« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »

2009.02.28

明日からがんばります

いよいよ明日から3月。

自分にとっての節目となる日に備え、今日は予定通りに充電計画を実行。
まずは予定通りに温泉へ。ありきたりだが回復にはもってこいだ。春という事で色々な
スポーツのシーズンイン情報が飛び交う中、F-1やGTの開幕も近いとあって心は
一昔前へ。調子に乗ってサウナでMOTEGIのイメトレしてたら、シフトダウン時に
ウデと首を動かしてしまった上に「がぉん、がぉん!」と効果音が漏れた為、周囲の
人に(コイツあぶねぇ)と思われたのは間違いない。しかも5LAPもしたお陰で
サウナを出る頃には軽い貧血になっていた。はっきり言ってバカであるが、
バカであるという事が大好きなので軽い満足感を得る。

映画は13時50分からの予定。あと55分という微妙なタイミングで温泉を出る。
食事をするには時間が足りないが、映画館(というかシネコン)までは車で約10分。
ロビーで40分も過ごすのはなんだか勿体無い気がしたので、GEOにDVDを返却しに
向かう。

今まで全然興味が無かったのだけど、なんだか急に007が見たくなった。
これは年をとると食べ物の好みが変わるというのに近い事なのだろうか?
見たくなったが007についてはそれこそ64のゴールデンアイをかじった程度しか
知らない。「黄金銃がめちゃ強い!」という事は知っているが、それを本当の007
ファンの前で語るのはとても勇気のいる事だと想像できる。
それくらいならゼロでいい。

とりあえずじゃあ何年か前に出たカジノなんとかってやつを見て、明日の映画に
備えよう!と思いGEOでDVDを借りた。たぶんこれも真の007ファンに話を
すれば、「何て事してんだこのファッキン野朗が!007っつったらロジャー・ムーア
(ピアースなんだか?)だろうが!?」とか言われるのだろうが、そこまでの拘りは
無いのでいいのだ。ダニエル・クレイグで007デビュー決定。夕飯とトイレと
AGC作業を済ませ、万全の態勢でデビュー。

24ばりに裏切りが続いたお陰で誰が誰の味方なのやらわからなくなる。
アメリカンヒーロー万歳な自分としては、どちらかというと単純明快なエンターが
好きなので、正直1回見ただけでは本当の面白さに達してない気がした。
全員とは言わないが、主要人物の設定やら背景やらのサポートが欲しくなった。
まぁまぁ、多少わからなくてもいいじゃないか。明日見る007はまた別の話。
今回は今回で楽しめるだろう!

くらいの気持ちでいたのだが、いざ映画「007慰めの報酬」が始まってみると、
前作であるカジノ・ロワイヤルの直後の場面から話はスタート。
レッドクリフとか20世紀少年みたいに第1部とか第2部ってつけてもいいんじゃない?
ってくらい話は直結。昨日DVDで予習しとかなかったら全然意味わからなかったと
思われるシーンが続く。007ルーキーの自分があんまり話の事書くと全批判を
くらいそうだが、根底にある物語も前作から続いているように感じられた。
予習しといて良かった。うんうん、やっぱり何事も下準備は大事ですね。
面白かったです。

映画が終わる頃にはすっかりボンドがカッコ良く見えるようになっていた為、
スクリーンを出る時には既に背筋が伸びていた。駐車場へ続くエレベーターのドアが
閉まる時も真ん中でボンド立ちだ。帰り道の運転はメーターの針が垂直だった。
いつかはスーツを着てDBSに乗ってみたいが銃はモデルガンでいい。
本当に自分は影響を受けやすいな、と思った。

帰宅したらちょうど21時だったので、食事しながらふしぎ発見を見る。
今日は憧れちゃってやまない諸岡なほ子さんがミステリーハンターな日だ。
舞台はオーストラリア。メルボルンという響きにF-1を思い出す。過酷かつ美しい
風景と感動する話まであったお陰で目から水が出そうになったが、ここは男なので
我慢する。このふしぎ発見は20年以上も続いていて、本当に小さい頃から見てきた
自分としては、このまま自分が生きている限り続いてほしいと思う。
頑張れHITACHI!モアナルア・ガーデンパークに行く事があったら、その時こそ
我慢しきれずに涙が出るだろうなぁ・・。

そんなこんなで今日一日は充実!
明日からはいよいよ3月で学生に負けないくらいの新生活がスタートを切る。
新しい仕事、新たなるAGC。その全てが明るい未来となるようがんばろう。

| | コメント (0)

2009.02.27

あと1日  (AGC関係ないよ)

昨日は日が変わるどころか夜も明けたというタイミングで就寝したにもかかわらず、
今日は朝8時に起床。明日、2月いっぱいで自宅警備員を退職する事となったので、
朝からハローワークへなんだかよくわからない書類をバサッと提出。
大手自宅警備会社の大先輩であるsabrina先生を差し置いて退職してしまうのが
心苦しい。色々とありがとう先輩。これからも頑張って下さい!

前職を退職時に「この時間使って積みゲーを消化しよう」なんて思っていたのに、
まともにクリアしたのはもはやいつ買ったのかすらわからないニンジャガイデン2と
アサシンクリードの2本のみ。結局時間の大半をAGCのデザインやら構想やらに
費やしていた気がする。

急に時間に追われる生活に戻る事になった為、近いうちに・・と思っていたあんな事や
こんな事が圧縮されてやってきた。残る時間はあと・・・・1日?
そりゃ無理だ。せめて明日1日は、これから始まる2ndシーズンに備えて好きな事を
して過ごそう。そうだ、見たい映画もあったんだ。映画見て食事して、ついでに
ゲームを・・・・買ってしまうとまた積むだけなので、ブラブラと見に行こう。本屋も行こう。
丸一日でしっかりと休息充電して、3月から走り出そう!

もうすぐRound④HPと2クラス分のブログも同時にオープンとなる。
初年度程ではないけれど、今季は今季で新要素を多分に含んでいるので、やっぱり
色んな事が実際に開幕してからでなければわからない。昨年一番追い込まれた時
には、運営スタッフの間のコミュニケーションすらピリピリとしてしまっていたから、
今季はやる事だけは昨年以上にきっちりとやりつつ、イイ意味で力を抜いて、
背伸びせず、無理をしないで楽しく運営していきたいと思う。

運営スタッフの皆さん、今季も最後までよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2009.02.25

開幕へ向けて

おし!おわったー!!!

と、いうのはRound④ホームページ作成の話。
まだこれで全て完成というわけではないですが、日に日に構成パーツも出揃い、
形が整えられてきました。終わったー!というのは自分が担当するFLASH作成の事。

自力で、というかテキトーにいじくりまわしてれば理解できるでしょ?とばかりに
始めたFLASH作成ですが、わずか2時間程で心が折れ、3日前にあきらめて
攻略本を買ってきました。「その名も一週間でマスターするFlash CS3」!
あからさまに初心者用っぽいタイトルですが、お陰様で一週間の内容も2日で終え、
昨夜遅くから今日の今までかけて50秒程で再生するCM用FLASHが完成。
明日夜のスタッフミーティングでスタッフの皆に見てもらう予定です。

開幕準備に努力してるのはスタッフの皆も同様。明日のミーティングではそれぞれが
自分の担当する仕事の成果を持ち合い、評価をしたりされたりしつつ完成度を
高めていく予定となっており、それによって自分達のモチベーションも上げていこうと
いう計画。うーん、コイツは去年を上回る本気っぷりだ!

先日の更新情報ではDivisioN制の導入と、それに伴う2クラス同時開催を発表
させていただきましたが、次回の更新情報ではもう少し具体的な内容も発表
できるかもしれません。まだエントリー開始前なので実際どうなるかわかりませんが、
今のところの運営陣の心配はやっぱりDivisioN-1クラスの選手の不足。
こればっかりはどうしようもないですが、IAやNDに在籍する日本トップクラスの
選手や、super ryooooooo選手を代表とする超若手選手が日本のプレイヤーの
先頭に立ち、どんどん道を開拓していってほしいと願っています。

開拓者はいつも向かい風にさらされながら道なき道を歩かなければなりません。
もうなんていうか、ホント大変。いつあきらめたとしても、周りはとやかく責められない
くらい大変。でも堂々と「オレはMLGの舞台に立つ!」と言えるのは、やっぱり
カッコイイし、それに対して本気で取り組む姿は応援せずにはいられません。

今季の開幕まではもう少し。昨年の経験があるとはいえ、まだまだやっと2年目。
不備や至らない点も多数あると思いますが、出来る限りの準備をして選手の
皆さんを迎えたいと思っています。

最近のタイトルの充実ぶりはハンパ無いですが、いよいよ今週はHALOWARSが
発売!新マップ、楽しみですね。

| | コメント (0)

2009.02.09

2/9

今日は朝から09用新HPのパーツを作成!という事で今季はブログとHPとを連携
させて運営する形になる予定。正直自分はサーバーがどうでHPの仕組みはこうで・・・
とかのシステム関係はほとんど素人だ。その点、新運営陣のyadorokuさんは仕事で
PCのサポートを行っている方なので超心強い。なんとか開幕までに参加する選手の
皆が自慢できるようなカッコイイHPに仕上げたい。

昨日の更新ではなんだかんだと厳しい事も並べたが、大人の方であればあるほど
同様の意見が多く聞かれる。実際昨年は「選手の意識レベルに失望した」という声も
あった程だが、まだまだ全て始まったばかり。AGC、運営陣が一歩ずつ前に進もうと
するように、選手の皆もきっと一つ一つの課題を自分達で見つけながらクリアしてゆく
事で成長していくのだと思う。この日本でプロを目指すゲーマーであるという事を
自覚し、ネット上に自分の顔を出し、自分の意見を堂々と述べてゆく事は今の現状
では相当なストレスを抱える事に繋がるが、それでもその一歩を踏み出そうとしている
選手を数名知っている。今はその数名を全力で支えていきたいというのが運営陣の
本音だ。本気の思いには自分達も本気で応えていく。

初代チャンピオンとなったIA。2位と3位の実績を持つチーム同士が統合して
立ち上げた新クランND。この2つの大きな勢力を中心に今年も展開していく事になる
だろう。自分も今からこの2チームの直接対決が楽しみだ。特に新クランNDは4名の
スターティングメンバーに誰を起用するのか興味が尽きない。FB、SSの看板選手
だったFB BaRkuN選手とhalomom選手は確定としても、残る2名は相当熾烈な
生き残り合戦となる。ある意味非常に贅沢な人選だ。対するIAはYohsizumi選手が
IAを離脱したらしく、スタメンに新メンバーが起用される可能性も出てきている。
いずれにせよそのポストに要求されるレベルは非常に高いと思われるので、簡単に
見つかるという事はないだろうが、開幕時に誰がそのポストで胸を張っているのか
楽しみでもある。一方自クランのR④はというと、まだメンバーは全くの未定。昨年は
FA選手をメインに構成していたが、今年もそのスタイルは変わらないと思う。個人で
出場したいがチームが無い!という選手をどんどん採用していきたい。

ちょうどこの更新を書いているタイミングでNDのBaRkuN選手から呼びかけがあった。
Next DimensioNへの統合後もFINALBOUTブログという形を取ってきたが、NDとして
の準備が整ったようで今日の夜にはFBブログからNDブログへ看板変えを行うとの事。
頑張ってほしい。

| | コメント (0)

2009.02.08

たまにめんどくさい話をする

F1000083_2
昨日の夜、yuura君と新運営陣のyadorokuさんを家に迎えてAGC09のミーティングを
行った。今年は色々と新しい要素が加わる予定で、その準備の為に今日は一日の
時間の大半を費やした。早く録画した仮面ライダーディケイドを見たいところだが、
あと数時間はおあずけっぽい。

09についての情報はまだまだ発表できる段階ではないが、既に具体的な動きに
入ってきている。色々と準備は進めているが、今想定できる事で一番心配なのは、
やはり選手不足。昨年活躍した有力クランも統合や選手の引退宣言等によって
安定した状況では無い様子。現役選手においても今はまだオフシーズンをそれぞれ
のペースで過ごしているようなので、開幕直前になってバタバタと色々動き出すの
だろう。レギュレーション等で昨年からの大きな変更点は無い予定だが、実際に
公式通知を出してエントリーを開始するまでチームとしても動きようがないのかも
しれない。ただ、運営側としても事前にエントリーチーム、総選手数の想定はより
正確にしておきたいというのも本音。それによって総試合数や日程スケジュールが
決まってくるからだ。

TGS運営事務局からのメールによると、今年のTGSは「9月24日(木)もしくは25日(金)
から27日(日)までの間」の開催となるらしい。昨年のTGSでは色々な思い出が出来た
と同時に、AGC、Round④、そして参加した選手にとっても確実に2~3歩前に進む事
が出来た事を実感しているので、今年も是非とも同時季に09のグランドファイナル
をぶつけて関係者全員のモチベーションやテンションを上げていく仕掛けを含みたい。
逆算すると3月後半から4月アタマの開幕が有力となるが、その予定も試合数、
イコール総エントリー数によって大幅に変わってくるので今の段階ではなんとも
いえないところ。もう少ししたら選手と接する機会を増やしてリサーチを始めてゆく
事になるだろう。資金集めもしなくてはならない。

まだまだ開幕までの課題はあるが、開催に向けて努力を続けるので選手達自身も
本気でプロを目指すのであればラクをしないで貪欲に取り組んで欲しいところだ。
彼等自身の意識改革と本気の思いが無ければ、運営陣がどんなに高い理想を
掲げたところで時間と労力とお金のムダ使いにしかならないのだから。

もしこういう言い方を選手達が厳しいと感じるのであれば、それは「プロ」の世界を
甘くみている証拠なのだろう。実際自分もわずか十年そこそこをプロアスリートとして
経験しただけで、数十年という長い年月をプロの世界で生き残ってきた方々から
見たら相当アマちゃんなのかもしれないが、そんな自分ですら今の選手の状況は
プロとは程遠いと感じさせる部分が多い。正直F-1目指すカート少年の方がよっぽど
自分の立場を自覚してマネージメントを行っていると思う。「なれるんだったらなる」、
「プロより自分が強いから、プロに勝った事があるからオレもなれる」とか平気で
人前で言えるうちは、思わずアタマを抱えてしまいたくなるくらいの遠く険しい道のりが
待っている事だろう。

そして今季ももしAGCという名のMLGを求める声があるのであれば、それは見るべき
方向がまるで間違っている。同じルール、同じマップを使用したからプロになれるの
ではない。確かに方向性の一つとして100%MLGの大会を行い、同じルール下で練習
を積み、切磋琢磨し合いプロを目指すというのもアリなのかもしれない。だが、だからと
いってそれを我々に無償で求めるというのは全くのお門違いだ。ましてHALO3の
ゲームタイプにはMLGも用意されており、その気になればいくらでも練習できるの
だからそれで十分なはずだ。それでも大会に純粋なMLGを望むのであれば、MLG
ルールで自分が強い存在であるという事を証明したいから!というエゴのようなもの
だろう。誰にそれを証明するのか?国内に?何処かの有力者に?

だが、そうは言ってもMLGの存在が選手達にとって憧れであり夢の舞台である事も
切ない程に理解できる。あの輝くステージの上でスポットを浴び、華麗なテクニックで
観客を興奮させ魅了してゆくプロゲーマーの姿に、彼等日本の選手は一体何度自分
を重ねてみて来た事だろう。かつて体中を埋め尽くす程のスポンサーパッチに彩られた
ピカピカのレーシングスーツに身を包み、自信に溢れる姿でピットを歩くトップドライバー
とすれ違う度に、「いつかは自分も絶対に」!そう思っていた昔の自分の姿を思い
出さずにはいられない。

自分だってチャンスがあればトップに立てる。同じ条件、同じ態勢があればトッププロ
にだって負けない。「間違い無く自分の実力はプロと同等だ!」
本気でそう思っていたし、今思い起こしてもその思いが間違いだったワケではない。
ただ、今だからこそ確実に言えるのは、「それだけでは足りなかった」という事だ。

チャンスがあればというのはいつの事なのか?同じ条件、同じ態勢、同じ境遇は、
ではいつになったら与えられるのか?運の要素、生まれもっての境遇で上にいける
人間もいるにはいる。与えられずとも注目を浴びる場所へ出る事が許されている者。
自分がその一握りの幸運の持ち主であればそれでいいが、その要素も境遇も持ち
合わせていないのであればどうすればいいのか?どうするべきなのだろう?
地力で行けるならとっくに行っているはずだ。それが出来ないならば誰かの助けを
借りるという事になる。その助けがないから「プロと同等の一般人」なのだ。では何故
その助力を自分は得られないのだろうか?

もし、万が一今季もAGCにMLG化を望む選手がいるとするならば、まずはそこから
考えてみてほしい。

MLGを否定しているワケではない。むしろMLGに憧れる気持ちは自分や運営陣の心
にもある。ただ、今選ぶべき選択肢ではないように感じる。自分の信条の一つに
「何事もやってみてから」というのがある。だったらMLGルールもやってみてから!
そう言いたいところだが、それとこれとは話が違う。理解できないのであれば、自分
自身がリーグを立ち上げ、選手を集め、資金を調達し、労力と時間をつぎ込み、無償で
運営してみるのがいいだろう。

・・・・今年も無事そんなこんなを考える時期が来たという訳だ。思えば昨年は選手の
信頼と理解を得るのにとても時間がかかった。ここにつぎ込むetcは初年度程では
無いと信じたい。

そんな事を日々考えていると、腰を据えてやるタイプのゲームをプレイするだけの
余裕が無いらしく、最近のお気に入りはPSP。ちょこちょことメジャーな狩りゲー
なんかもしちゃったりするが、サイコーなのはPS3からDLするアーカイブス。
Gダライアスの一人スコアアタックが今のメンタルにぴったりフィットらしく毎日3プレイ
くらいしたりする。あと何を思ったか懐ゲーのミュージックを聴きたい気分らしく、
気づいたらamazonカートに懐ゲーCDが3枚入っていた。それが今日到着。
音の話はまるで素人だが、ソーサリアンのオリジナル音源を聞いていたら中学校の
友人宅を思い出した。とても静かな部屋にPC88のあの独特な音が響いていた。
ダライアスにしてもそう。懐ゲーに浸りたい気分な理由は自分自身がよく知っている。
全然関係ないが、アフターバーナーは「アウアーアーアー」と発音するのが大人だと
教わった。今度大人な場所で使ってみようと思う。

| | コメント (0)

2009.02.06

今更NEW YEAR 09

久々にして今年度初のブログ更新。とうとう「あけまして」の挨拶をする事もなく1月は
終了。遅れたというか今更な感じで挨拶なんかしたら逆効果な気がしないでもない。
が、それでも一応念のために言っておくのがいいだろう。。。?

えー、皆様「あけましておめでとうございます」。

・・・・自分でも「今更かよ!」って突っ込んだ。


とまぁ前置きはさておき、もう今年も2月に突入。いい加減あれやこれやを具体的に
していかないと来月あたりにアタフタとしかねないので、そろそろ本格始動!
の前のアイドリング!の準備・・・・みたいな?

いやいや、ちゃんと動き出してます。数日前にAGC運営陣と具体的な09年度大会に
関する会議をし、昨年からの変更点やレギュレーション外の新要素等について話を
しました。逃げ出す一歩手前まで自分を追い込む運営陣のやり過ぎ感と、AGC選手
一人一人の協力のお陰で初年度となったAGC2008は大成功!!

だっただけに、具体案を出せば出すほど今年の目標とするところがとても高い位置に
なっていきますが、まぁ、「なんとかなる」スピリッツでふんばります。特に公式サイト
には参加選手以外の方も楽しめるような要素が増える「予定」なので、実現に向けて
頑張っていこうと思っています。

昨年末に行われた5☆。初の試みだったので、正直フタを空けてみるまで結果が
どうなるかわかりませんでしたが、参加選手の感想から手応えを感じると同時に、
まだまだ努力次第でAGCの裾野を広げる事ができそうな印象を受けました。
このイベントでは代表チームに勝利した方へプレゼントを用意していましたが、それと
同様に、選抜された12名の方にも報酬を用意していました。今のAGCの規模は
本当に小さいけれど、プロとしての意識を持って臨んでもらえるようにとイベントの
勝敗に関するリザルトカウントから算出する方式。いわば成功報酬です。

この成功報酬に関する結果報告ですが、選手の方にはまだしていません。
もう年度も変わってしばらく経っているので、もしかしたら「忘れてるんじゃないの?」
と疑われている事この上ありませんが、実のところ忘れていたワケではなく・・・・
eo555の自己紹介欄にこっそりヒントを置いておきましたので気になる方は見てみて
下さい。

「ぁ~・・・・そういう事ね。」と。

まぁ選手にとってあのイベントにおける報酬自体はオマケ要素のようなものでしたが、
結果がストレートに反映するあたりも「プロ」って事で、それぞれ納得できるのでは
ないかと思っています。個人出資なのでスグ目の前に限界はありますが、大会以外
にもこういった機会はできれば増やしていきたいので、これにめげずに次!そのまた
次!!と、どんどん自分自身のモチベーションを上げていける選手に育っていって
欲しいと願っています。お互いまだスタートを切ったばかり。今年も頑張りましょう!

いい加減トップの画像も変えるぞ!っと!

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »