« Next DimensioN (2009 1st STAGE D-1) | トップページ | Next DimensioN (2009 2nd STAGE D-1) »

2012年9月 5日 (水)

2012.09.05

先月の東京会場に続き、9月1日には大阪の梅田ステラホールでも行われた
XBOX360大感謝祭。今回のAGC insideは、この大阪会場でHALO4を体験
してきたトッププレイヤーによるファーストインプレッションをお届けします。
発売前にHALO4をプレイできる機会は、おそらく日本ではこれが最後??
そしてHALO4ファーストインプレッションもPART3となる今回が最終回です!

トッププレイヤーによるHALO4ファーストインプレッション PART3

今回インプレッションを担当して下さったプレイヤーは、AGC2009の2ndシーズン
で王者NDをぎりぎりまで追い詰めたLower Reg1oNsの創始者、VeX4tioNさん
です。日々ストイックに完璧なプレイを追い続ける彼の目に、HALO4はどう映った
のでしょうか?

-------------------------------------------------------------------

Vex4tioN (??? ※AQUAは2012年8月30日に解散)

フルタイムで10回近くプレイしてきました!即着弾でエイム感覚/補正は3とリーチの
中間だと感じました。どちらを長くやったプレイヤーでもすんなり入れるのでは?
と思います。

DMRは射程が長く、レティクルの広がりもほとんど気にならないので強いですが、
乱戦時や狭い通路の多いマップでの戦闘、弾持ちの良さはBRに軍配が上がると
思いました。なので、私ならマップやルールで使い分ける事になると思います。
(FFAでBR、BTBでDMR等)

スナイパーの使用感はHALO3に近いですが、よりアシストが弱いと感じました。
今回のロケットランチャーは弾速がかなり早いものの、範囲はリーチほどではなく、
HALO3より少し広いくらいに感じました。

グレネードがシリーズで一番飛距離が出しづらく、正確に投げる事が難しいです。
更に効果範囲も狭いので、HALO4では撃ち合いの強さが勝負に直結する大きな
要素となってくるのではないでしょうか。

アーマーアビリティですが、プロメシアンビジョン(※東京会場のインプレッションでは
フォアランナービジョンと表記)のおかげでスムーズに戦闘が進むので、テンポが
非常にいい!スラスターは思っていたより移動距離を稼げないですが、FFAでなら
ワンショットの追い込みや回避で使いやすいのではないかと思います。ただ、
アーマーアビリティのゲージの回復速度と戦闘における効果を比べると、一部
バランス調整が必要な部分もあるように感じました。

一言でHALO4を表現するなら、HALO3とHALO Reachを足して2で割った
ものに、コールオブデューティーのパーク要素を加えたもの、といった感じでしょうか。

3と比べると様々な追加要素がありますが、現時点ではとりわけ対戦時のバランス
を崩しているようには感じません。後は追加要素次第ですが、非常に面白いゲーム
になると思います。

360osk
東京会場同様に非常に盛り上がった
HALO4試遊台!

写真真ん中奥がVeX4tioNさん
真ん中手前は弟のDe5TiN4tioNさん
 
   

-------------------------------------------------------------------

Vex4tioNさんの他にも多数のトッププレイヤーがこの会場でHALO4を体験された
ようですが、皆さんの評価もとても高い様子。東京会場同様に試遊台はクローズ
となる時間ギリギリまでプレイを待つ人が後を絶たなかったようです。

両会場のプレイヤーの声で共通しているのは、アシストレベルの変化が非常に
好印象だという事。確かにReachと比べると、自分のレベルでもはっきりと体感できる
程にHALO4のエイミングアシストは弱まっていました。

つまり、Reachではアシストによって補正がかけられていた感のあるプレイヤー間の
レベル差、真の実力差がHALO4で明らかとなる可能性があるという事!
今までイイ勝負だったライバルが4になった途端強くなった!そう感じたら、それは
Reachの強力なエイムアシストに助けられていたという事なのかもしれませんね。

当然、腕に自信のあるアスリートプレイヤーにとって、このアシスト弱体化の調整
方向は大歓迎!よりストイックに自らのプレイを高める価値が出てきます。
東京会場でのインプレッショントーク時に唯一不評だったバンパージャンパーの
ボタンレイアウトが改善されたという情報もありますし、HALO4はまさにHALO
アスリートプレイヤーが待ち望んだ進化を遂げて私達の元に届けられる事に
なるでしょう。

発売に先駆けて、各チーム、プレイヤーの活動も日に日に活発になって来ている
のを感じます。特にトップチームに措いては、メンバーの入れ替えや再編成が既に
進行中のところもあり、有力プレイヤーの動向は今から既に目が離せません。

今回インプレッションをしてくれたVex4tioNさんも、そんな注目を集めるプレイヤーの
1人。噂ではこの会場に集まった関西勢を一つにまとめ上げるプロジェクトがある
とか!?個の力が強いイメージの関西勢ですが、これが本当に実現するならば
王者Next Dimensionに匹敵する超強力なチームが誕生するかもしれません。

発売まであと2か月程ありますが、日に日に増える新情報に目を通していくと、
トップチームの頂点をかけた戦いは既に始まっているように見えます。

まだチームが決まっていないプレイヤーはちょっと焦っちゃいますね!!

|

« Next DimensioN (2009 1st STAGE D-1) | トップページ | Next DimensioN (2009 2nd STAGE D-1) »

inside」カテゴリの記事