« 2014.05.17 eo更新 | トップページ | caricarikunのゲーム紹介その5 「grand thert autoⅤ」 2014.5.19 »

2014年5月18日 (日)

勝ち続けるプレイヤー、負け続けるプレイヤー

どうも!VEXです。また1週間が経ちましたので更新したいと思います。
今回はゲームをスポーツという意味合いでプレイする時の勝負論について、お話をしようと思います。

47195











最近またHaloをプレイするようになって、忘れていた勝負勘をなんとなく思い出せてきたかなぁ、と感じます。
それと同時に思うのが、多くのプレイヤーは心量があまりに、あまりに足りない。足りな過ぎる。ということ。

個人戦では別にエイムがぶれていたり、チョーク(ここぞというときにヘマをすること)したりすることは少ないのですが、それが急に強いチームと対戦するとなると本っ当に駄目・・・。
いわゆる勝負に弱い、です。

そうです。上手い、強いと、「勝てる」は完全に別物。

勝負強い歴代Haloプレイヤーの代名詞と言えばマムさんことhalomom。近年だと、自分で言うのもなんですが私VEXATION。

マムさんのことは他人事なのであまり自分の中のイメージだけでお話しするのはやめておきますが、自分はと言えば「負ける要素を考えうる限り潰す」ということを心がけています。

ちょっとしたウォーミングアップでも本気で1位を取りに行く練習を心がけていますし、いつでも何をしてても常に勝ちにこだわってます。そう、ただの負けず嫌いです。

負けたくないから練習をする、考える、誰よりもそうしていれば絶対に負けないでしょう?だからこそ堂々とプレイできるんです。

自分を強いと思って堂々とやれ!と言われても難しいです。普段そう思っていても、その裏付けがないと絶対にここぞという時に心が折れます。間違いなく。

その裏付けは何でもいいんです。

「俺は毎日オクタゴンやってるからエイムだけは絶対に負けない!」

とかでも大丈夫。
1つ自分の中で自信を持てるものがあれば、いざというときはそれを軸に戦っていけます。


私の場合は勝ちにこだわってきた姿勢と、理詰め。

凡才の私が勝てる理由はそこ。

勝負事において、BESTやLUCKという言葉が一番負けをもたらす要因です。なぜなら相手の心理を”完全に”読んでベストな行動を取る不可能ですし、運に任せてプレイしても一発でかいプレイは出せても、平均してみれば大したことのない戦績になります。

勝つために必要なのは予想しうる可能性全て、もしくはそのほとんどに対応できる”ベター”な戦い方です。

相手の動きを断定して動いたり、運に任せて飛び出したり、というのは基本のベターな動きがあってこそのスパイスで、それができてないのに付け加えても何の意味もありません。

あれです。これが魅せプです。yuuraさん。Dannyさん。


こういう動きを、中途半端に根拠のない自信を持っているプレイヤーや、とにかくビッグプレイを出して気持ちよくなりたい!という思考の持ち主はしがちです。

それを今夜の練習で、チームRound4は極力しないよう心がけて頂けたらと思います。

|

« 2014.05.17 eo更新 | トップページ | caricarikunのゲーム紹介その5 「grand thert autoⅤ」 2014.5.19 »

inside」カテゴリの記事