« 2014.07.05 eo更新 おぬしさん人気 | トップページ | 2014.07.08 すっかり »

2014年7月 8日 (火)

caricarikunのゲーム紹介 その10 「バイオショック」 2014.7.7

皆様お久しぶりです。caricarikunです。 

記事を書いていて思い出したのですが、先週思い切り忘れてました・・・

誠に申し訳ないです。イイワケナンテデキナイデスヨ・・・ 

このゲーム紹介ももう10本目

月日が経つのは早いです。もう10本目のゲームを紹介するとなると感慨深いものがあります。記念すべき10本目にはcaricarikunが特別な思いのあるゲームを紹介します。 

 

今回、私ことcaricarikunが紹介するゲームはこちらBioshock10


 

イラショナル・ゲームズによって開発された「バイオショック」です。対応するハードはPC版とXbox360版とPS3版です。ジャンルはFPSのアクションRPGとなってます。 

簡単なあらすじとしては、1960年に主人公が乗っていた飛行機が原因不明の爆発をおこし海に墜落。運よく生き延びた主人公が近くにあった灯台に逃げ込むと謎の潜水艦が置いてあり、乗り込んだ先は荒廃した都市「ラプチャー」に辿りついてしまう。なんとか脱出するためにたまたまラジオを通して知り合ったアトラスという男とともに生き延びるための闘いが始まる・・というものです。 

さて、このゲームcaricarikunにとって何が特別かというと、caricarikunがFPSを初めてやったゲームなのであります。このゲームがあったからこそFPSにハマることが出来たといっても過言ではないのです。 たまたまやってみたバイオショックにハマってなかったらFPSのゲームには興味すらなかったことを考えると、何かの縁を感じます。笑 

このゲームはFPSのアクションRPGになってますが、基本的にホラー要素が結構あります。2007年には怖いホラーゲームのランキング8位になってます。微妙だと思いますが、8位とは思えないほど怖かった記憶があります。ある場面でリアルに声をあげてしまいました。泣 

このゲームの特徴はなんといっても戦闘に超能力のひとつであるADAMを使いながら進めていく部分です。武器自体は銃の類が多いのですが、ADAMは様々種類があり、手から雷や炎を出したり、敵を凍らせる、物を浮かすサイコキネシスなどたくさんあり、戦闘ごとに適した武器やADAMを使って進んでいくのが重要になってきます。 

ゲームシステム的にはラプチャーに生き残った人から無線で依頼を受けこなしていくお使い型の王道ストーリーなのであまり迷うことなく進めることが出来ると思います。また、2007年に発売されたゲームとは思えないほどグラフィックも綺麗で特に水の表現はとてもリアルです。 

独特なストーリーや世界観を楽しみたい方には是非ともおススメします!

今週はここまで 読んで下さりありがとうございました。 

caricarikunでした。

|

« 2014.07.05 eo更新 おぬしさん人気 | トップページ | 2014.07.08 すっかり »

inside」カテゴリの記事