« 2012.12.14 | トップページ | 2012.12.31 »

2012年12月26日 (水)

2012.12.26

クリスマスも終わり、今年も残すところあとわずかとなりました。

今回は、先日開催されたHALO4大会、「CyAC HALO4 2v2 Tournament」について
です。エントリー開始直後こそチームが余り集まらないのでは?との声もありました
が、最終的には大きな盛り上がりの中で幕を閉じた今大会。AGCスタッフも観戦者
として本気で楽しませていただきました。

CyAC HALO4 2v2 Tournament

Cyac_2v2_win_rex

企画が練られ始めたのはもう少し前なのかもしれませんが、初めて告知を受け
たのは開催の約2週間前でした。恐らくこれが日本のHALO4初の大会になったはず
です。

当初は4v4のチーム戦で行われる予定だったようですが、クリスマスや年末行事の
真っただ中でのスケジューリングだった為、各チームフルメンバーを揃えるのが困難
となり、急遽2v2という形となりました。ルールに措いても、当初は即リス、スプリント
無しのルールが適用されていましたが、HALO4の正式なルールに準じたスタイルに
変更になったという経緯があります。

ただ、結果的にはこの主催者さんの判断が功を奏する形となり、エントリー締め切り
時点ではなんと26チーム、52名ものプレイヤーが参加を表明。ダブルチームの
パートナー探しや結成されたチームに対するライバルからの評価の声、勝利チーム
の予想や各チームの戦力について等々、日本のHALOプレイヤー達にとっては
とても話題性のある大会となりました。応援する側も、誰と誰がコンビを組むのか
に一喜一憂しながらエントリーリストを眺めていましたね。

残念ながら自分は仕事だったので、大会当日は準決勝あたりからの観戦となって
しまったのですが、既にこの時点で試合のレベルはとても高く、結局自分は帰宅
直後の姿のまま1時間程はPCの前に釘付けに・・・・。
軽い気持ちで覗いた方々の中にも、そのまま目が離せなくなってしまったという方
はきっと多かったのではないかと思います。特に試合後半は2v2独特の緊張感が
見る側にもひしひしと伝わってきましたし、接戦の末に勝負がついた時の解放感
には自分もモニターの前で声を出してしまっていた程です。

当然、これ程観戦者サイドが夢中になれたのは選手達の熱いバトルあっての事
ですが、改めて生放送配信が持つ力の大きさを実感した瞬間でもありました。

自分はチームReXcideのSandwhichy選手の配信から試合を観戦させて頂いて
いたのですが、次々と繰り広げられる華麗なプレイ、パートナーとのコールアウト
による連携等、お世辞抜きでカッコ良かったですね。決勝での観戦者数は200名
を超えていたと思いますが、個人的には少なくともその10倍の人を集められるだけ
の価値を持つ配信だったと思っています。

そしてその決勝でReXcide、Sandwhichy選手 & VeX4tioN選手と互角の接戦を
繰り広げていたのがチームNext DimensioNのaKa BarK選手とND Yolshy選手
のコンビ。AGCでも輝かしい戦績を持つ2人によるNDダブルチームとの決勝は、
日本のHALOプレイヤーを常に牽引し続ける者達による好カードだっただけに、
自分にとっては地上波のTV放送以上にお金を出す価値のある番組だと感じました。

また、惜しくも準決勝で敗退したもののチームMoro no kimiとチームProxyが
争った3位決定戦も、日本を代表するHALOチーム同士の好カードでした。
今回の勝負は主催者でもあったRiecom選手とharsh on選手コンビのチーム
Proxyに軍配が上がりましたが、Moro no kimiのMaXo zCowoVIII選手と
popo2選手はまたしても練習をサボりまくっていた様子?AGCでも全く練習して
くれなかったこのお二人。一体いつになったら本気を見せてくれるのやら(笑)
それでも勝負は勝負!今回はProxyのお二人が見事な活躍を見せてくれた事に
変わりはありません。ちなみにこの試合はhash on選手の配信から観戦させて
いただいていました。こちらもカッコ良かったですね。

Twitter、生放送配信、HP。一般の人々が気軽に使えるツールが強力な力を
持っている今、これらを最大限に使う事が出来れば、彼等をもっともっと有名にする
事が出来ると思いますし、彼等の可能性を広げてあげる事も出来ると思っています。

そして今それに最も積極的に取り組んでいるのがチームCIJのY4SUHIROさん
です。HALO、HALO2と輝かしい成績を持つY4SUHIROさんは、HALO4で現役復帰
を果たし、既にトッププレイヤーの一人として活躍を続けていると同時に、自らの
コネクションとコミュニティを使って日本のHALOプレイヤー達の活動を全力で応援
してくれています。

今回のCyAC 2v2 Tournamentに措いてもその人脈を生かし、マイクロソフト公認の
大会へと格上げを果たしてくれましたし、ニコ生公式番組でも取り上げてくれるよう
取り計るという物凄い活躍。ガチ勢と呼ばれる上級プレイヤーだけでなく、HALO
ファン全てにとっても今後のCIJの活動からは目が離せないです。

Y4SUHIROさんとCIJの皆さん、お疲れ様でした。
2月に企画されているLANパーティーを楽しみにしているプレイヤーもとても多い
はず。来年もCIJは忙しくなりそうですね!

そして、これだけのアツい試合を見せられると、自分としてもとても焦らずには
いられません。本当はこの時期に、2013年に開催を予定しているAGC本戦前の
エキジビジョンマッチを開催できるよう企画を進めていたのですが、準備に時間が
かかってしまっていて実現させる事は出来ませんでした。期待してくださっていた
選手の方々には本当に申し訳なく思っています。

ただ、このまま何の発表も無く今年度を終えたのではAGCは一体何をしている
のか!?という話です。という事で、恐らく年内最後の更新となる次回は、今AGC
スタッフが取り組んでいる企画や今後の展開についての進捗を、公開できるぎりぎり
の所までお見せしたいと思います。

でもY4SUHIROさん&CIJの活動に比べたらあまり大した事ないかも?

|

« 2012.12.14 | トップページ | 2012.12.31 »

inside」カテゴリの記事