函リアルRound④。
この後、津軽の海を見ながらしばしの談笑。
まだまだ会話の片隅にぎこちなさは残るものの、とりあえず青函交流レベルは
UPしたようでオーバーロード一安心。
そしてまだまだ記念すべき会合は始まったばかり!
次の目的地はおそらく一番の激戦が繰り広げられるであろうステージ「居酒屋」!
そこでついに最後のサミットメンバーである津軽の総司令guebaraさんが合流予定。
やはりこの方が来なければ!
そう、サミットの本編はむしろこれから始まるのです・・・・

IMG_0227           
オマケ
釣ったホタテを食べちゃったphazonさんです。
「甘くて美味しい!いやホント!」
( by  phazon )



            
                 つづく

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.08.24

「青函サミット 激闘編①」

こんばんは、eo555です。
今日職場に新商品として、スキーウェアの2005~2006モデルが入ってきました。
あ~、そうですよね。もう8月も終わり。
9月、秋になったらあとは冬までまっしぐらです。1年って早いなぁ・・・・

               まだ 8月13日 (PM 15:00) です

                     (前回のあらすじ)
「では、そろそろ勝負と移りますか!」
初顔合わせに戸惑いを見せるリアルRound④一同だったが、
キャプテンokkからのイキナリの挑戦状が、戸惑いの色に染まった函館勢の心を
奮い立つ闘争心へと変えたのだった!



津軽の代表キャプテンokkさんから、
「3つの種目を用意した!」との宣告を受けたRound④函館勢は、
次のうちからその戦いのステージとスタイルを選択する事になった。

① 市街のボーリング場を舞台に仁義なきピン倒し対決!
   数m先のピンに狙いを定め、一投のもとに10本全てを総倒しにするという
   由緒正しきゲーム。もちろんチーム全員の合計スコアでWIN or LOSE。

② 青森郊外にある公園(グラウンド?)にて情け無用のマジ野球対決!
   攻守に分かれ、投げては打ち!打っては守り!守ってはまた攻める!という
   伝説のスポーツ。一人少ない青森勢も5名はいるので、オフェンス時に満塁でも
   「透明ランナールール」を使用せずに済む。「とうめい!」と言わなくてよい。

③ 津軽近海を舞台に、チート続出!非道極まる釣り堀対決!
   エサ無し!仕掛け無し!問答無用の「ひっかけ釣り」バトル。
   吊り上げた獲物のスケールとスコアを競い合うという幻の競技。


ぬ・・・どれもそれなりに白熱しそうである。
だがしかし!今しがたまで市街でウロウロしていた函館勢だったので、もう一度
街中に戻らなければならない①のボーリング対決はできれば避けたいところだ。
勝手ながら「青森らしい」場所へ行きたいという希望もあるので・・
ボーリング、ハイ消えたー!
②の野球は・・や、や、野球ですか!?というのが率直な意見である。
なんてったって野球である。バットとボールと人数分のグローブが必要な野球である。
普段から用意の悪い函館勢であるから、当然グローブ持参のハズが無い。
っていうかどんなに用意がいい人も普段グローブは持ち歩かない。
函館勢は職業柄スポーツ、特に球技は得意とするところなのでぜひ勝負と
いきたいところなのだが・・・・コレは・・あの、その・・・・き、き、却下ー!!

てなワケで青函親交チーム対決のステージは③の釣り堀に決定!!
なんでも市街から1時間半ほど車で走った先に戦いの舞台はあるらしい。
おぉ!素晴らしい!街中だったら普段の旅行でも来れるけど、郊外にある
釣り堀なんて地元のヒトがいなきゃわからないもんね?
まして、釣りは函館勢のGolgo君とyuura君が得意とするところ。
双方が多少の戦略と勝因を計算に入れつつ、意見が合意に達したリアル
Round④一行は、総勢11名で激戦の舞台へ移動を開始する事となった。

目指すは津軽湾沿いにある隠れ釣り堀スポット。
okkさんの話によれば、ホタテやカニやヒラメまでが釣れるというその釣り堀。
しかし肝心のウェポンである釣り竿は、よ~く見ないとわからないほどの
ウルトラスリムな糸1本の先にカモフラージュする気は毛頭ないほど真っ黒で
グレートな針がぶら下がっているのだそうだ。
「スグ!!もうホントスグ切れるんだわコレが!」(okkさん談)

車で1時間半というとはっきり言ってかなりの距離だ。
走り屋魂を触発するような峠道を山二つ分超えて行く。
函館勢の車内の会話はもちろん「青森勢の第一印象について」だったし、
先行するBaGGさんの車内も同様、函館勢のソレなのではないかと想像できた。

ではココで青森津軽勢5名(guebaraさんはこの時まだ不在)にとっては
気になるところであろうファーストインプレッションを赤裸々に告白していこう!

BaGGさん 事前情報通りの長身(185cm)!眼鏡をかけているとは思いませんでした。
       てっきりご自慢のFDで来場すると思ってたeo。残念!
       でもLIVEで話する時の印象通り、優しそう

okkさん   これまた情報通りの超長身(190cm)!!しかも眼鏡です。
       出合った瞬間、一番最初に話しかけてきてくれたのはokkさん。
       LIVEでの面白トークがついに生で聞けるかと期待!遊び好きな感じ

phazon    情報通りの茶髪ショート。ウワサでは以前ykzさんに間違われた経験アリ
  さん   との事でしたが・・・・確かに(- - ;)!恐いです!眉毛薄いです!
       まだ目をあわせるどころか直視できません!

Black        事前情報が少なかったBlackさん。正直イメージとはちょっと違ってて、
Hoguさん  これまた・・なんというか・・・グレた感じです。恐そうです
       大きめのピアスが威圧感を倍増させています!
       とりあえず慣れるまでは目を逸らす方向で・・・・ごめん m(_ _)m

toronbe     Hoguさん以上に情報が無かったtoronbeさん。高校生という事と
   さん  Hoguさんのリアルフレンドという事しか知らなかったので、最初は
       Hoguさんとtoronbeさんの区別がつきませんでした。失礼!
       威圧感は無いのですが、ちとカラミずらい感じです。一見チーマーさん


互いの第一印象を語り合うウチに車中は徐々にいつもの雰囲気を取り戻す。
ドライブする事約1時間半。二つ目の山を越えたところで一気に視界が開け、
津軽湾の青さが目に飛び込んできた。
函館勢vs青森勢。いよいよ激闘の舞台が幕を開けるのである!


                              つづく
       

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.23

「青函サミット 出会い編②」

皆さんこんばんは!
実は今日のブログ更新をお休みしようかと思っていたeo555です。
色々理由つけてお休みするのはカンタンだし、正直毎日考えるコトなんだけど・・・・
ダメなんですよねぇ!昔から理由の無いズル休みとかが出来ないんですよ。
この変なトコマジメな性格のせいでいっつも損してる気がします。はぁ~・・

                              8月13日 (PM 2:20)

                
   (前回のあらすじ)

店内に青森勢と思われる一団を発見した函館勢一行は戸惑いの色を隠せない。
だが、索敵班として派遣したryo君の持ち帰った情報は

「違う!アノ人達じゃないっすよ!わかります、違います、ホントです。」
という自信に満ち溢れた否定だった。
その情報に残念なような、でも少し安心したような複雑な表情をみせる函館勢。
だが!
そのryo君の後ろから出てきた集団があった!!


その集団は全員、容姿・年齢様々な感じで、どこをとっても共通点がみつからない。
一見すると友達同士には到底見えない5人衆だった。
先頭を切って出てきたのは身長が185cm以上はあろうかという長身の男性だ。
その後ろには目つきの鋭い茶髪ショートの青年とピアスをして下を向いた少年。
思わずその集団を見渡す函館勢。一瞬張り詰める空気。
・・・・やがて長身の男が込み上げる笑いとともに口を開いた。

「どうも、いやどうもどうも!!(ニヤニヤ)」

出た~!!!! 
そう、この(一見悪そうな)集団こそがRound④青森勢の面々だったのだ!
思わぬタイミングの出会い方に完全に意表をつかれた函館勢。
ryo君!さっきのセリフ、聞かれてたら気まずいぞ!!
そういうeoも時間前から店に入る人間全員をチェックしていたし、
それらしい人物が来たら絶対わかると思っていたのに・・・・
そう思いつつ青森勢の顔を見渡すと。。。。
ある!見た!!さっきこのヒト確かに店に入っていった!
こっちのヒトはさっき携帯いじりながらちょっと不機嫌そうにすれ違っていったヒト!

やられました完全に ( ̄▽ ̄;)
青森勢の灯台下暗し作戦大成功。
例えるなら見事にアサルトでバクダン置かれた気分です・・くそ~(T T)
とはいえ、確かに事前情報通りだったとうなずく事も多数アリ。
okkさんは身長190cmでBaGGさんも185cmの長身。
phazonさんは茶髪のベリーショートのちょい強面。
BlackHoguさんとtoronbeさんの情報は少なかったけど高校生という事で、
確かにそう言われると顔に幼さが残っている印象。
全員でぞろぞろ歩いていたら絶対わかったと思うけど、
一人ずつ来るとは完全に裏かかれました!
時間前からeoはナムコの入り口前に座り込んで、通りすがるヒトを
かたっぱしからチェックしていたのですが・・・・
それを事前に見つけられて
「一人ずつ店内に入っていって気づくかどうかゲーム」をされてました。

なにはともあれココにめでたくRound④函館&青森勢11名が揃ったワケです!
おぉ記念すべき一瞬!全員積もる思いや話したい事は山ほどあるはず。
ココから一気に盛り上がるのか!?と思ったのも束の間。
いつもLIVE上で話して笑い合っている仲間とはいえ、実際はほとんどが初対面。
その事実が、口から出ようとする言葉の一つ一つ、交わす言葉に頷く視線を
少しぎこちないものに変えさせているようだ。
正直、eoも何から話せばいいのかわからない。
出発前にイメージした喜びと興奮に溢れる「出会いの瞬間」からは
少し離れた現実に戸惑いの色を見せ始めるリアルRound④。
まずい・・・・
現地がアウェイという事もあり、本来ココで仕切るべきオーバーロードが
あまりに機能していない。くそぅ・・がんばれオレ!!何か、何か糸口をプリーズ!
函館青森
距離的にはあまり遠くないこの二つの地で時間を共有してきた仲間達が、
その心の距離を縮めていくにはまだ少し時間が必要かに思えた・・・・
が、次の瞬間!

「では、そろそろ勝負と移りますか!」

キャプテンokkからのイキナリの挑戦状が、戸惑いの色に染まった函館勢の心を
奮い立つ闘争心へと変えた!

「うぉし!やったろうじゃないすかぁ~!!!」

少し固くなりつつあった場の空気もいつものRound④のそれへと変わりはじめる。


何より、
この状況を読んでいたのであろうokkさんの心使いがeoはとても嬉しかった。


                              つづく

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.08.22

「青函サミット 出会い編①」

そろそろ真剣にブログを単行本化するサービスを利用してみようかと思っている
Round④のオーバーロードeo555です。
今日でかれこれ6回目となる青函サミット編ですが、当初の予定では
「まとめ」の回も含めて3話構成となるはずだったのに・・
おっかしぃなぁ?どこからこんな風になったのかなぁ?

                              8月13日(PM 2:00過ぎ)

来ない・・・・
待ち人来たらずとはまさにこの事(そのまんま)だ。
ただ今PM 2:10、約束の時間から既に10分が過ぎている。
8月13日のPM 2:00、青森西郵便局向かいのデンコードーとナムコと
びっくりドンキーに囲まれた総合駐車場。
我々函館勢が青森勢との集合場所に指定されたのはココで間違いないハズだ。
この3件の店が隣合わせで立っている土地など、いくらなんでもそうは無い。
そう、ココで間違いは無いのだ!
にも関わらず、一向に姿を現さないRound④青森勢の面々。
一体コレはどういう事だ?
だ、だ、騙された!?いや、まさか・・・・
もしかして実は既に到着済みで、「あと何分耐えられるかウォッチング」を
されているのだろうか?あぁ・・
ありうる!大いにありうる!!

こっちは青森勢の顔を誰一人知らないのに対して、函館勢のほとんどは
ブログやピックアップクランを通して顔がワレているのだ。
という事は今現在もどこかからコチラの様子を伺っているという事か!?
なんだか目に入る人物全てが怪しく見えてきた。も、もしや・・・・

今まさに目の前にいる髪が薄くて小太りのこの人が実はokkさんなのか?
そして手をつないでいるこのヤンチャっぽいお子様が実はphazonさんで、
仲のいい親子のフリをしつつコチラを観察しているというワナなのでは!?
なにぃ!?って事はだ!
今びっくりドンキーの前でしゃがみタバコしながらもコチラにメンチビームを
切ってくるあのヤンキー2名がguebaraさんとBaGGさん
か!?
うぉう!それならあのデンコードーから嬉しそうに掃除機の箱を抱えて出てきた
仲良しカップルのフリしてるのがBlackHoguさんとtoronbeさんじゃないか!!!

とか疑心暗鬼に陥っていると、ナムコで鉄拳していたyuura君が
「いる!中にそれっぽい人達がいる!」と言うではありませんか!
自動ドアからちょっとだけ覗くと、確かに男5人が固まっているのを発見。
こんな昼間っから年齢差のある男5人が
ゲーセンでゲームもやらずたむろってる。

ときたら・・コレはもう・・・間違い無い!

一同「ど、どうなんだ?そうだよね?たぶんアノ人達だよきっと!」

なにせオフ会なんて始めてだから第一声をなんてかければいいのかが解らない。
いきなり「Round④ですよね?」なんて聞いて間違いだった日には
そこからどんなリカバーをすればいいというのか?
聞かれた方だって一体何が「4ラウンド目」なのか意味不明であろう・・。
どうするどうするどうするのさ~(>o<;)
行け!行くんだryo!こんな時こそお国の為に散って来い!!頼む!!
と、と、とりあえずチェックだ、索敵だ!ほらほらGoGo!!
半強制的に全員でryo君を店内に押し戻し、確定的な情報を持って
帰還してくれる事を願いつつ待つ。当然みんなドキドキだ!

数十秒後に索敵を終えて出てきたryo君の第一声は、
「違う!アノ人達じゃないっすよ!わかります、違います、ホントです。」
過剰なまでの自信をのぞかせながら、ryo君の索敵結果は全否定だ!
たぶんその裏には、
「いつも一緒に遊んでいる大好きな人達の事を僕は決して間違えません!」
という彼なりのアツい思いが込められているのだろう。
彼がここまで自信を覗かせる事は滅多に無い。
その珍しい姿に残念なような安心したような複雑な表情を見せる函館勢一同。

                     ・・・・だが・・・・

そのryo君の後ろから出てきた集団があった!!
                        
                              つづく

(ウワー!今日も引っ張りやがった!!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.21

「青函サミット 道中編④」

湿気が多いのは相変わらずですが、ちょっと涼しい一日となった今日、
函館では今夏最後の花火大会が行われました。
毎年この花火大会が終わると秋まではあっという間。
最近は日暮れも早くなってきて・・・・夏が過ぎていきますね。

             8月13日(AM 9:00)

食べたい、飲みたい、休みたいがレッドゾーンに達したので
ココで一息つく事にした函館勢一行(というかレンタカー手配組の3名)。
マクドナルド勢の3名も「さっき食べたけどアレは朝食ではない」と、
気を使ってくれているようなので、とりあえず皆で朝食をとる為に移動開始。
目指す目的地をどこに設定したらいいかわからないので結局駅へと戻ってきた。

ココで先ほどレンタカーの窓口に帽子を忘れたというAYAO君が回収にひとっ走り。
帰ってきた彼の手には帽子だけじゃなく、一緒に置き忘れたであろう
飲みかけのアミノサプリも握られていた。これはまた親切に・・( ^_^;)
正直見てる方もテレました。

まだ10時前なので、開店していたのは駅に併設されたラビナという
ステーションデパートだけ。まぁひとまずそこへ。
一目散に飲食店へ向かうかと思いきやココで一行は「マツモトキヨシ」を発見。

一同 「おぉおー!!コレがマツキヨってやつかぁー!?」

冷静に見れば「ただのドラッグストア」なのだが、地元にマツキヨがない事と、
旅行と言う名のハイテンションがマツキヨを「一流ブランド店」へと変えていく。
あるもの全てが何故か魅力的だ!
ココで一同は歯ブラシセットやデオドラント系スプレーを調達。
そして何故かとても満足だ!!何故だ!?

ラビナ内の飲食店はファーストフードとカフェスタイルのパン屋と31アイスの3件。
意見がそれぞれ分かれたのでココで一行は別行動をとる事にした。
eoとryoとchichiの3名はパン屋さんへ!AYAOとyuuraとgolgoの3名はどれも
お気に召さなかったようで、そば屋を探しに駅構内へ!

このタイプのカフェが実は大好きなeoは、ゴキゲンにパンをチョイス開始。
どうやらchichi君もこの手の店が好きなようで同じくゴキゲンだ。
ぶっちゃけryo君はこのカフェに合わない気がしたが・・・・
まぁ旅先なので追い出さないことにした。
パン美味い!コーヒー美味い!
ついでに飲料水がレモンウォーターだというのも最高だ!う~ん、いいぞ青森!

やっとのコトで一息ついたので、ここから本領発揮!旅気分全開です。
そばを食べに行くと言っていたのに何故かクレープを食べていたyuura君
再び合流し、これからの作戦会議を開始。
青森Round④との合流時間はPM 2:00なので、少なく見積もってもあと4時間はある。
せっかくなのでココから3時間半を自由行動として青森を満喫する事で意見は一致。
うぉっしゃー待ってました自由行動!!
行きたいとこはもう決まってるもんねー!という事でeoは青森駅前に
4年前に出来たばかりの「アウガ」というショッピングビルへLet'sGo!!
函館にないタイプのショップが並ぶ店内は時間がいくらあっても足りないくらい
いいぞいいぞ青森~!!

DSC00136ここでyuura君がイイ感じのアクセサリーショップを
見つけたので、さっそく二人でチェック開始!
yuura君が迷っているウチにeoもハマってしまい、
結局40分近くも本気選びして、1つの
アクセサリーを購入しちゃいました。
それが下の写真です。じゃ~ん!!


DSC00148タグネームペンダント~♪
裏には「Round4」と彫ってもらいました。
よくよく考えればココで大金払って買わなくても、
観光地によくあるキーホルダー屋さんに行けば
名前くらい何百円かで彫ってもらえたんですけどね。
イエイエいいんです!!

ココでコレが欲しかったんです。実際お気に入りですよ!

ちなみにyuura君は表と裏でデザインの違うちょっと攻撃的なアクセサリーを購入。
yuura君はAB型でテンション突撃系なのでそのイメージにピッタリでした (^ ^)

その後ふと覗いたゲームコーナーで、時間を持て余したらしいchichi君と合流。
旅先だというのにメダルをガンガンに稼いでしまったらしく、その手に握られた
メダル交換券の総換算数ナント1000枚!Σ( ̄□ ̄;) セ、センマイスゲー
ってかそんなトコで本気出してどうすんのさ!?
それでもせっかく獲得したメダルです。集合時間まであと残り30分!
全力でメダル消費を開始する3人。大穴一点集中投資に滝のようなメダル投入!
旅先でちょっとした豪遊気分。これはベガスです!ゴージャスです!
安っぽいとかは言うな!頼む、言わないでください m(_ _)m
こういう時に限って何故か増えていっちゃうメダルに悪戦苦闘しながらも
なんとかメダルを全枚消化。後半、普通に消費するのに飽きたeoは
「仲良く使うんだよ・・」と一言残し、ポケモンメダルゲームに興じていた
兄弟のメダルカップにドシャッと寄付するという「足長おじさんプレイ」
消化させていただきました。二人とも一瞬ビクッとしてましたケドね・・・・。

そんなこんなで時刻はPM 1:00を過ぎて函館勢再度合流。
ハイ!ここでいきなりのクエスチョンです!
それぞれ青森を十分に楽しんだ様子の函館勢だったのですが、
その中でただ一人Golgo君の様子が冴えません。
それは一体何故だったのでしょうか?
判った方はコメントに答えと年齢ご住所と欲しい賞品をお書き下さい。



そして一行は、ついに青森勢との合流場所へと移動開始です。
Round④創設以来初となるオフ会に、一人一人それぞれのドキドキ感は募ります。
思わず目を逸らして通り過ぎたくなるくらい怖い人の集まりだったらどうしよう?
めっちゃくちゃカッコイイ集団だったらそれはそれでどうしよう!?
実は全員女の人だったらそりゃもうどうしよう!?!?


やっとココまでたどり着きました。お待たせしました!
次回ついにRound④青森勢が( たぶん・・ )登場します!
明日の更新をお楽しみに~!!

                               つづく

| | コメント (1) | トラックバック (0)