« やらかした話&成長したかもしれない話 2014.6.4 | トップページ | 2014.6.6 「ぢ」って看板が気になりません? »

2014年6月 6日 (金)

Trials Fusionやってみた。

こんばんわ木曜日担当のyuuraです。
今日は金曜日ですが、木曜日担当です。


最近は糞暑くなってきましたね。
北海道では20度超えると熱中症者が続出するという、奇跡のニュータイプです。
道民は暑さに弱い為、家の中を少しでも涼しくする工夫として冬の間に保管した雪を床下に敷き詰めるのが昔ながらの習わしなので意外に夏は乗り切れるのです。

えっと、何故かわかりませんが後半は完全に嘘を付いてしまいました。


さて、今日のブログは最近ハマりにハマっている訳ではないTrialsシリーズの新作を紹介しちゃいます。

「Trials Fusion」
BoxartlgXbox LIVE アーケード

発売元:UBIソフト

発売日:2014.5.29

ジャンル:レースアクション

販売価格:2.000円(ダウンロード)







Trialsシリーズの歴史を調べてみると、2000年に無料配信されたブラウザ向けタイトルらしいです。
それ以降はPCで何作か作られてきたみたいですが全く知りませんでした。

ちなみにブレイクしたのは2009年Xbox Live アーケードに登場した「Trials HD」
これがヒットした事で、2012年にパワーアップした「Trials Evolutionがリリース

更に2014年4月には初のモバイル向けとなる「Trials Go」が登場、そして2014年5月29日
今回紹介する「Trials Fusion」がXboxLIVEアーケードで発売!!

初期開発から10年間も絶えずリリースしてきたTrialsシリーズは根強いファンがいるのも納得できるってもんです。
私もそんなファンの一人ですが、実はXboxLIVEアーケード版しかやった事がないのです。
「Trials HD」「Trials  Evolution」「Trials Fusion」


ちなみにTrialsシリーズを知らない方のために基礎知識を.....
ゲームデザインは「モトトライアル」と言ってヨーロッパで人気の高いモータースポーツで、実際の映像を見ればわかりますが、コレ行けるの?っていうような障害物が設置されたコースをモトクロスバイクでいかに速く走り抜くかを競います。

抜きつ抜かれつのレースとはまったく異なるテクニックが要求されるイケてるモータースポーツの1つで、それをゲームにしたのが今回紹介するTrialsシリーズなのです。


「Trials Fusion」は前作よりも更にゲーム性(爽快感)がパワーアップしているので紹介していきたと思います。

①メニュー画面やステージ構成が近未来型に!!
ステージ内に設置された仕掛けが全体的にハイテク感・スピード感があり、プレイヤーの爽快感をより一層高めてくれる。
例えば走っている道が急に回転、次々に出現したりと一瞬焦るのだが最高スピードを保ったまま走り抜けられる神がかったタイミングのギミックが多く、何故だかクリア時の俺うめー感が半端ない。
Trialsfusion_01_2

②モトクロスバイク以外にも四輪バギーが登場!!
今作から初登場となる四輪バギーはスピードよりパワーといった走りが特徴で、走行時の最高スピードこそバイクに劣るが、加速はピカイチ!
例えば大ジャンプから着地を失敗させてしまっても一気に加速するので失速感が無くまさにストレスレス!
Photo_5

③FMXの導入!!
FMXとは「フリーモトクロス」の略で、実際のモトクロスで使用されている空中でのド派手なパフォーマンスで今作からゲーム内でブチかませるようになった。
前作までは、フロントフリップ(前方宙返り)・バックフリップ(後方宙返り)・ウィリーくらいしか出来なかったが、FMXが導入された事で対空時の爽快感がより一層高まる事間違いなし。
ちなみにFMXは空中でのバイク姿勢と右スティックの操作で繰り出せる。
トリックはゲーム内のトレーニングでいくつか紹介されるが、それ以外は自力で見つけ出すという男らしい仕様のようだ。
FMXでのトリックは得点制の専用ステージが用意されており、高得点を目指してフリップ系と合わせてコンボを繰り出すことも出来るためスコアアタック好きには堪らないモード。
42213974699171_2

④4人同時対戦!!
現在、オフラインのみの仕様だが前作同様オンラインによるマルチ対戦が今後のアップデートで実装されるとの事なので期待!
Photo_6

⑤コースエディタが熱い!!
Trialsシリーズではお馴染みのオリジナルコースが作成できるモード
今回も高機能なオブジェクトが多数用意されている為、前作以上にキレたステージを作成できる。のだが、こちらも奇跡的にヘルプ機能やチュートリアル機能がないアメリカンスタイル。
ちなみに作成したコースはネット公開ができる仕様。
海外では日本より先行販売された為、既に数万以上の良質なコースがアップされているのでしばらく遊べるのではないでしょうか。
アップされているコースの中には、既にレースゲームではない物も多数あり、しかもどれも本当に良く出来ているのでDLする度に驚いてしまう。
(豊富なエディットモードで音ゲーやパズルゲーム、FPSまで作れてしまうみたいです)
Photo_7


と、まぁ「Trials Fusion」の魅力はまだまだ書ききれない程あるのですが、とにかくやってみないとこの爽快感は伝わらないと思います。
あ、最初に言えば良かったのですが基本操作はアクセル・ブレーキ・姿勢だけなので、3D仕様の完全2Dゲームだから初心者の方でもいきなり全開で遊べます。


やり込み要素も多数用意されているので興味がある方は是非遊んでみてください。
あ、たまには何も考えずにゲームしたいなぁって人には最高にオススメです!
とにかく気持ちいい!でも後半の高難易度ステージはやり応え十分どころか、もう十分です....いやホントもういいっすってなります。


実は私のフレンドでは誰一人やっていないので寂しいんです。
どなたか是非ご一緒にタイムアタックとかしてやって下さい。

では今回はこのへんで、
最後は紳士的なお別れで
とりまーざっす!

|

« やらかした話&成長したかもしれない話 2014.6.4 | トップページ | 2014.6.6 「ぢ」って看板が気になりません? »

inside」カテゴリの記事