« ての字もやる気はないけれど | トップページ | やっぱ速いだけじゃダメだった »

2012.03.03

F-1只今16戦目

201203_2


昨年から地味にプレイし続けているコードマスターズのF-1(360版)。
キャリアモードの1年目を実に4か月以上かけてやっと16戦目まで来た。
なんでこんなに時間がかかっているのかというと・・・・

このコードマスターズF-1。とにかくめちゃくちゃ面白い!どれだけ面白いかって
いうと、TGSのレビューで絶賛し、あれ程発売を心待ちにしていたフォルツァ
モータースポーツ4をプレイする気にさせない程に面白い。誤解しないでほしいが、
フォルツァ4が思ったよりも退屈だったという訳では全く無い。車のゲームをプレイ
する際の楽しみをプレイヤーが何処に感じるかであって、様々な要素でフォルツァは
F-1を上回っていると自分も感じる。が、それでも自分としてはF-1なのである。
これだけ面白いと感じる大きな要因の一つが、競技としてのレースの再現性だ。

1秒間に360回もの演算を繰り返し、車の動きを限りなくシミュレートしたフォルツァ4
が「車を操る楽しさ」を教えてくれるのに対して、このF-1は競技としてのモーター
スポーツに詰め込まれた様々な要素をシミュレートする事で「レースの楽しさ」を
教えてくれるゲームと言い換える事ができるかもしれない。

全くの個人的な感覚だけど、フォルツァで挙げる1勝が「やったー!」なら、
このF-1で挙げる1勝は「ぉぉおおおおっしゃぁああああっっっ!!!」なのだ。

ただ、人によってはこのF-1の1勝の価値とフォルツァの1勝の価値が同等の人も
少なからずいる、というかそういう人の方が多いかもしれない。
それは、とにかく常に車の限界を引き出して速く走れば勝てる、5~6LAP程度の
いわゆるショートディスタンスでプレイすると、このゲームに対する評価は全く
変わってしまうからであり、それで得た勝利にはこのゲームの最も素敵な要素を
楽しむ時間が入って無いからだ。

モータースポーツを見ている人、もしくは実際に参戦した経験のある人であれば、
誰よりも速く1LAPを走れるという「だけ」ではレースは勝てないという事を知って
いるはず。そしてそういう人がこのゲームを実際のレーススケジュールに沿った
ロングウィークエンド(フリー走行3回→予選ノックアウト方式→決勝)設定の
フルディスタンスでプレイすると「やったー!」の価値が上記のように跳ね上がる。

細かく説明すると自分でも収拾がつかなくなるくらいキリが無いのでやめておく
けど、簡単に言うと「何故速く走るだけでは勝てないの?」と聞かれた時に頭に
思い浮かぶ要素の一つ一つがこのF-1には詰まっているのです!

なので1戦毎に本気プレイ。もうレーシングスーツ着てヘルメット被る2歩手前
くらいの勢い。90分×2回、60分×1回のフリー走行中だけでもドライバーの
仕事はたくさんあるのだ。基本セットを出した後は燃料搭載量による挙動の違い
をチェック。当然満タン時は制動距離がハンパ無く伸びるのでブレーキング
ゾーンはだいぶ手前になり、トップスピードの伸びも悪い。逆にレース終盤の
軽い状態では車の挙動はシャープになり加速も良い。そのどちらにセッティングを
合わせるかは予選順位や天気によって大きく異なるので・・・・

と、話出すともう止まらない。レースウィークを通したタイヤのマネージメントから
レース中の燃料ミクスチャーまで体験できるレースゲームなんてシビれます。
そんなんなので流しプレイなんてサラサラする気もなく、真面目に?時間かけて
楽しんでいるのです。今の進行状況はというとシーズンも終盤16戦目。
ドライバーズランキングは5位とデビューイヤーとしては上出来で、4チームからの
オファーを保留中という嬉しい身。有力候補はトロロッソなんだけど・・・・
今回の韓国GPでいいとこ見せたらメルセデスあたりからオファー来ないかなぁ
なんて思ってるとこです。ちなみに2戦前にザウバーからもらったオファーは、鈴鹿
のスタート1コーナーで可夢偉のフロントウィング踏んずけちゃったらあっさりと
撤回されました。

どこまでリアルに作ってんだ!?と突っ込みたくなるくらいです。

地上波での放送が今年から無くなってしまったF-1。長年のファンとしては本当に
残念だけど、せめてこのコードマスターズF-1だけは引き続き日本でも発売して
ほしいです。フジTV・・・・なんで・・・・(T T)

|

« ての字もやる気はないけれど | トップページ | やっぱ速いだけじゃダメだった »