« 2014.07.13 eo更新 (1日遅れ) | トップページ | 2014.07.15 うまいものは世界を救う、、、かもしれない »

2014年7月15日 (火)

caricarikunのゲーム紹介 「The Last of Us」 2014.7.14

皆様こんばんは

1日遅れの更新となってしまったcaricarikunでございます。

気付いたら日にちが変わっていたなんてよくありますよね・・?

すみません、見事なまでに寝落ちしてました。orz

さて、今回私ことcaricarikunが紹介するゲームはこちら

The_last_of_us_wallpaper


発売する前から何かと話題になっていた「The Last of Us」です。最近ようやくクリアできたので感想も含めて紹介していこうと思います。

ラストオブアスはソニー・コンピュータエンタテインメントから発売されているPS3専用のソフトであり、ジャンルはサバイバルホラーアクションアドベンチャーとずいぶん長いです。開発は「アンチャーテッド」シリーズなどを開発したノーティドッグです。

簡単なあらすじとしては、アメリカで突如発生した謎の病原菌のため壊滅した世界で主人公のジョエルとひょうなことから一緒に旅をすることになったエリーと生き延びるサバイバルゲームとなっています。

プレイしてみて感じたことは、あのメタルギアのようにステルスで行動することが多いということでした。音を聞いたりレンガなどを使って敵を誘導したりとなかなか緊張感のあるプレイになりました。

また、荒廃した世界ということだけあって物資(アイテム)の数に限りがあります。調子にのってすべての敵をデストロイしていくと物資が枯渇・・。なんてこともありえます。戦う敵をしっかり見極めて戦うか避けて通るかの判断が大事になってきます。敵は「感染者」か物資を狙う「人間」の2種類います。どちらの敵も癖があり厄介です。感染者は人間離れした動きで、人間は知恵を使い数で攻めてくるなど、いちいち戦法を考えなきゃいけないのが苦労しました。

また、このゲームは人間性溢れるストーリーも特徴です。荒廃した世界でどのようにして生き延びるか、生き延びるためには残酷にならなければならないなど、「アンチャーテッド」同様シナリオはまるで映画を見ているようでした。グラフィックもとても綺麗なのでプレイしていて飽きることはなかったです。

2014年8月21日にPS4でDLCをすべてふくめたものが発売されるもようです。PS4のグラフィックで再現されるラストオブアスもプレイしてみたいですね。

今週はここまで 来週は忘れないように努めます・・・

ここまで読んで下さりありがとうございました!

caricarikunでした。

|

« 2014.07.13 eo更新 (1日遅れ) | トップページ | 2014.07.15 うまいものは世界を救う、、、かもしれない »

inside」カテゴリの記事