« チームワークはコミュニケーション、の巻 2014.05.25 | トップページ | 2014.5.27 どなたか知りませんか? »

2014年5月26日 (月)

caricarikunのゲーム紹介 その6 「ICO」 2014.5.26

皆様こんばんは、caricarikunです。 

最近欲しいゲームが多く、またやりきれていないゲームをプレイする時間もあまりとれておらず、禁断症状が出始めています。あぁ、ゲームがしたい・・・・ 

 

 

それはさておき、今回私ことcaricarikunが紹介するゲームはこちら

Ico_cover__eujp 

 

2001年にソニー・コンピュータエンタテインメントから発売された「ICO」です! 

発売された当初はPS2が対応していましたが、2011年にHDリマスターとしてPS3でも発売されており、2012年からはPS3でダウンロード版も発売しております。 

簡単なあらすじは、生贄として頭に角が生えている少年イコを操作し、同じように捕らわれていた少女ヨルダと一緒にお城から逃げ出す、といったものになっています。 

このゲームの最大の特徴はヨルダと手を繋ぎながら移動するという所で他のゲームではあまり見られないものとなっています。基本的にイコよりヨルダの方が身体能力が低いために、時にはヨルダが通れるように道を作ってあげたり、届かない足場や段差では手を差し伸べたりと助けてあげないといけないのです。非常に思いやりのあるゲームだと感じます。

382061ae74cf63da1dc1e90fb68ac4bf 

←参考画像はこちら いつも手を繋いでいます。

城の中を進んでいくと正体不明の「影」に襲われることがあります。この影はヨルダを連れていってしまうのでイコは影からヨルダを守っていかなければなりません。ただ、このゲームは謎解きの要素の方が大きいのでアクションが苦手な方でもあまり苦労することなく戦闘を終わらせることができると思います。 

 

また、このゲームは基本的にHPなどの細かいパラメータはありません。なので、シンプルに作り込まれた世界観などを堪能することができます。操作方法も基本的には簡単かつ、プレイ時間もそこまで長くないので誰でも気軽に楽しむことができると思います。 

さらにこのゲームはBGMが素敵なのも特徴です。一度聞いてみるとわかるのですが、とれも透明感があり非常に綺麗です。caricarikunはPS2版もPS3版もプレイしましたが、BGMが好きすぎてICOのサウンドトラックを買ってしまったほどです。一度お聞きになることを強く勧めます! 

発売された当時は「手を繋ぐ」という要素を持ったゲームを見たことがなかったので、とても印象に残っています。ただ、残念なのはcaricarikunの周りでプレイしていたというのが全くいなかったということです。プレイした人にしかわからないような部分で盛り上がりたいのに、気持ちを共有できる人がいなかったです。セーブする所がいいよねー、などと語りあってみたいものです。 

独特の世界観、綺麗なBGM、短いながらも心打たれるようなストーリーを楽しみたい方に是非おススメします。よければ、一度サントラを聞いてみて下さい。

 

それでは、今週はここまで 読んで下さりありがとうございました。

caricarikunでした。 

|

« チームワークはコミュニケーション、の巻 2014.05.25 | トップページ | 2014.5.27 どなたか知りませんか? »

inside」カテゴリの記事