« 2009.9.24 TGS出発! | トップページ | 2009.9.29 TGSスタッフ雑記 (超前編2) »

2009.09.28

2009.9.28 TGSスタッフ雑記 (超前編)

9月24日 TGS出発!・・・・の日の朝はこんな心境でしたの巻 

起床時間はAM 6:20の予定だったが、例によって目覚まし時計がその仕事を始める
より先に起床。つい数時間前まで2010年度の企画案を作成していた割には眠気が
あまり無い。目覚めと同時に発した一言目は「やるかぁ~・・」だった。気合の入った
「やるぜー!!」でもぶっこみ系よろしく「やってやんよ!?」でもなく、「やるかぁ~・・」
である。

職場が変わってしまった為にビジネスデイではなく一般日の入場のみとなるはずだった
今年のTGS。だが、ちょうど昨年のTGSでお話して以降、AGCに協力して下さっている
XNEWS様のご厚意によって、今年は臨時レポーターという形でスタッフ4名の参加が
許された。なんとありがたい事だろう。入場まで1時間以上かかる一般日の長蛇の列を
回避できるだけでなく、メディアパスによってプレスセンターも使用できるのだ。おまけに
プレスセンターは飲み物がタダだ!!どれだけゴクゴクしてもいいのだ。

4年前に一般ユーザーとして初めて来場したTGS。入場料を払った後に待ち受ける
のは、距離にして1kmを越しているであろうファンとマニアとどっかで見た事あるキャラ
クターの渋滞。遅々として進まない列の一部と化し、炎天下を延々とホール内に入る
事が出来なかった自分にとって、その列を横断して真っ直ぐにプレスルームへと消えて
行く関係者の姿がとても羨ましかった。首からぶら下げた関係者を示すパスを眩しく
見つめながら、「いつか自分も・・・・」と憧れを抱いていた。あれから4年。そんな憧れの
パスを手にする事ができたこの気持ちは、最初からビジネスデイに参加している自分
以外のAGCスタッフにとっては共有できない喜びなのかもしれない。

しかし、そんな数々のメリットと引き換えに請け負う仕事は臨時レポーターである。
その仕事内容はXboxブース内の試遊台をプレイしてインプレッションを書くというもの。
当然そのインプレッションは、1日に何万人というXboxファンが訪れるXNEWSに掲載
される事となる。XNEWSには当然各関係者の方々や、場合によってはそのタイトルを
制作している当事者の面々までがアクセスし、その評価を確かめる。評価によっては
直接「買う事にした!」もしくは「買うのやーめた・・」という判断材料にもなってしまい
かねない。そんな大仕事を引き受けるのは正直荷が重い気がしたので、この話を
初めて頂いた時には断ろうかと真剣に悩んだ。が、この話を副代表のyuuraに話すと、
彼は2つ返事で「やろう!行きましょう!」と言った。本当に大丈夫なのだろうか?

これまでAGCの試合レポートをチェックしてきて、スタッフそれぞれの文章力がどの
くらいのものなのかは把握しているつもりだ。よくわかっている。

だからこそ不安なのだ (T T)

それより何より、その責任に対して感じる重圧がスタッフによって全くバラバラだという
事が怖い。「今までつきあってきた彼女の父親が実は名越さんだった」というくらいの
怖さだ。一番難色を示しているのが自分であって、一番不安を抱えて顔色悪くする
くらいビビッてほしいスタッフが、お気楽な感じで引き受けるのを勧めている。今にも
「わーい♪」とか言いそうだ。大体にして代表である自分ですらレビューなんて責任重大
な仕事は初めての体験であり、プレスセンターの無料ドリンクに喜びが止まらない程の
ズブの素人である。

しかし、ファンサイトでの招待が行われなかった今年のビジネスデイに参加するのは、
もはやこの方法しか無いのも事実。責任重大ではあるが、これまでお世話になって
きたXNEWS管理人様のお手伝いができる事や、更なるコミュニケーションを図れる事
も考慮すると、AGCとしては確実に前進する事に繋がるだろう。

数々の不安とAGCとしての前進。その両方から来るプレッシャーによって、楽しみより
も責任感が前に出たTGS出発の朝。その逃げ出したい程の気持ちと、やらねばならぬ
責任の表れが「やるかぁ~・・・・」なのであった。

窓の外はどんよりとした曇り空。まるで自分の気持ちを表しているようではないかとも
思えたが、すぐにこれは雨男界の貴公子の異名を持つyuuraのせいだと思い直した。
彼のイベント事に対する降水確率はほぼ100%。雨乞いに生贄を必要とした時代に
生まれていたならば、神として歴史に名を残していたであろう逸材である。

空港まではありがたい事にその神様自らの運転で迎えに来てくれる手はずになって
いたのだが、神は約束の時間に20分遅れてやってきた。既に出だしから不安である。
加えて3日前から腰に良くわからない痛みが発症しており、体調的にも万全とは言い
がたい。

あと数時間後には東京へ降り立つ。もうこれ以上不安がっていてもしょうが無い!
どれだけの事をしてこれるかはわからないが、とにかく一生懸命やってみよう。
そう心に誓いながら、飛行機のシートで最後の短い休息についた。

                                          次回へつづく

|

« 2009.9.24 TGS出発! | トップページ | 2009.9.29 TGSスタッフ雑記 (超前編2) »

コメント

たしか去年のTGS出発時も雨でしたよね。さすが貴公子。でも現地は晴れてよかった!!

投稿: super ryooooo 1 | 2009.09.29 午前 01時50分

>ryooooo 1さん
ホント、現地が晴れていて何よりでした!もっと時間に余裕があれば、色々とお話したかったです。お互い東京も遠いですが、また来年お会いできるのを楽しみにしています。ちなみにこのTGS雑記ではryooooo 1さんの事も出てくる予定です!なんて書こうかな?楽しみにしてて下さい^^

投稿: eo555 | 2009.09.29 午前 02時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2009.9.24 TGS出発! | トップページ | 2009.9.29 TGSスタッフ雑記 (超前編2) »