« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.31

HALOはいつまで?

 
   
エースコンバット入荷!
   
明日発売日。フライングなんてセコいマネはしません。
自分も購入予定だけど、今は仲間内とのHALOが最高に楽しいので
エースを楽しむのはちょっと先になりそうな気配。
あんまり先延ばしにすると、今度はアサシンクリードやキングダムアンダーファイア
に当たってしまうので早めにやりたいところ。
    
なんだけど!
    
やっぱりまだまだHALOが面白い。
これで新MAPとか配信されたら余計他のゲームに手が回らない。
      
いやいやなんとも幸せな悩み。
夏のタイトル不足が嘘のようだ。

| | コメント (0)

光にしたい

目が覚めたら朝9時10分だった。

早番の日は大抵9時15分に家を出る。目が覚めたのが9時10分。
トーマス目覚ましは鳴ったんだか鳴ってないんだかわからないくらい記憶に無い。
やばいくらい大寝坊。遅刻せずに済んだのがせめてもの救いだ。
寝ぼけながら目覚ましを止めたとして、ここまで記憶にないものなのか?
もしかしてアルツ?若年性なんとか?とかいうのは洒落にならない。
昨日の夜メシはなんだっけ?あれ?思い出せないぞ?
うわ、洒落にならん!
・・・・あ!わかった豆腐ハンバーグとオムレツだ。
う~んヤバイ。これではドラクエⅢのぼうけんのしょといい勝負だ。

帰宅後、仲間内とHALOを楽しむもネット回線の機嫌がどうにもよろしくないご様子。
昨日も2回程ランクマッチの途中でオトされたのだけど、「こんな日もある」
くらいにしか思ってなかった。
けど、今日はその約4倍。
対戦中に7回も接続不良になり、ホストと再接続中の状態になった。
最初は全員が再設定になっているのだと思っていたが、後から聞いた話では
他のメンバーは通常通りにゲームが進行していたとの事。
画面上ではいきなりeoが動かなくなり、しばらくして消えた、もしくは仁王立ちに
なってるところを倒されてしばらくしてからパーティーの近くに復活していたらしい。
その間自分の画面ではスコア表と再設定の文字が出ているだけ。

仲間の中にはケーブルTV回線の10Mクラスも混ざっていたというのに、
一番不安定だったのはYahoo50M回線のeo555
って事はなにかい?
自分の回線はそれにも劣るってことかい?
最高出てても6M~8Mくらいがいいとこって事?
いくら自分がヘタッピだからって、こんなにラグとかあったんじゃあ勝てる場面も
もしかして勝ててないんじゃないのか?いや、確かにウデも悪いけど!
それにしたって相手を追い込んでる場面で急に棒立ちになって逆KILLされたりとか、
オトされてペナルティーのマイナスが増えるなんてのは勘弁してもらいたい。
全力出して負けるならともかく、回線オチで負けたりペナルティー受けたりとか
したのでは気持ちよくゲームできない。ストレスが溜まる。

回線・・・・そろそろ変えようか。

メアド変更がネックだが、こんな状態が続くのであれば我慢するのも限界。
負けを回線のせいにするのもなんだかカッコ悪いし、何よりオトされると
一緒に組んでくれたメンバーに迷惑がかかる。申し訳ない。
どうせだったらやはりここは言い訳できない光回線に変えたいところだ。

そういえば、どんな意味あるのかはよくわからないけど、たまに
「eoさんって光だからeoなんですか?」とか聞かれる事がある。
なんでeoだと光なの?と毎回思うが面倒なので調べてはいない。
自分の知ってるeoといったらマイケルジャクソンのキャプテンEOくらいだ。
歌って踊って宇宙に平和を取り戻す、ネバーランド在住のアノEOさんだ。
確かに宇宙に光を取り戻す存在なのかもしれないが、
わざわざ人に聞かれるほどメジャーでない気がする。
だいたい光=キャプテンEOだからeoなんですか?って意味がわからない。
なので、たぶんマイケルは関係ない。でもそれ以外に検討がつかない。

まぁマイケルは置いておくとして、光回線はぜひ欲しい。
もしかしてもしかすると、回線が変わったら勝率が少し上がるかもしれない。
上がらないにしても気持ちよく対戦できる回数は増えるかもしれない。
うん、そうに決まってる。なんてったって光だ。光はスゴイのだ。

明日もこの状況が続くようであれば本気で替えてみようと思う。

| | コメント (0)

2007.10.29

遊んで回復派

F1000052

 

 

 

 

 

 

今日は休みだというのに11時半に起床。

目覚ましは9時にセットしておいたのだが、しっかりとストップのスイッチは
押されている。情けない。押した記憶が無い。
ここのところ毎日約4時間程度の睡眠を続けていた。
ちょっと前(と言っても数年前か?)までは全然それでもやっていけたし、
どんなに疲れたと感じる日でも目覚めは良かったのだが、
最近は精神力に身体がついていってない感じ。これもトシのせいか?
少し無理を続けただけで、体力が低下して抵抗力が落ちるのかすぐに風邪の
ひき始めの症状に襲われる。喉が痛い。なんだか熱っぽい。
なのに休まない。休む時間が勿体無い。その価値観まではスグには変わらない。
疲れたから寝る。のではなく、疲れたから遊びに行く!
というのが自分自身最良の回復方法だとしてきたが、本当はもう休むときには
休まなくてはならないのかもしれない。
でもまだ認めない。疲れた時こそ遊んで心の中を回復させなきゃ!
健全な精神に健全な身体は宿る。
あれ?普通は逆だったっけ?

だいぶ遅れて一日のスタート。こんな日は何故か何をするにも焦ってしまう。
遅れた分を取り返さなきゃと一人でせわしなく考え、行動する。
一通り用事を済ませて今日初の食事にありつく。午後3時半過ぎ。
世間は朝食どころかランチもティーも終わっている。
読みかけの本を持って近所のモスへ。いつもだったらミスドなんだけど、
昼過ぎの一食目にドーナツ食べまくりというのもどうか?と思いモス。
モスサラダごはん鳥竜田と、ポテトとブレンドのSセットをオーダーする。
真っ白に穴が空いた状態の口内炎×3のせいで、
口に何かを含んだだけで涙が出る。かなり痛い。
サラダのドレッシングや熱いコーヒーが特に染みる。
気分的に100%はおいしくいただけなかったが、
それでも初挑戦のサラダごはんは予想よりもずっと美味しかった。
自分的に、モスのメニューはほとんどハズレが無い。
今度、口内炎が直ったらもう一度同じものを食べたい。
今日よりずっとずっと美味しいはず。
色んなところが弱ってたので、コーヒーにはミルクも砂糖も全部入れた。
甘いものが気力も体力も回復させてくれるわけではないだろうが、
ちょっと気休めになる気がした。いっそココアの方が良かったかもしれない。
ブレンドよりもココアの方が色々と回復しそうなイメージだ。


読み始めてからもう結構な時間が経つが、未だに「小島秀夫の視点」を
読んでいる。すごい感性。想像力。あとは・・・・妄想力??
人がひとつの物や事に対して二つ三つの事柄を思い浮かべるとするなら、
その数倍の観点から、これまた数十倍の色々な事柄を想像する。
そんな人という印象。感受性が強いからこその打たれ弱さや傷つきやすさには
思わず自分を重ねてしまう部分がある。

自分の中の勝手な定義の一つに、
「頭の良い人とは優しい人の事だ」というのがある。
あまり理由をうまく説明できないけど・・・・
例えば、普通では考えもしないような相手の事柄を様々な観点から
パーツを拾い集めてしまう事で、その人の心情を想像して理解してしまう。
(想像して理解っていうのはある意味勝手な決めつけかもしれないけど。。)
あの人の置かれている状況はこうだ。こういう行動をとったという事は、
こういう考えに基づいているという事だ。そう考えたからこそこうしたのだろう。
などと推測する。
時と場合によってはただの思い過ごしや考えすぎだったりするのだが、
要はその過程において、その人物の良い点、優しさをどこかしらで見つけて
しまったりする場合が多いから、その優しさに自分の心が反応して
自分も優しく接してしまうのではないかと思っている。

もしくは相手の行動の数手先に待ち構える困難が本人よりも先に見えてしまい、
それをあえて自分が引き受けることで、その相手を守ってあげる事が多い人。
目先の優しさではなく、相手の事を色々と瞬時に考え抜いた上で発言や
行動できる優しさ。そんな優しさを見せてくれる人に出会ったりすると、
例え仲間内や職場での評価がどんなに悪かったとしても、
自分にとっては尊敬できる頭の良い人という評価になる。

逆に世間一般で、仕事ができる、頭の回転が速い、優しい、と評価の高い人でも、
評価目当ての仕事だったり、勉強ができるだけだったり、表面上の優しさだと
感じられる欠片のようなものが見え隠れすると、自分としてはなんら魅力は感じない。

勝手な基準、勝手な定義。
自分にしか通用しないオレルールなのかもしれないけれど、それを思うと
良い人ほど馬鹿を見る世の中
という言葉が現実味を増すような気がして、ちょっと寂しい気持ちになる。

考えすぎかな。やっぱちょっと疲れてるのか。
さて、ではどうしようか。寝て回復。
・・・・はまだやっぱり抵抗がある。
それじゃさっそく遊びに行こう!

| | コメント (0)

2007.10.27

初恋並みの土曜日のふしぎ

週末の楽しみを今日はめいっぱい満喫した。

と、いっても、別にオシャレなお店で高いディナーとかそんな贅沢じゃない。
いつものように日立 世界ふしぎ発見を見ただけ。
なんだけど!!
今日は諸岡なほ子さんがミステリーハンターの日。


毎週最後に3週先までの予告があるのだが、どんな場所のどんなふしぎか?
よりもまず、誰がミステリーハンターか?が気になってしまう。
で、好きなミステリーハンターが興味のある土地に行く!とかになると
もうそれはそれはただ事ではない。オリ(ジナル)コン(ボ)並のHITだ
1プラス1で100!みたいな感じ。
うん。そうそう。よくわからないがそんな感じだ。

その中でも一番好き、というかもう憧れちゃってるミステリーハンターが
今日出番だった諸岡なほ子さん
なんでもMONAという名前で作詞やら何やら色々な方面でもご活躍中らしいが、
実はそこまではよく調べてなかったりする。
オイ、お前ホントにファンなのか?

女性の話とか実は大の苦手で、気の合う仲間であるyuura君とも
ホント滅多に女の子とかの話はしない。いい年していまだにテレるからだ。
だがMONAさんの事は、彼女はとても素敵な女性です!と人前で言える。

圧倒されるような世界中の景色や遺跡、遺産。
それを見ているだけでも心が動かされるのに、それを背景にあの笑顔。
頭がボーっとするほど見とれてしまいます。
うわーそりゃキケンだ!逆上せてるんじゃない?ちょっとストーブ消そうか?

昔、危ない目に合ってドキドキするのを恋だと勘違してしまう事がある。
というのを確かめる実験を何かの番組で見た。
高くて細くて危なっかしいユラユラと揺れる吊り橋の上で、
女性が好きでもない男性に告白される。というシチュエーションだったが、
つり橋の上にいる恐怖による心拍数の上昇を、好きだと言われた事による
ドキドキだと心が勘違いして、自分もその相手を好きになってしまう。
という内容だったかな?

自分の場合は別に勘違いをして憧れちゃってるわけではないが、
もしその実験が本当なら、似たような心拍数の影響も受けているような気がする。
情けないことに、自分はTVで壮大な遺跡や手に負えない程の自然の風景を見ると
なんでか自分でもわからないけどドキドキして、涙がでてきそうになる事がある。
恥ずかしいのでそんなときは毎回必死にこらえる。
「う~ん、眠たい・・・」と聞こえるように呟き、目をこする。
それくらい自然の威厳というか壮大なロマンというかそういったものに弱い。
そんな自分が(残念ながら)この目で実際に見る事はないであろう
世界中の壮大な風景に心揺さぶられている中、ミステリーハンターの方々は
純粋な笑顔でカメラに向かって語りかける。演技ではない本当の笑顔。
たぶんあの場にいるスタッフの方々も心からその風景に感動しているのだろう。
そんな状況でそんなの1時間も見て憧れないワケないじゃない!
だから彼女に限らず、ミステリーハンターの方々は大抵皆好き。

で、その中でも一番MONAさんに憧れる。
聞いた話だけど、ミステリーハンターの倍率は東大の比どころじゃないらしい。
そんな事を聞かされて、憧れる以上に尊敬もしてしまう。
一緒に旅をするスタッフが羨ましい。心底羨ましい。
そりゃもう羨ましい限りだ。
どんなに先の未来でもいいから一度お会いしてみたい。
その時恥ずかしい思いをしないよう、自分も日々を一生懸命がんばろう。

登場回が終わったばかりという事もあり、3週先の予告でもMONAさんは出ず。
今頃どの国でどんな景色をみて何をしているのだろう?
寝ているのかな?取材の真っ最中?現地の料理を試食中??
って、
これじゃ初恋中学生みたいじゃないか。
でも同じ地球上、自分の真上の空と繋がっている空の下のどこかに
MONAさんもいるのだと思うと気になって仕方がない。

気になって仕方がないのでHALOでもしてちょっと忘れよう。

| | コメント (0)

2007.10.26

運命という名のガンダムに

F1000050 

 

 

 

 

 

 

今日は昼からリサーチも兼ねて色々なエンター店舗回り。

どこもX360の最近のソフト(オペダク、ブレイドストームetc)は在庫切れ。
良い方向で考えれば勢いがあるという事。
後ろ向きに考えると、未だにどこも在庫は少ししか置いていないという事。
いちユーザーとしては「なんだかなぁ・・・・」で、
競合店舗の店員としては「おし!もらった!」
ハピネットの担当さんから、首都圏などでも周辺機器の充実している店が
ソフトの売れ方も勢いもイイ!との話を聞く。
確かに最近マイクロソフトポイントやLIVEスクリプトカードがこまごまと売れている。
在庫量はウチもあまり持っている方ではないが、一通りのものは揃っている。
あとは欠品だけしないように注意していけば、ユーザーからの信頼も
少しずつ得られるはずだ。

立ち寄ったGEOのプラモデルコーナーで本日発売となった
MG(マスターグレード)デスティニーガンダムを発見した。
ガンダムシードは全部見たが、その時のデスティニーの印象はというと
自分の中ではなんだか悪役っぽい目つきで好きになれなかった。
主人公キラ・ヤマトと、その愛機であるストライクフリーダムが
完璧なまでの強さとカッコ良さを備えていたので、そちらに惹かれていた。

けど、先日ホビー関係の雑誌に目を通している時の事。
たまたまこのMGデスティニーのリリース情報を見かけたので、
記憶からストーリーをもう一度手繰り寄せてみたら、
何故か印象は全くと言っていいほどに違っていた。

アニメを見た当時は、限りなく完璧に近い存在の主人公に対して
卑屈で根暗で不器用なもう一人の主人公シン・アスカを好きにはなれなかった。
あれからもう一度アニメを通して見返したわけでも、何かのきっかけで
ストーリーや設定について深く考え直したわけでもない。
でも、思い起こした記憶の中のシンは、卑屈で、根暗で、不器用だったけど
真っ直ぐで、自分の弱さに必死に立ち向かって、自分の正義を信じて
一生懸命闘った。
そんな、純粋故の危うさを持った青年に変わっていた
自分で意識なんて全くしていなかったのだけど、いつの間にか
完璧で、ある意味ヒトとしての悟りを開いてしまったキラよりも、
ヒトとして、弱くても必死に生きたシンにとても魅力を感じるようになっていたのだ。
これには自分自身がかなり驚いた。
逆に今は、何故当時シンよりもキラに惹かれていたのかがわからないくらい。

アニメのキャラに自分の心境とか価値観の変化を気づかされるとは思わなかったけど、
これはこれでとても貴重な発見だ。今日はGEOに行って良かった。
時間があれば、もう一度ガンダムシードを通しで見たい気持ちになった。
もしかすると、また何か当時とは違った「気づき」があるのかもしれない。

思わぬ発見をさせてくれたMGデスティニーに感謝。
これも何かの縁だと思い買って帰ろうかと思ったのだが、残念ながらプラモデルは
Myルールで購入禁止!自分でもちょっと嫌なのだが、他人にも嫌がられるくらい
凝り性な上に完璧主義なので、プラモデルなんて作ろうと思った日には
ツール一式から揃えかねない。どうせ作るならエアブラシでキレイに色を塗って
パテでラインも消してヤスリでシャープさもビシッと出したい!などなどなど・・・・
出費はかさむわ多大な時間を費やすわで、考えただけで危険極まりない。
おまけにHALOの練習だってもっとしたいし、映画だってもっと観たい。
しばし売場をうろついてはモノ欲しそうな顔でMGデスティニーの箱を手にとるが、
その度に超強力なブレーキがかかる。
パッドとディスクなんかもう真っ赤っ赤のロック寸前だ。

元々モノを作ったり絵を描いたりするのが大好きなので、プラモデルは
のめり込む危険度がめちゃくちゃ高い。考えるまでもなく自覚があるので、
ゲームに対してのブレーキはチャリのカンチブレーキ並みでも、
こういう創作系に対してのブレーキはブレンボの6ポッドレベルなのだ。
そうじゃなければ止まらない。そうでもなければ止められない。

やっとの事で思いとどまる(おぉスゴイ!)が、ここで気づかせてくれた事は
普段滅多に無い自分との出会いである。
物欲として欲しいというよりも、とある一日の気づきとして形で残したい。
数店舗回って、完成品のFIXデスティニーガンダムを買って帰宅。
これならちょこっと組み立てればスグに完成するし、ヘタに手を加えなくてもいい。

あの時は悪役っぽく見えたデスティニーの目の下の赤い縦ライン
自分の愛した人を失いたくない一心で闘いに明け暮れた末、
本当に守りたかったものを見失い、自らの手で壊してしまっていったシン・アスカ。
そのシンと運命をともにした、運命という名のガンダム「デスティニー」が流した
嘆きの涙のように今は見えなくも無い。

F1000051 組み立て完了!
今日からは一番好きなMS。
間接がポロポロと取れるので
アクティブなポーズは無理。
残念!

| | コメント (0)

2007.10.25

購入予定

 
 
今日はめでたい給料日!
 
調子にのってソフトを何か買って帰ろうかと(^-^)v
前々から気になってるタイトルが3本。
候補1は残念ながら自店では未だに一本も売れていないPGR4。
1から全てプレイしてきているので
いつも通りなら購入済みのはずだが、
今回に限っては自分も未購入。
今作のウリのひとつであるバイクに
全く魅力を感じない為テンションが上がってこない。
 
候補2.体験版が塊シリーズ初体験だった自分は、その転がすだけの楽しさに
ハマり、
出張前にはPSP版の僕の私の塊魂を買ってしまったほどだが、
今回はPSP版の比じゃない程に大きな塊が作れる。
ちょっと魅力的だ(〃▽〃)
だが、購入者の話だと3時間程で全ステージクリア可能らしい。
やり込む気は最初からないけど、3時間とはさすがに短い命だ。どうしよう?
ステージをダウンロードすればいいのかも知れないが、値段がちょっと高い気がする。
 
候補3のオペレーションダークはあんまりチェックしてなかったタイトルだが、
某レビューサイトの評価文に「リング・オブ・レッドに近い感じ」とあった。
「リング・オブ・レッド」とは数年前にPS2で発売されたシミュレーションで、
当時パッケージ裏のスクリーンショットに心動かされ、衝動買いしたら
めちゃくちゃハマったタイトル。
続編が出るのを非常に
楽しみにしていたのだが、結局未だにリリースはされていない。
そのリング・オブ・レッドの名にひょんなところで再開。
レビューを鵜呑みにするわけではないが、いやがうえにも期待が高まる。
 
さて、どれにしようか。つかの間のシアワセな悩み。
閉店までには決めておこう。

| | コメント (0)

リアルアサルト

15分ほど前に起床。

今日は遅番。出勤まであと1時間半ほどあるので更新する。

ここ2~3日程更新してなかったのは色々と予定があったせいもあるけど、
それ以外は間違いなくHALOのせい
毎日目の下が腫れているのも風邪が一向に治らないのもHALOで、
クレーターみたいな口内炎が2つできているのもHALOのせいだ。

つまり単純に寝不足だ。
それほど時間を惜しんでHALOしてるにも関わらずウデの方はさっぱり上達しない。
悔しい。けど限界ではないはずだ。継続していく事で技術は上がる。


これを書いていて思い出した。
ちょっと前までこんな夢を見ていた。

yuura君、ryo君、など昨夜(というか数時間前)まで一緒に遊んでいたメンバーと
商店街のようなところを歩いていた。
一人は丸めたティッシュを大事そうに持っている。
これはニトロを染み込ませた大変危険なティッシュだという。
武装して迷彩服に身を包んだ仲間達が商店街を駆け抜け、
大きなビルに入ろうとしている。ずいぶんと警戒しているようだ。
kagrra君がジャンプしながら銃を撃ち始めた。スグにOKのサイン。
今ので二人倒したらしい。
皆がスゴイと言っている。自分も「ぉお!」と言っている。

が、間髪入れずに街中に工事中のような黄色いランプが一斉に光りだし、
警報が鳴り出した!赤いベスト?のようなもの?を着た連中が
どこからともなく現れ、一斉に何かを探しはじめた。このままでは取り囲まれる。
いつの間にやらkagrra君もyuura君も青いベストを着用中。
あれ?さっきの迷彩は?なんて思わない。そうだ、ここは戦場だ!

これはまずい。隠れて様子をみよう・・・・と物陰を探していると、
叫びながらyuura君とryo君が突撃していった。
ryo君は「殴ればいい!殴ればいい!」と必死に言っている。
kagrra君はよくわからない台のようなものの上でまたジャンプしながら
「当たるわ。マジ当たる。」と呟いた。
yuura君は堂々と真正面から突っ込んでいっているが、本人曰く
「オレ今見えないから大丈夫!」らしい。
自分にはyuura君の姿はめちゃめちゃハッキリ見えているが、たぶん気のせいだ。
少なくとも敵の目には見えないのだろう。

焦りだした自分も物陰に隠れるのをやめて特攻。
「今ならいける!」という気持ちが頭の中を支配している。
手にはいつの間にかティッシュを持っている。
何が「いける!」のか?とか、なんで自分がニトロたっぷりのティッシュを
持っているのか?とかは目的の前では小さな疑問。
もうこれを置いてくる事だけが自分の役割だという使命感でいっぱいだ。

仲間が外で暴れてくれているお陰で目的のビルに入り込むことができた。
長い通路に面した自動ドアがたまに開いて、赤ベストの連中が出てきては
大急ぎで走っていくが、幸い気づかれてはいないようだ。
一番奥の自動ドア。そこが目的地。
そのドアを開けたらこのティッシュを設置してしばらく敵を寄せ付けなければいい。
本能がそう言っている。疑うことなく実行する。

しばらくして、外でyuura君とkagrra君が喜ぶ声が聞こえる。
守り通したニトロティッシュはまだそのまま。
ごたいそうな感じの台の上に置かれたままで何の変化も無いが、
仲間の声に仕事を果たしたという達成感が込み上げる。
ryo君は左目の上が試合後のボクサーくらい腫れている。
相当な乱打戦だったのだろう。
yuura君はまだ「オレ見えなかった!」と自慢している。
kagrra君はそれを聞いて笑っている。

夕日の中、yuura君の娘さんと皆が手をつないで帰っていった。
yuura君の娘さん「もうパパ大丈夫なの?」と聞いている。
みんなが笑顔で「もう大丈夫だよ。爆発しないよ。」と応えた。

商店街は夕日で紅く染まっていた・・・・。


・・・・いや、我ながらスゴイ夢見たなぁと思った。
昨日の就寝間際の最終戦。BigTeamのアサルトがよっぽど楽しかったのだろう。
現実としてお目にかかった事のない「爆弾」が「ニトロのティッシュ」に
置き換えられるというオリジナルアレンジがなんとも発想力豊かだ。
・・・・カッコ悪いけど。

| | コメント (0)

2007.10.21

親子に人気

 
只今休憩中。
今日は何故かPS3の試遊台が親子に大好評だ。
 
日曜日なのでいつものように8時起きで電王を見た。
 
ど派手な駅列車が出るわストーリーが深化するわで今日も変わらず面白い。
特に最近は主人公の心の成長っぷりが見ていて嬉しくも頼もしくもある。
自分に子供がいたなら絶対に一緒に見たい。
・・・・なんて思ったが、やっぱり子供は苦手だ。
だが歴代平成ライダーの中でも、親子両方が楽しめるエンターテイメントとして
一二を争う仕上がりに電王はなっていると思う。
歴代のペースでいくと、早いもので最終回まではあと10回ほど。
終わってしまうとちょっと寂しくなるかもしれない。
電王ベルトは残念ながらまだ買ってない。
うーん、欲しいなぁ(*´д`*)
クリスマスに買っちゃおうかな☆
トイザらスの店長さん安くしてくれないかなぁ〜?

| | コメント (0)

2007.10.20

10月20日 土曜日

数分前に仕事から帰宅。

外は風がものすごく強くて、雨粒があらゆるものを殴りつけている。
だいぶ派手に空が光った。すぐに轟音。雷まで到来。
明日の日曜日は紅葉を楽しみにしていた人にとっては残念な一日となりそう。
この雨がやんだらまた少し冬に近づくのだろう。

今日はこれから楽しい予定アリ。
まずは土曜日なので週に一度の楽しみであるふしぎ発見を思いっきり満喫。
今日は「パリのエジプト化計画」についてらしい。
パリのエジプト化?エジプトのパリ化だったら近代都市化ってことで
わからなくもないけど、パリをエジプト化ってどういう事なんだろう?
今からとっても楽しみだ!
今日はパーフェクト出るんだろうか?ここのところ惜しい週が続いている。
クリスタルひとし君がめちゃくちゃ欲しいが、毎週3名という競争率では
たぶん宝くじに匹敵するくらいの当選率なのではなかろうか?
たまにオークションとかで検索してみるも、UFOキャッチャーのプライズやら
ガチャガチャのストラップなどばかりで本物は見かける事がない。
でもオークションに流れることが無いという事は、それだけ熱心な視聴者が
多いという事なのだろう。
うぬぬ、つまり敵はツワモノばかりということか!
しかし熱心さならこちらも負けん!!
とばかりに今日も携帯で回答する。
このクリスタルひとし君ストラップに願いを込めて。。。。
って、
結局買ったんかいストラップ!!
いやいや、あんまりヒトシヒトシうるさかったんで、見かねた上司が誕生日に
プレゼントでくれたんですよ。。。。マジ嬉しかったです。


来月初旬のHALOイベントはeoの前職であるアルペン函館梁川店と現職場の
デンコードー函館店で異種小売店対抗?4vs4のチームバトル戦に決定!
HALOで職場同士を繋げるなんて我ながらなんというか・・・・
で、今日のふしぎを発見したあとは、ライバルとなるアルペンチームが
4人の代表選抜を決めにウチに遊びに来る予定。
イベント当日までの練習期間も目一杯みんなで楽しみたい。

だらだらと書いている間にもう時間は21時の5分前。
集中力の無い自分は曲を聴きながらだとどうにも文章がまとまらない。
全然書きたい事が書けなかった。
次回からは曲をかけないことにしよう。


| | コメント (0)

2007.10.18

今日はプラスな方向で

今日は木曜日 = ゲームソフトの発売日。

ビューティフル塊魂は予想を上回る売れ方をしていた。
ユーザーもHALO3とは全然異なる層が購入していく。
皆が思ってることだろうけど、こういうタイトルが増えてくれれば
360ももっとメジャーな地位を日本でも獲得できそう。
最近のバンダイナムコはコナミの次くらいに勢いがある。
PS2で11月発売のGジェネレーションスピリッツなんかがパワーアップして
移植されてくれれば嬉しいところだ。個人的にはだけど。

塊魂はさっそく追加で発注。せっかくのチャンスに売り逃すのは避けたいし、
買いにきてくれた方を裏切りたくはない。ネット通販にも負けたくない!
もうすぐ発売のエースコンバット6には更なる期待をもってしまう。
自分も購入予定なのでとても楽しみだ。

帰宅したら居間のTVにはまた野球中継。けど試合はもう終わっている様子。
中一日置いたパ・リーグのクライマックスシリーズ2ndステージは、
日本ハムが見事勝利し2年連続の日本シリーズ進出を決めたようだ。
ダルビッシュが悠々とマウンドで声援に応えている。
おぉ!スゴイ!たぶん北海道にとってもよい事だ。嬉しい。
試合は仕事で見れなかったが、先日チャンスで期待に応える事ができなかった
あの4番の外人選手が、この大一番で試合を決定づけるホームランを打ったらしい。
スランプ脱出に繋がるのかどうかはわからないが、この場面でこの結果。
甘くないだけが現実ではなく、漫画みたいなスペシャルな事も本当に起こったりする。
相手ピッチャーにとってはツライ現実だけど、この外人さんにとっては
まさに夢のような現実。ファンにとっても待ちに待った一発。
なんだか子の活躍を称える親の気持ちのようになる。
良かった良かった。。。。おめでとう!
自分自身にもこんな瞬間が訪れるように日々努力していきたい。そう思う。

新人ということも考慮して地味目(?)に活動してきた職場仲間への360PRが、
ここ最近のHALO人気に乗っかって勢いづいてきた。
来月初旬にはeoの自宅で対戦イベントも開催決定。
あくまで顔見知り同士のイベントだけど、こういうノリは久々だ。
イベント毎に限らず、人を楽しませる事を考えるのは大好き!
考えている間、用意している間が物凄く楽しい。
あんまり準備期間は無いけど、皆に楽しんでもらえるよう工夫を凝らしてみようと思う。


HALO3には期待していたクランの機能が無かった為、
残念ながらRound④は未だ休止中というのが現状
けど、いつかまた皆でイベントができたらいいなって思う。
顔見知りというワケではないオンラインのフレンドを集めるというのは、その場の空気を
読んだり、各々の都合を合わせるのが難しくてとても気をつかうのだけど、
成功して皆が楽しんでくれた時の達成感や一体感はリアルフレンドと過ごす時間の
楽しさとはまた違った独特の喜びと楽しさがある。
その場にみんながいると感じられる程の一体感。
まだ数えるくらいにしか感じたことは無いけれども、それを感じる事ができた大抵の
場合において画面上にはクランの皆のタグが並んでいた。
くだらない話や何をするでもない遊びをしている時だったり、
本気で他クランと闘ってるときだったり、シチュエーションは様々だったけど、
共通の価値観や方向性や認識を持てた事への一体感というか・・・・
なんていうのかな?満足感?充足感?安心感かな?
うまく言葉にできない独特のプラス方向の心地よい感じがある。
そんなHALO3ができる日が来るといいなって期待しつつ、
まずは来月のイベントを目一杯皆で楽しむつもり。

先日と違って今日は色々な面でもプラスな方向で終われそう。
この後にHALOする予定なのだけど、成績の方もプラスで終わるといいなぁ。。。。
そうなるよう頑張ろう!

| | コメント (0)

2007.10.17

まだまだHALO

 
 
今日は360タイトルの売価変更。
 
まもなくベスト版が出るタイトルと、
売れ行きの良くないタイトルを対象に値下げをしてみた。
ベスト版のジャケを嫌がる人って結構いるみたいで、自分もその一人。
ソフトをコレクションとしても楽しむ人にはこのタイミングがお買い得。
 
ちなみに今日は明日発売の塊魂とゾイドが入荷してきた。
どっちも欲しいところだけど、先週発売したPGR4が全く鳴かず飛ばずなので
コチラを購入しようかと思っているところ。
他の店舗ではそれなりに売れているのに。
 
たぶんウチはHALOで張り切りすぎた(固定客さんの9割が購入!)ので、
みんなまだ新しいソフトが目に入らないんだ。
みんなまだまだHALOに夢中。
うんうん、わかるわかる。
みんなでワイワイHALOやってると他のソフトいらないもんね。
 
と、そういう事にしておこう!
 

| | コメント (0)

2007.10.16

そんな日もある

今日は気分的に良い日ではなかった。

風邪のひき始め的症状を寝起きから感じつつ出勤。足が重い。気分が重い。
朝一からメダパニ上司の、的を得ない長い長い小言を朝礼で全身に浴びる。
開店前から既にスタッフ一同テンションダウン。
2時間くらいふしぎなおどりを見続けたような気分になる。
水槽の中のヒラメのようにただただ底を漂う一日。

こんな日に無理にがんばっても良い仕事は出来ない。
時間キッチリに切り上げ、気分転換に徹しようと思い早めの帰宅。
居間のTVにはパ・リーグのクライマックスシリーズを闘う
北海道日本ハムファイターズが映っていた。5回裏0対0。
あまり普段は野球に興味がないのだが、さすがに地元球団の大一番となると
嫌が上にも勝敗が気になる。今日勝てば日本シリーズへ進出らしい。
昨年は北海道を大いに盛り上げてくれた日本ハム。
あの時の感動を思い出し、今日の気分転換への期待をも思わず寄せてしまう。

野球少年じゃなかった自分にはピッチャーとバッターの細かい駆け引きや
配球の狙いの意味がよくわからない。
ゲストの野村監督が色々と説明しているようだが、わかりづらい上に小言が多く、
熱心な野球オタクじゃないこの時期限定ファンの自分としては
「ちょっと黙っててくれや・・・」
といった感じだ。
自分のチームではないのだからダメ出しではなく良いところをもっと説明してほしい。

その後、1点ビハインドで迎えた逆転のチャンスに4番の外人があっさりと三振。
札幌ドームのファンは大いに期待していただろう。
気づいたら自分も足の指をせわしなく動かしていた。
いつの間にやら気分は札幌ドーム。入り込んでいた。期待していた。
ここで打つのが4番だろう!と。
だが現実は甘くない。プロの世界はもっともっと甘くない。
ちょっと昔の自分を思い出して少し凹む。

9回の日本ハムの守備に守護神と呼ばれているピッチャーが出てきた。
1点を追いかける立場ながらも、これ以上の失点はしないという背水の陣。
これは最後の逆転を信じているという意思の表れだ。
よし!信じよう。
心は既に攻守入れ替わり9回裏。
日本ハムの逆転劇へと期待を寄せ始める。

が、その期待を上回る勢いでTVの中では守護神がメッタ打ちに遭い始める
ノーアウトのまま4点獲られて守護神瞬殺。
負けムード濃厚になりながらも、勝利を信じて頑張り続ける選手を
最後まで見届けるんだ!と決めたところで放送時間が限界になり野球中継終了。
全て裏目。大きく凹む。

代わって始まった報道番組の冒頭でどこだかで小学2年生の女の子が、
路上で数箇所刺されて死亡とのニュース。
間髪入れずに宗教でリンチがどうこうして死亡のニュース。
めちゃめちゃ凹む。今日はもうダメだ。

嫌な気分。そういう日なのだろう。
本当はHALOでフレンドと遊んだりレベル上げしたりして楽しむ予定だったのだけど、
なんだかそんな気になれない。
3KILL 20DEATH なんて生き地獄を見ようものなら、
寝つきが悪いどころか明日の寝覚めまで悪かろう。

せめて気分転換に忘れるのではなく、もう一度一日を思い返して反省してみよう。
明日が少しでも良い一日になるように。。。。


・・・・そうだ。そういえば・・・・

朝にギリシャ(?)のLIVEフレンドにお祝いメールを送ったのを思い出した。
HALO3でレベル50達成!!30そこそこレベルの自分にしてみれば
エベレスト登りました!もしくは
GT500でチャンピオン獲りました!くらいの偉業。
スゴイ!えらいこっちゃ!なんだかこっちも嬉しい。
追いつけはしないけれども夢のような目標にしたい。
そのメールを送れたのが今日一日での一番良かったこと。
一番大事に保存して寝る事にする。

明日は元気にHALOしたい。

| | コメント (0)

2007.10.14

季節の変わり目

 
 
只今夜の9時半過ぎ。
 
実は既に布団の中。
前日に気のせいだと思ってただるさが今朝になっても抜けず、
だんだん鼻の通りが悪くなり、口で息をするようになったところで喉の痛み。
典型的ないつものパターンだ。
子供の頃に扁桃腺を切るかという話もあったくらい喉絡みの風邪が多い。
 
HALOで寝不足になったところへこの気温の変化。
ストーブをつけるとすぐに暑くなり、消してしまうと寒くなる半端な時季。
比較的温暖な地域の人達は家の中でも服を着込んで寒さを凌ぐそうだけど、
それだけでは到底防げない寒さがやって来る北海道では
最初からそんな概念は薄い。
全開でストーブ焚いてる横でTシャツ一枚でアイス食べてるような土地柄であり、
寒い部屋の中で着込んでモコモコになりつつ鍋をつつくような感じではない。
だからたぶん、たぶんだけど、毎日が超真冬日の地方以外の道民は
関東の人間よりも寒さに弱いように思う。
 
ちなみに今日はHALO3の演出を12月発売予定のロストオデッセイに替えてみた
まだまだHALO3で行きたいところだが、自分のハマり具合だけで
売り場は作れないので渋々撤去。残念!
でもウチの狭い売り場では、発売前タイトルの演出を優先させて予約を
ドンドン穫っていくスタイルを優先しているので、発売後2週間も
演出を引っ張っただけでも極めて特別!
今出来るのはここまでが限度。
ここから先は、売れ筋DSタイトルと肩を並べられる程の数字と、
落ち込みの緩い息の長い曲線が必要。
もしくは自分がオーナーの店でしか実現できない。
 
明日は休みなので、無理してHALO出来ない事もないのだけど・・・・
ただでさえ弱い自分が更にハンデ背負って出張るようなものなので、
今日はおとなしく休む事にする。
 
明日yuura君のレベルを見た時に、また悔しい思いをするのではないか?
それだけが心配だ。置いていかれそうでイヤだ。
レベル差を更につけられないようにイメトレでもしたいところ。
せめてランブルな夢を見たい。

| | コメント (0)

2007.10.12

秋晴れの日

今日は絵に描いたような秋晴れの朝だった。

風が強くてちょっと寒いくらい。どうして秋は空が高く見えるのだろう?
光の色も夏とは違う眩しさ。既に居間では昨日からストーブの電源が入っているし、
コンビニにはあんまん肉まんの種類が増えた。朝晩の車の中は冷えきっている。
北海道の長い冬はもう目の前だ。

ちょうど去年の今頃に、今の会社の採用面接を受けたのを思い出す。
あれからもう一年。
仕事にもだいぶ慣れてきたが、まだまだ覚える事は山積みだ。
ここで立ち止まる。これで満足する。それだったらいいのかもしれないが、
そんなワケにはいかないし、単純にそんなのは自分としてイヤだ。
追い込んで無理してがんばるわけではないけれど、
前に進む事と上を目指す事だけはいつまでも、どんな場所でも忘れたくないと思う。

思い起こせば、昨年の今頃は必死になって転職先を探していた頃。
あの頃の自分が今の自分を見たら少したるんでると思うのかもしれない。
今一度初心に帰って明日から仕事に取り組もう。
自分がやるべき事に気づけるならば、課題は山積みなのだ。

昨夜は顔見知りのフレンドとHALO3の協力キャンペーン。
難易度レジェンドで全スカルGETツアーを楽しんだ。
今日が休みという事もあり、結局3時までワーワーと騒ぎながらプレイ。
キャンペーン全シナリオクリアには至らなかったが、
だいぶ終盤まで進めることができた。スカルもあと3個を残すのみ。

HALO3のキャンペーンモードをまだ一度もクリアしてなかった自分としては
イベントムービーなども合わせて楽しみながらプレイしたかったのだけど、
そんなのお構いなしにみんな我先に、オレがオレがとズンズン進んでいく。
ムービーシーンはサブリミナルのように一瞬でキャンセルされ、
断片的なスクリーンショットが記憶されるばかりで話が一向に繋がらない。
このツアーが終わったらもう一度一人で、難易度ノーマルの
HALOストーリー満喫ツアーでもセッティングしてみようと思う。

yuura君にゃあ負けてられん!
と、勢いよくやっている個人戦LONE WOLVESは先日めでたくレベル30に到達。
接近戦にちょっと強くなれたような気がする。
「おし!接近戦イケる!」とばかりに調子にのって
チーム戦でも同様のプレイスタイルで強気に攻めたところ、
スグに囲まれ3~4vs1でボコられた(×12)
本当のエースレベルならそれでもいけるのかもしれないが、自分のような
ハンパ者はチームと個人とでスタイルを使い分けなければいけないようだ。
(っていうか強い人ほどちゃんと連携するのか?)

Bungieのサイトではどの武器で総計何KILLしたかを見れるのだが、
個人戦ばかりやるようになってからというもの初期武器のアサルトライフルと
殴打でのKILL数が飛びぬけて増えてきた。
KILL数とDEATH数のトータルもハンパなく増えた。
個人戦でもバトルライフルをもっと上手く使えるようになれば、
接近戦も減るだろうからダメージを抑えてイイとこだけもっていけるようになる。
と、思う。
死ななくていい場面も増えるかもしれない。
もうちょっとズルいスタイルも身につけたい。使えるスポットも見つけたい。
ってかいまだにちゃんとマップ覚えてないのでそこからか?

今日でスカル全ゲット予定。
あのみんな着けてるニンジャガイデンみたいな頭に仲間入りできそうだ。

| | コメント (0)

2007.10.10

あの時のべジータの気持ち

F1000048

      

    

      

       

    

      

      

昨日、友人yuura君からメールが届いた。

なんでもHALO3の個人戦でのレベルが32に達したらしい。
正直めっちゃくちゃ驚いた。
30以上というとHALO2では自分らにとってひとつの壁だった。
超えられそうで超えられない壁。
yuura君とはよくLIVEでもリアルでも対戦するのだが、
タイプこそ違えどお互い認めざるを得ないくらいレベルは近い。
どちらかというと僅差で自分が勝利することの方が多いかもしれない。

そのyuura君が壁を突き破り、確実に自分よりも上のレベルに達した。
いわば最も近いライバルに先を行かれたということだ。

これは衝撃的に悔しい。
めっちゃくちゃ悔しい。悔しいったらこの上ない。
しかし、いや、ちょっと待て。同時にこうも思う。
・・・・yuura君が32なら33くらいまで行けるんじゃないもしかして?
黙ってられない焦りと期待。
さっそくHALO3開始。夜の9時。

今回の個人戦はスレイヤー以外のルールが多い。
どちらかというとテリトリーやオッドボール等の乱戦ハチャメチャグレ合戦よりも、
普通のスレイヤーでずるい感じのプレイが好きな自分にとっては
MAP拒否をすることが結構あるのだが、今日は自分の意思とは逆に
スレイヤーを拒否され、乱戦ルールになる事が多い感じ。
ただ、そんな中でも強いプレイヤーは二桁プラスのまま勝利してしまう。
不思議だ。どんだけ強いってんだ!
いつかはそうなってみたい。

個人戦はほとんどプレイしてなかったので、レベル6からの出発。
30まではだいぶ遠い。yuura君いつの間にそんなに上がってたんだ?
早く同じレベルに達したい。差を詰めたい。

3時間ほど続けたところでようやくレベル15に到達。
ようやく半分。ここまで1位抜けがあまり無い。先行き不安だ。

更に3時間ほどでレベル20に。
目標まであと10ちょっとあるがだいぶ危なっかしい。
時間にして深夜3時を回っている。日本人とあたる回数が減ってきた。
平均成績は2位か3位。勝てないが経験値は上がっている。

が、この先で雲行きがかなり怪しくなった。
21と20の間を行って帰ってを繰り返す事1時間。
勝てない。

特に接近戦が自覚できるくらい弱い。乱戦になると一箇所に皆が集中し、
一度倒されたプレイヤーも復活後に真っ直ぐにその激戦地帯を
目指す。その場合、必ずと言っていいほどイタチごっこのようになるのだが、
そういう場面にめちゃくちゃ弱い。
猫とネズミでいうネズミになってしまうタイミングがやたらと多い。
突っ込まなきゃいいのに・・・・
自分でもそう思うが、激戦になると皆のキル数が平均して上がっていって
しまうので置いてきぼりになりそうで焦ってしまう。
「おらー!弱ってるヤヅいねがー!!」
って感じでおこぼれをもらおうと群がるうちの一人になる。
が、しかし、タイミングか警戒不足か、はたまた弱いだけなのか、
あらゆる方向から飛んでくるグレの破片を受け止め、
更に追いかけてくる復活者達におこぼれをいただかれる方になる。
ミイラとりがミイラになる実感GET。吉村先生、早く見つけて。
よく見ると隣の死体も自分だったりする。
ドッペルゲンガーに会うと死ぬというのはどうやら嘘ではないらしい。


ぐぅうぅうぅ!なんでじゃ~!?

yuura君に追いつけない事。キル数を稼げない事。勝てない事。
二重三重の焦りが余計に悪循環を生みだし悶々モンと1時間半。
午前6時。レベル18まで下がって終了。
ち~ん。お疲れ様でした~。。。。


最後は疲れてきたところへ4回連続最下位をいただき、完璧に心折られる。
ポキッつった。もうダメだ。
たぶんこれ以上やっても今日はダメ。
バーチャでやけになってコイン投入しまくる人、
もしくはパチスロでアツくなって20万くらい摩っちゃう人くらいダメ。

しかもこの時間はなんちゃってレベルの外人が多い。
二つ☆マークで最高到達レベルが40超えのプレイヤーと当たっても
今の自分では全然勝てない。悔しいけど歯が立たない。
全日本カートあがりでバリバリレーサーの子が、
18歳になって免許取って初心者マークつけてるくらいタチが悪い。


レベルが下がった事は悔しい。
けれども一番悔しいのはyuura君に一つ先へと行かれた事。
「自分の方が強いはずだ!」
そう思っていたライバル悟空が伝説の戦士スーパーサイヤ人になってしまった。
あの時のべジータの置いてかれた感が今よくわかる。
あれはさぞ悔しかっただろう。(T T)
だが、べジータだって結局はスーパーサイヤ人になれたのだ。
eoだって頑張れば30までいけるはず。デキルはずだ!

今日、用事を済ませたら気分をちゃんと入れ替えて出直そう。
DIKZさん、昨日は呼んでくれたのにタイミング合わなくてごめんなさい。
eoその時だいぶ負けがこんでオチてました。
今度機会があったらダメ出しお願いしますm(_ _)m

4連続最下位はさすがに堪えた。。。。
悔しいな。

| | コメント (0)

2007.10.08

二度寝

朝8時半にトーマスに起こされる。

今日はたぶん寝起きが悪いだろうことを事前に予測していたので、
ベッドからだいぶ離れた位置にトーマスを置いておいた。
起き上がり、3歩歩いてトーマスの頭をハタく。
振り向くことなく3歩戻ってもう一度ベッドに倒れこむ。
あ~・・・気持ちいいなぁ。今日が休みならいいのになぁ。。。。(_ _)zzz

って!あぶなーいっ ( ̄□ ̄;)!!
今朝はマジで危なかった。
滅多に二度寝なんてしないのだけど、HALOのおかげで超寝不足が続いている。


ちょっとは強くなれたかな?なんて自信は早くも崩壊
昨夜はHALO2の頃からのフレンドで、これまた超強い子と一緒に
プレイすることができたのだけど、改めてその華麗な動きを目の当たりにして呆然自失。敵チームの皆さんは阿鼻叫喚。
なんていうかもう笑うしかない感じ。

先日の子達といいこの子といい、どうしてみんなこんなに上手くなれるんだろう?
これが歳の差ってやつ?
よく「ふとした時に自分が歳をとったと気づく瞬間がある」
という類の体験談を聞くけれど、これってその手の事ですか?

けど、
「がんばって続ければきっと強くなれますよ!」
との言葉に光明を見る。
戦術より技術より、さ迷える子羊にとってそれは何よりの助言。
もしかしてあなたは神様ですか?状態。
お約束のようにリプレイは保存。
いいお土産までもらっちゃいましてありがとう。

信じるものは救われる。
今日も眠い目をこすりつつ練習する事に決定。
本日の制限時間は4時!

明日の朝も二度寝には気をつけよう・・・・。

| | コメント (0)

2007.10.07

10月7日 日曜日

今朝は8時起き。

眠い目をこすりつつ電王を見ていたら、新しい変身フォームが登場して
眠気がぶっ飛んだ。
ついこの前もパワーアップしたのにまたかーい!!
と、ツッコミつつも充分に楽しむ。相変わらず電王は面白い。笑えるし泣ける。
こっちもつられてテンションクライマーックス!!
って、子供かい!!

日曜日。しかも世の中明日もお休みらしく、おかげさまで忙しい。

昼過ぎに用事を足しに2階のトイザらスに行ったら、ウチの3倍は混んでいた。
なに?子供の日?クリスマス?ってくらいの賑やかさ。
(後で聞いたら孫の日ってのが関係してるらしい。・・って・・(-_-;))
任天堂系の売り上げはだいぶこちらに入ってる感じ。
トイザらスは昔から任天堂に強い。敵わん。

その分X360は客層的にもウチに有利!コアファンをがっちりキャッチ!
周辺機器も結構売れている。

とはいえこの対比を売り上げ金額になおすと、この勝負はイーブンではない。
ユーザーの絶対数は段ちがい。ニンテンドーサイド=トイザらスの大勝。
この勝負がイーブンになる日がいつか来る事を夢見つつ仕事。

残念ながら今までの経緯から、XBOXユーザーは他機種に比べて
ソフトや周辺機器をネット購入する比率が多い。
それはMSのせいでもあるし、ショップのせいでもある。

欲しい!!と待ち望んだタイトルを発売日に店頭で手にする喜び。

それを360ユーザーにも最大限感じてもらえるよう努力するのも
ショップのエンターテイメント性であり自分の仕事だと思う。

良い循環を生み出したいものだ。

| | コメント (0)

2007.10.06

損な役、大事な役

   
 
電気店で働いていると毎日のように
修理品、不良品などが持ちこまれる。
 
驚くのは初期不良品の多さ。自分の店だけでこれだけ目にするのだから、
世の中毎日何千、何万台の不良品が生まれてるのだろうか?
正直今まで電化製品を買う時に、自分に不良品が当たってしまうかも?
なんて全然気にしたことがなかったが、こういう現状を目にすると
ホントにちゃんと動くよね?
と疑ってかかるようになってしまうのも無理ない。 
 
不良品を持ち込まれる方のほとんどは怒っている。
そりゃそうだ。
中には最初っからクライマックス(怒)の方もいる。
仕方ない。気持ちはわかる。
その都度カスタマーサービス担当の人間は、丁重にお詫びし、話をよく聞き、
まさに秒単位を争うようにお客様の不満解消に全力を注ぐ。
決して自分がミスを侵したり、間違いを生み出した訳ではない。
傍目には損な役回り。だけどとてもとても大事な役。 
 
担当者は、自分の役の意味と自分がこれから生み出す結果をよく理解し、
一人一人の声を大事にする。
当たり前と言えば当たり前。けれど何より大切。
今の時代、それこそ会社の命運に関わりかねない。 
 
もうだいぶ投げっぱなしのままで、埃を被りだしてる
X360のワイヤレスレーシングホイール。
見た目もカッコ良くて、昨年のTGSで一目惚れして以来
フォルツァと共に発売を心待ちにしていた。
 
勤務先から駐車場までは結構遠い。
購入日は苦労しながら抱きかかえて運び、やっとの事でトランクへと詰め込んだ。
その大きさと重さが逆に嬉しかった。
 
スゴイ物買っちゃった!
という満足感。
 
それだけ期待したからこそカスタマーサポートには苦言を呈した。
もうどれくらい経ったか忘れたし、細かく数える気も無いが、
少なくともフォルツァ2を最も楽しく遊べた時期は終わってしまったように思う。
 
その間リリース内容に従い、「予防措置のご登録用サイト」というのにも
しっかりと登録し連絡を待った。
 
フォースフィードバックを失ったハンドルは、使用感も寂しく楽しさも激減。
普通のコントローラーを使う事が多くなり、そのままフォルツァは終了した。
残ったのは、期待感と満足と楽しさを過去へと押しやるには十分な程の失望感。
 
遅すぎる対策は確かに腹立たしい。
けれども最も腹立たしいのは
今までフォローのメールひとつすら無い事だ。
原因が特定できず対策を決めかねているというのであれば、
それはそれとして現状を報告するなり、
対策決定が長引いている事へのお詫びなりを連絡して欲しかった。
何故そのメール1通も送る事ができないのか?
 
その間ユーザーと小売店の間にも気まずい時間が過ぎていく。
販売した責任というのも確かにある。自店の大事なお客様をこんなことで失いたくない。
それこそ普段ゲームをやらないような電気小売店のCS担当者が
自分の仕事=責任と捉え、必死にお客様にお詫びしているのというのに、
何故その当事者である責任者・メーカーが
ユーザーの思いや期待を最もないがしろにするのか?
 
想いを言葉にするにつれ、語尾も荒くなってくる。
そうなってしまう理由がある。
当り散らしたところで、この電話の向こうにいる担当者の責任でもないだろう。
 
ひと通り話をし、
「こういう声が挙がっているという事を上へと伝えてほしい。」
最後にそう付け加えると、受話器から聞こえる声にも温かさと安堵が感じられた。
「すみません、それが自分にできる最大限の事です。ありがとうございます。」
そう言っていただけた事はこちらにとってのなによりの救いだ。
 
これで何が変わるワケではないかもしれない。
でもきっとこの担当者の方は、少なくとも自分の直属の上司なり責任者なりへの
報告として、ひとりのユーザーからの意見を伝えてくれると信じている。
 
 
この人も損な役回り。でも大事な大事な役回り。
 
世界中何百万人の中でこの日不満をぶつけたたった一人のユーザーと、
これまた世界中に幾多の従業員を抱えるMSの中のたった一人のCS担当者。
小さなふたつの声はどのくらい届くものなのだろう。
 
思い出のある大好きなメーカー。
信じたい気持ちはいつだってある。 

| | コメント (0)

2007.10.05

ちょっとだけど

遅く起きた日も1日3食はお約束。
     
なので今から昼食。
人を迎えに行く用事があったので、まだ読み終わっていない
小島監督の本を持ち歩き、早めの出発で時間を創る。
   
ドトールにきたのは久々。
なんだか新しいメニューがあったのでそれにしてみる。
ホントはスタバに行きたいのだけど、残念ながら函館にはない。
一番近いとこでも車で4時間。(札幌ね・・)
      
出発前に小一時間程HALOしてみた。
さっそく今朝のリプレイを見て研究。
なんとなくわかっていた事だけど、複数に囲まれて追い込まれる、
もしくは不意打ちをくらう、というパターンでのDEATHが多い。
突っ込みすぎ?うーん、っていうよりは警戒不足かなぁ?
   
さっそく実践。いつもよりレーダーに気を配り、周囲の把握に集中!
スナイパー戦は相変わらずだけど、通常ルールだとなんとか毎回
プラスのままで終えられた!
やったぁー!!ちょっとだけ上達したかも?
    
というところでお時間。
たまたま相手が良かったのかもしれないけど、気のせいでないと信じたい。
ひとつひとつ、一歩一歩頑張って行こう。
おぉ、前向きだ!(^-^)

| | コメント (0)

本気になってもいいんじゃない?

F1000047

 

 

 

 

 

 

 

昼まで寝ていたのはたぶん2年ぶりくらい。

目が覚めて時計を見たら、あと十数分で12時だった。
トーマス君も本日は珍しくオフ。たまにはいいでしょ!

寝たのは朝の6時半。そんな時間まで何してたかっていうとHALO。
ここ数日は休日も予定が入っていたので、全然やり込む事が出来なかった。
その分を取り返そうという勢い。

だが、悲しいかなその勢いにウデは全く付いて来ず・・・・。
1人倒しては倒されを繰り返すパターン。
うーん、なんだかちっとも上手くなった気がしない (+ +;)

一緒にチームを組んだyuura君も実力はほぼ変わらないが、
慎重派のeoに対してyuura君はテンション高い突っ込み系スタイル。
ペースが全体的にeoより速く、どんどんKILL数を稼いでいくが、
同じペースでDEATH数もGET。

(たぶん彼はリアル戦場で真っ先に死ぬタイプだ。)

HALOをやるたびにいつもそう思うが言わない方がいいだろう。。。
まぁ例えるならeoが線香花火でyuura君が大玉。
残念ながらどちらも散る事に変わりは無い。

結局強い人と弱い人の差ってなんなんだろう?

yuura君が就寝後も独り黙々と練習を繰り返すが結果は変わらず。
ぐうぅうぅう・・くそぅ・・・・悔しいっ!

と、そこへ招待メール。
誘ってくれたのはフレンドの中でもめちゃくちゃ強い子達。いわばヒーロー。
ヒーローと言えばアイルトン・セナ!
駆け出しの勝てないカートレーサーが独りでカート場で練習してるところへ、
ヒーローセナが「ちょっとウチ遊びに来ない?」と言ってるようなもんだ。
こ、これはホントに行っていいものなんだろうか?

ヽ(´ー`)ノ 
「一緒にやってみたいのでしょう?上達のチャンスではないですか。」


Ψ(`◇´)Ψ
「行ったところでなんにもできないで赤っ恥かくのがオチだぜ!?」


ヽ(´ー`)ノ
「そんな事はありません。せっかく招待してくれたのですよ。楽しむ事が
 何よりの上達への近道なのです。胸を借りていらっしゃい。」

Ψ(`◇´)Ψ
「行ってもいいけど幻滅されてもう誘ってもらえねーんじゃね?ウケケ。
 弱ぇーんだから黙って独りでやってりゃいいんだよ!調子に乗んな!」


うむむ・・どうしよう?ここはどうしても行きたい。
足引っ張りまくってでも参加したい。
そしていつかは堂々と彼らと遊べるくらいに強くなりたい。


おし!行こう!ビビってちゃ何も始まらん。
ヒトは挑戦をやめた瞬間から歳をとっていくとアゴの長い誰かも言っていた。
元気があれば何でもできる!とも言っていた。
ここはひとつ、素直にお世話になってこようじゃないか。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ それから何分たったのか。
日の出の遅くなってきている秋だというのに窓の外はもう明るい。
結果は案の定、
全然ついていけなくてなんにもできなかった。
それなのにとっても楽しかった。
たまたま1キルできただけなのに「NICE!eoさん!」とか言ってくれる。
そんな彼らの戦績はいつも2桁プラス。文字通りケタチガイ。
雲泥のレベル差があれど一緒に戦ってくれる彼らは自分にとってまさしく
HALOの中のヒーロー。歳の差という価値観はそこには無い。

少しでも近づけるだろうか?
自分でもがんばればあんなふうになれるだろうか?
ちょっと冗談抜きで本気になってみようと思った。

十数年前、セナに憧れてレーサーを目指した時のように。
と言ったら言い過ぎかもしれないけど、同じような感覚であり憧れ。
彼らを目指して夢中になれる時間が確かにここにある。


何より一緒に遊べて楽しかった!
ありがとう!!

| | コメント (0)

2007.10.04

LIVEしてほしい

 
昨日は結局2時間ほどHALOを楽しめた。
 
K/D差もトータルでプラスのまま終了。
おかげで仕事中も心なしか気分が軽い。調子イイ。
ここまでゲームの勝敗が仕事に響くオトナってどうなのよ?
って感じだが、それくらい本気で楽しんでるんだと自覚できるのも
なんだかちょっと嬉しい。
 
こんなに楽しいゲームがある!
 
というのをアピール、提案していくのも販売担当の仕事。
HALOに限らずエックスのゲームは、ほとんどがオフのままでは魅力が
半減以下なので、春先に試遊台をいじくり回して無理矢理LIVE化させた。
試遊台の本体配線はちょっと特殊で、LANを繋いだだけでは
LIVEに繋がってくれなかったので、スタッフ2名であーでもないこーでもない言いつつ、
まさしく「いじくり回して」「無理矢理繋げた」
 
苦労した分繋がった時の喜びは初LIVEのそれに近く、
これでみんなにLIVE体験してもらえる!と、満足感。
けれどもこちらの思惑通りにいかないのが定石。
 
大抵のお客さんはオフのキャンペーンしかやらないで終了。
中には3時間もどっぷりと浸かり込むツワモノもいるが、ひたすらキャンペーンだ。
 
なんとかLIVEを体験してもらいたい。あの楽しさを教えたい。
生外人(生外人?)の生イングリッシュにビビって欲しい!
 
自然な流れでLIVE体験してもらえるよう、演出その他を
もう一度見直してみる必要があるようだ。

| | コメント (0)

2007.10.03

マイナス14

 
仕事中にPCでBungieを覗いてみた。
 
出勤前に時間があったので2、3ゲームした際のリザルトを見る。
K/D差マイナス14
6キル20デス・・・°・(ノД`)・°・
ヒドい、ヒドすぎる。
リアルに落ち込む。初恋の如くため息が止まらない。 
     
結局昨日も予定が入ってプレイできたのは10分くらい。
今日こそは時間創るぞ!と、仕事を再開するが、
負けを引きずりテンションが上がってこない。
このままじゃ終わるものも終わらない。
あぁ、こりゃダメだ、悪循環だ。  
       
練習したい!寝食忘れてやり込んでみたい。
こうなってくると、LIVE接続してある試遊台は目に毒だ。
落ち着かないしイライラする。
我慢できない何かを背負い込んでいる気がする。 
 
煙草を吸わない自分には禁煙の辛さがわからないけれど、
もしかしたらこんな感じなのかもしれない。。。 
 

| | コメント (0)

トーマスとともに

朝9時。今日も機関車トーマスくんに起こされる。

Cid_01071003104136_____f904idoc_4    

 

 

 

 

 

 
 
もう10年くらい前に誕生日プレゼントでもらった目覚まし時計で、
時間になると例のテーマとともに
「♪~おはよう、ボク、トーマ~スっ!」と叫びだす。
人を起こす第一声に「僕トーマス!」とはいかがなもんか?
もっと他に言うべき台詞があるのではないか?
とか思ったものだが、もうだいぶ長いこと現役第一線で活躍中。
深い眠りにつく事が稀で、大抵は「♪~お・・くらいでSTOPボタンを叩くんだけど、
このほんの数秒のトーマス君の声がなければ大変な事になる。

ヘタに高価なものより実用的なものの方が大事にするしされるもんなんだなぁ。
と、色褪せながらも元気に働いてくれるこのトーマス君を見るたびに思う。
故に、友人などへのプレゼントを選ぶ際には絶対トーマス君が頭をよぎる。
日常使えるもの、実用的で受け入れられるもの、無難がベスト。

がしかし、大抵の場合それはよぎるだけに終わる。
そして日常使えるわけが無く、ファーストインパクトなものを選ぶ。
けど、それが気に入ってもらえちゃう場合がたまにあったりなんかすると、
その時は何故かちょっとがっかりする。

これって「相手の事を思って」とは全く逆の方向。
「自分が楽しけりゃそれでいい!」
的な発想から来てるんだろうなぁ・・と、ふと思った。
毎日溢れかえる自己チューな事件、話題、カキコを見ては
「どーなってんだこの国は?」なんて思うけど、
自分にもそれと同様の遺伝子がしっかりと組み込まれちゃってる現実。
そしてそれを考えた挙句、「まぁしょうがない」で片付けちゃうのは、
何かとてつもなく良くないのではないか?
結局、この連鎖がまずいのではないか?

なんて事を起きぬけのボーっとした頭で思ってた今日の朝。
朝っぱらから「遺伝子」とかが出てくるあたりに
先日から読んでる本の影響を受けてるように感じる。
相変わらず1冊の本を読みきる時間が長い。まだ半分も読んでない。

さて、今日も仕事仕事。。。

| | コメント (0)

2007.10.02

5日経って



HALO3の発売から5日。
     
いろんな事をほったらかしてやり込みたいのが本心だけど、
さすがにそれはムリ。当たり前。
それに加えてここ2、3日は先約が入ってたので
全くコントローラーを握ってない。焦る。
もともと対戦に弱いクセに根っからの負けず嫌い。
HALO2では上級者に全く歯が立たなかった悔しい思い出があるので、
なんとしてもこのHALO3では強い子になりたい!なる!
と決めていたはずだったのにだ!
・・・・これでは出遅れピットスタートじゃないか・・・・(T^T)
焦る。気が騒ぐ。
一体どれくらい置いていかれたんだろう?
今日こそは!とばかりに仕事も用事も急いで片付ける。
   
      
予約数に対して入荷数が足りなすぎたHALO3
身内、仲間内には今年度最大のキラータイトルも、電気屋出身の
ゲーム担当MDから見たら売れないハードのそれなりタイトル
寂しいけど今の現実。仕方ないと言ってしまえばそれまで。
けど、それでいいのMDさん?
競合他社が売れてから。
他で数字がある程度立ってウチでも売れると見込んでから。
・・って、
それならゲームやらない新人社員でも判断できる。
MDとは誰でもできちゃう仕事なのか?だったら交代してほしい。
    
案の定、発売翌日には(めでたく)完売。
前日に既に追加発注しておいたのだけど入荷はまだ。 
  
「買いに行ったけど売ってなかった・・」

BBSなどでよく目にする意見。
今来店してくれた方には同じ思いをさせてしまうのだと思うと、
なんだかとても悔しい。結局ウチも一緒じゃないか・・・。
いつ入荷してくれるんだろう?
次回入荷分からは通常パッケージだ。

| | コメント (0)

2007.10.01

小島監督


友人達と合流するまで時間が出来たので本を持ってミスドへ。
フランクパイとゴールデンチョコレートとアメリカン。
幸せだ(o^_^o)
持参したのは「小島秀夫の視点」という本。
先日のTGSで小島監督を初めて目の前で見て話を聞いたのですが、
とてもユーモアあり、インテリジェンスありで魅力的でした。
そんな監督が壇上で紹介 (ってか宣伝?) してたのがこの本。
出たばかりという事だったので帰ってきてスグ注文しといたのです。
ん~、気になるタイトルだ!
ぶっちゃけメタルギアシリーズはあまり好きじゃなく、
今まで何作かをサラッと通しでやっただけ。
タグ集めとかまでやり込んだヒトじゃないんですが、
あの独特の空気感とかユーモアさはハッキリ心に残っています。
あれが小島監督の「らしさ」ならば、
その「視点」なんてなんとも気になるじゃないですか。
もしかしたらyuura君が事故るほどメタルギア好き(※1)なのも
これ読んだらわかるかも知れませんね ('◇')ゞ
 
(※1) 事故るほどメタルギア好き
2004年12月16日、メタルギアソリッド3・スネークイーターの発売日。
どうしても発売日にプレイしたかったyuura君だったが、この日はあいにく札幌へ
出張した帰路の途中にあった。予約してあったGEOの営業は深夜0時まで。
急げば間に合うと判断した彼は、雪が降りしきり完全圧雪路となった峠道を
映画「TAXI」の如く爆走。下り勾配、左急カーブ、路面ミュー超低しという
WRCドライバーも警戒するような状況の中、前を行くトラックに対し
キミ・ライコネンばりの大外オーバーテイクをしかけた。

・・までは良かったが、そんな状況でアウト・アウト・インなんてトレース
できるワケがなく、そのまま徐々に大きくなるお釣りの波に飲み込まれ、
山の斜面へゴールイン。

次の日。
心配して彼の家を訪れたeo555が見たものは、
自分が事故ったという信じがたい現実に打ちのめされた彼と、
片隅に置かれ、封も切られていないMGS3のパッケージだった。

| | コメント (0)

負けてらんない!

嬉しいことに今日も休み!
連休中にHALOやりこむぞーヾ(^▽^)ノ
とか思ってたのですが、昨日は予定があったので夜もできず。
今日も午後からは、カート時代に一緒にプロ目指してた頃の
仲間が仙台から来てるので予定ありあり。
その彼はスポーツショップの店員時代の後輩で
同じプロ志望と言ってもレーサーではなく格闘家。
よく一緒にムチャな事して遊んだっけ。
闇鍋した次の日は絶対お腹痛かったもんな(*´д`*)
お互い歳は重ねれども、彼は今でも自分の目標を目指している途中。
年齢的にも後がない事や置かれている状況が、数年前の自分と重なって見えて
とても他人ごとには思えません。
彼の姿を見ると、自分も負けてらんないな!って思わされます。
そんなこんなで只今気合い一発ランニング中。
1周約2Kmの五稜郭公園の掘り沿いを5周するコース。
正直きっつい!疲れた!
でも負けてらんないのです!

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »